現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
拡散する真相。
2015-12-03 Thu 20:26

 今年の連載分もあとちょっと。

 たんの漫画が栄養源である蔵間マリコです。
 さてさて今日は木曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよー。週刊ヤングジャンプで絶賛連載中の岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』の感想を。
 この時期になると、漫画好きとしては辛い時期がしばらく続きますよねえ。なにせ、年末年始は合併号というものがありますから。年に4回ほどある合併号ですが、そのうちの2回が年末年始に待ち構えている。出版社も休みを取らないといけないのは分かっているんですけど、それでも漫画を読めないというのは辛いかなら。今週は通常の号だけど、来週は合併号ですし。そう思うと、ちょっと憂鬱……。
 とまあ、愚痴はこれぐらいにして、そろそろ本題へと入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人は、どうぞ。
 今週の極黒のブリュンヒルデ第168話『アダムとイブ』が掲載されましたが、前回が激動の回だったのに対して、今回は溜めとも言える回でしたね。しかし、ただの溜め回ではなく、たんらしさがしっかりと引き立たされていて満足度の高い内容だったと思います。いや~、本当どうなるんでしょうねえ?
 さて、前回の国会議事堂前で死亡遊戯を披露したフリスト=絵里。当然ながらTV中継がされているのだから、ヘクセンヤクト以外にも目に入る。良太と寧子を一刻も早く助けに行かないといけない魔女一行、相方の美奈が亡くなり、V機関の詮索も宙ぶらりんとなった根井、そして良太のクラスメイトの柏木。カズミたちの台詞から、絵里と面識があることと知っている頃の絵里はヴァルキュリアとして覚醒する前という点が明らかに。藤崎真子と同様に、ヴィンガルフ内では名の知れた存在だったのかもしれない。
 ただ、個人的に重要だと思っているのは、根井。ヴィンガルフの謎に片足付けていた状態から、根井はどのようなアクションを取るのか。根井の持っている情報は、孵卵したドラシルの写真と魔女たち。小野寺の目論見としては、魔女の存在を暴露させるところにあるから、根井のアクションがプラスになるとは考え辛いんですよねえ。でも、このまま美奈の遺志を無駄にするとは思えないし……。これからの動向が気になるところです。
 とまあ、世間ではフリスト大殺戮でヴィンガルフの計画が露見寸前。高千穂の連中も大騒ぎというわけですが、ここでお偉い方と繋がっていることが明らかに。そして、良太父の言う「人類を安らかに眠らせる」。恐らくは、ラグナロクのことだろうけど、高千穂の連中はそれに賛同している。やはり、高千穂が人類を滅ぼしたがる理由がイマイチ見えてこない……。
 その一方、捕らわれの身となった良太と結花ちゃん。やはりと言うべきか、結花ちゃんもよく分からないままに拉致されたのは予想通りでしたが、その結花ちゃん的予想があまりにも酷い。アダムとイブとは言っていたけどさあ、捕まった先で良太父の言うことを聞けば結ばれるかもしれないってどういうことさ?いくらなんでも結花ちゃん、その思考はエロゲーのやりすぎですよ。ていうか、ここでその設定が活かされるのかよ!?
 と、ちょっとお馬鹿なことを言っている結花ちゃんですが、そんなことお構い無しに事は進む。再び現れた良太父と付添い人の魔女に、良太は無理矢理別の場所へと連れて行かれる。その先は、ロキの眠る培養槽。それを見た良太は感動。まあ、良太にとって宇宙人を見つけることが、寧子の次くらいに重要な項目でしたからね。事が事だから、そんな思いに耽っている場合ではないのですが、良太の気持ちも納得。
 だが、そんな理由で良太父がここに呼んだわけではない。良太父がここへと呼んだ理由、それは宇宙人のキメラである良太をロキに食わせて、融合させる。いやいや、ちょっと理解が出来ないんですが。なんでロキに良太を喰わせたら、神殺しが出来るのか?もしかして、GANTZの千手観音みたいに脳を食って思考や人格がコピーされる感じみたいに、良太をロキに喰わせたら同じようになるのだろうか?それに、小鳥ちゃんのコピーとか、様々なファクターと繋がりがイマイチ見えてこない。う~ん、よく分からない。

 混迷極める展開の極黒のブリュンヒルデ
 さあ、良太はこのままロキに喰われてしまうのだろうか?そして、国会議事堂前で殺戮を行うフリストを止める手立てはあるのだろうか?あああ、来週が楽しみだ!!

 極黒のブリュンヒルデ第168話の評価

 満足度 ☆☆☆☆
 SF度 ☆☆☆☆
 ピンチ度 ☆☆☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:0 | トラックバック:0
<<大人の協力。 | 黒のノエル。 | 哀しい妖精。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。