現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
運命の共同体。
2015-10-15 Thu 20:57

 ヤンジャンはやっぱり最高!!

 朝一番にヤンジャンを買う蔵間マリコです。
 さてさて木曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよ~。現在、週刊ヤングジャンプで絶賛連載中の岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』が。
 いや~、極黒のブリュンヒルデも面白いですけど、先週連載開始されたあの漫画もなかなかの面白さですよねえ。『封神演義』や『屍鬼』といった名だたる有名小説をオリジナルテイストでアレンジしてきた漫画家、藤崎竜が描く田中芳樹の傑作スペースオペラ小説『銀河英雄伝説』の漫画版が。
 中学校の頃にはまりにはまって、今でも好きな作品の一つですけど、まさかヤンジャンで連載されるとは思いませんでしたよ。原作、アニメ版、道原かつみ版と既に作品としては固まっていますけど、フジリューはそういうのとは全く違った方向性ですからねえ。人は選ぶかもしれないけど、毎週銀英伝が読めることに無為の喜びを覚えますし、方向性が違うからこそどのような作品になるか楽しみですね。ちなみに、第1話を見そびれた人はこちらで読めますのでどうぞ。
 とまあ、楽しみが一つ増えたことに興奮気味な今日この頃ですが、銀河英雄伝説のことはこれぐらいにして、そろそろ本題へ。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 今週の極黒のブリュンヒルデ第161話『村上の記憶』が掲載されましたが、色々な意味で混迷を極めてきましたねえ。アフロに翻弄される良太サイドに、見事に悪堕ちしたフリストとご満悦の小野寺。先行き不明瞭で、ワクワクが止まりません。
 さて、前回のラストで謎の少女アフロディーテとともにソフトクリームを食べているところを良太。しかし、意外や意外、反応が薄い様子。いつものカズミと初菜ちゃんならば怒髪天ですが、これは何故か。ブログ仲間の見解や某大型掲示板だと脳内嫁奈波の見せた幻というのが有力ですけど、346p1コマ目のカズミの目線が明らかに下向きすぎる。これは一体どういうことだろうか?もしかして、良太が認識しているアフロディーテとカズミたちが認識しているアフロディーテは全くの別物ということか?となると、奈波の見せた幻との合わせ技になるが、果たして……。
 とまあ、カズミと初菜の前から逃げた良太とアフロディーテ。仕切り直しと身辺整理する2人ですが、ここでも色々と気になるワードが飛び交いまくりですねえ。ヴィンガルフの根城がどこかを教える代わりにこれ以上正体を詮索するなとか、「あなたどうせすぐ死ぬもの」とか、「私は最期まで付き合ってあげるから」とか。似たような台詞が既に作中あることと、最期まで付き合える存在ということから奈波であることは間違いないが、口外禁止であることが話をややこしくしているという感じがある。上手い具合に読者を混乱させる作り方になっているな。
 しかし、カモミール一葉とは面白い喩えをするものだ。たんの漫画なら、喩えをする時は大抵、下ネタ方面に走るけど、アフロディーテに関しては可愛い。たまにはこういうのも悪くない。
 とまあ、靄がかかった展開の続く良太サイドは終わり、殺伐オブ殺伐なヴィンガルフサイド。前々回、ついに魔女を殺してしまったフリストですが、もう酷い有様。死んだ鯖のような目のフリスト、泣き叫ぶ魔女たちを作業的に殺害する。どうにかして、ヴィンガルフを壊滅させようと希望に満ち溢れていた頃とは、どこへやら。小野寺の悪辣さが光ります。
 そして、仕上げに小野寺はフリストに殺しを辞めさせようとする。結果、フリストは今までさせたことを無碍にしたと怒り、もっと殺させろと望むようになる。これで悪堕ち完了。小野寺も説明しているけど、この方法はスタンフォード監獄実験というものであり、極限の環境下で暴力を行うように仕向けると次第に凶暴になるというもの。雑学的なものだろうから知っている人は知っているが、小野寺さんのご丁寧な解説と再現性には感服ものである。来週あたりにはボンテージ着て、ムチ持って、淫紋タトゥー入れているフリストが見れるかもしれませんね。もっとも、演じている可能性もあるが。

 互いに行き先不明の展開となっている極黒のブリュンヒルデ
 さて、アフロディーテの正体は何者だろうか?そして、悪堕ちしたフリストはどうなるのだろうか?最新コミックス15巻も気になるし、楽しみが一杯だ!!

 極黒のブリュンヒルデ第161話の評価

 満足度 ☆☆☆☆☆
 SF度 ☆☆☆
 謎度 ☆☆☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:0 | トラックバック:0
<<食欲の秋。 | 黒のノエル。 | 世界救済の箱。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。