現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
殺人の機械。
2015-10-22 Thu 20:54

 今週はセンターカラーで!!

 倫たんの漫画大好き人間の蔵間マリコです。
 さてさて木曜日になりましたので、いつものコーナーを更新しますよー。現在、週刊ヤングジャンプで絶賛連載中の岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』の感想を。
 いや~、3ヶ月ぶりのセンターカラーですねえ。コミックス最新刊が発売された週はこれが基本なんですけど、やっぱりあると嬉しい。例に挙げると、尻尾まであんこの入ったたい焼きとか、ガンプラを買った時にキャンペーンでもらえるキットとか。ちょっとしょぼい喩えかもしれませんが、自分にとっては嬉しくて嬉しくてたまらないことには変わりありません。欲を言えば、巻頭カラーが欲しいですけど。
 とまあ、前座はこれぐらいにして、そろそろ本題へ入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 今週の極黒のブリュンヒルデ第162話『仕上げ』が掲載されましたが、色々と収束した回と言えましたねえ。アフロディーテに翻弄されるながらも徐々に答えに近づきつつある良太、ついに小野寺の手中に納まってしまったフリスト。ホント、次回以降も気になる出来ですよ!!
 さてまずは、全国1億人の極黒のブリュンヒルデファン待望のカラー扉絵。まさかアフロディーテが表紙とは思いませんでしたよ。まだ登場してから2話しか経っていないのに、カラー扉絵なんて破格の扱い!!しかも、水着姿みたいなあられもない姿とかカズミみたいに写真ペロペロじゃなくて、可愛らしさ重点ですからねえ。アフロディーテちゃん、ペロペロしたいですよ!!
 さて、前回に続いて良太はデートを続けていますが、アフロディーテの反応がいかにも倫たんらしい。喜ぶ時もびっくりする時も怒る時もオーバーリアクション、それでいながらも可愛らしい。特に鯉の餌を一気に投げ飛ばすシーン前後は、アフロディーテらしさが出ていてたまらない。
 その一方で、良太は突然の頭痛。風邪でも引いたのか?流石にそんなわけないだろうが、頭痛といえばいくつか考えられる。1つは、魔女が孵卵しそうな兆候。でも、良太は魔女じゃないから除外。だとしたら、考えられるのは忘れていたことを思い出しそう。あるいは、奈波が以前言っていたように、記憶の容量がもう限界に近いとか。どちらにしても、近いうちに良太の身に何かが起こるのは間違いない。
 さてさて、良太サイドからヴィンガルフサイドへと話を移すが、相変わらずの小野寺さんの胆力のは驚きを隠せない。数話かけて、希望に満ち溢れていたフリストの心を歪ませ、洗脳もあと一歩というところで、小野寺本人が最後の一押しを仕掛ける。それもイニシャライザーを無効化させた状態で。いや、これは相当な自信がなければ、こんなこと出来ませんよ。いくら小野寺がフリストを凌駕していようが、飼い犬に手を噛まれるどころか首チョンパされる可能性だってあるのですから。こういう大胆なところが、小野寺の悪役としての魅力が光ります。
 そのフリストを飼いならそうとする小野寺ですが、フリストのあまりの変貌ぶりに愕然。睨まれただけでも殺されそうな目つきに、今すぐにでも殺してきそうな態度。コミックスで読んでフリストが好きになった人には、あまりショッキングなシーンかもしれません。下手したら、ションベンちびるかも。
 それに対しての小野寺の答えは、フリストに頭突きを一撃、そして怒鳴りつける。いくら力を持つといえど、ただ殺すことしか脳のない存在だと叩きつける。そして、最後にその力を有効利用できる使い方をしてやると持ち上げる。
 いやもう、これを言われたらフリストも飼いならされますわ。殺すように強要し、作業的ながら殺しを働けるようになったところで自分のやってきたことを無意味だと告げ、自分が一番上手く殺せると思わせたという経緯がありますからねえ。ここまで念入りにしたら、洗脳されても仕方がないですよ。コミックス派のフリストファンは、どう思うのだろうか……。
 とまあ、小野寺の悪辣振りとフリストの悪堕ち完了がメインのヴィンガルフサイドでしたが、個人的には小野寺の部下のキモオタ!デブ!に五十嵐という名前があったことに一番の驚きを覚えたな。名前すらもらえない登場人物が多い中、こんな脇役にまで名前がもらえるなんて。出番の多い黒服とは対照的だな。

 なかなか面白いことになってきた極黒のブリュンヒルデ
 果たしてフリストは、本当に小野寺の手駒になってしまったのだろうか?そして、アフロディーテの正体とは?あああ、来週が待ち遠しい!!

 極黒のブリュンヒルデ第162話の評価

 満足度 ☆☆☆☆☆
 SF度 ☆☆☆
 調教度 ☆☆☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:0 | トラックバック:0
<<突然の仕事。 | 黒のノエル。 | 最後の夜明け。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。