現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
愛の女神。
2015-10-08 Thu 21:18

 発売日は、今月の19日ですよ!!

 魔女たちとイチャイチャラブラブしたい蔵間マリコです。
 さてさて木曜日となりましたので、いつものコーナーを更新しますよー。現在、週刊ヤングジャンプで絶賛連載中の岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』の感想のコーナーを。
 今週のヤングジャンプで明らかになりましたねえ、極黒のブリュンヒルデ最新コミックス15巻の表紙が。いや~、15巻の表紙は水着姿の寧子ですかあ……。個人的には、全裸でフロントダブルバイセップスのポーズを取る高屋くんかと思ったんですけどねえ。まあ、野郎の全裸なんて表紙にしたら売り上げが激減しかねないからな。仕方ないといえば、仕方ないか。でも、寧子も嫌いじゃないですからワクワクが止まりません!!
 と、最新コミックス15巻が楽しみな今日この頃ですが、そろそろ本題へと入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 今週の極黒のブリュンヒルデ第160話『女神』が掲載されましたが、殺伐&ゴアだった先週とは打って変わって、ギャグよりの内容で安心しましたね。まあ、状況が状況だから影を落としているのも事実ですが、それでもこういう息抜きがあるとホッとするものです。やはり、バランスは重要。
 さあ、しばらくはヴィンガルフへと送還された寧子の話が続きましたが、今回は良太がメイン。当然ながら、自分の至らなさで寧子が誘拐されたことに心痛する良太。今までは、どうにかして危機を乗り越えることが出来ましたが、今回ばかりはどうにもならないですからねえ。ヴィンガルフがどこにあるか分からないし、仮に行ったとしてもどうにもならない。今までとは、背負うものの重さ(諏訪市消滅?はて、何のことやら……)が全然違いますから。でも、良太のダウナーな姿は見たくないものです。
 と、気分はどん底の良太ですが、そんな前に現れたのが新キャラの謎の少女、アフロディーテ。高屋あたりも結構唐突もなく現れましたが、こっちはいきなり良太に話してかけてくるから驚きましたよ。全く面識もない上に、こんな変わった名前なのだから。しかも、ヴィンガルフのことをなにやら知っていたり、それでいながらも首筋にハーネストが無かったりと、色々と謎が多い。ただ、いきなりこんなキャラをぶち込んだ以上は、何かヒントがあるかもしれない。
 その一方で、良太も結構アレな反応。こんなおかしな少女がいきなり現れたら驚くは分かる。でも、初対面の美少女に『アフロ』なんて略し方は酷すぎるし、(ハーネストを確認するためとはいえ)いきなり抱きついたりと。たん的にアフロというと、アナルショップ先輩皇帝こと尻屋潔がいるんですから、それはNGワードですよ。キャットレイパーもNGですが。
 その一方で、カズミは良太が寧子に矢印が向いていることに落ち込み、初菜は励ますために甘いものを奢り。そして、佳奈は根井と喫茶マーメイドで佳奈姉、美奈のことを話す。前者は、そこまで特筆すべきことはありませんが、重要なのは後者。根井の反応が至ってドライですが、心底ではV機関に対して怒りの炎をたぎらしているでしょうねえ。色々あって、無茶な橋も渡らないといけない事態になったが、共にV機関を探っていた相方だからな。高屋に人間ミサイル喰らわされたとはいえ、そのくらいでは諦めなさそうだ。
 ただ、佳奈姉が完全死亡なら少なくとも墓の一つでも描写して欲しかったというのが本音。これがあると無いとでは、ぜんぜん説得力が変わりますからね。エルフェンリートの坂東の件もありますし。佳奈姉の命が少し安く扱われているような気がする。
 話は戻って、良太とアフロ。アフロからヴィンガルフの情報を聞き出すために、良太は半ば無理矢理にデートをする羽目となる。初対面だというのに腕組んだり、おっぱい触れていることを気にしたり(ちなみに凋落は誤字。篭絡が正解だろう)、アイス食べないと死ぬ病気とか言い出したり。しかも、アフロはアフロで良太は出会ったことがあると言い始めるし。なんというか、エキセントリックな性格のせいかギャルゲーメーカーKeyのヒロインに見えてきたぞ。あるいは、ノノノノの興梠みかげか。
 そして、買ったアイスクリーム一つを二人で食べるというとんでもシチェーションに発展。いくら可愛い女の子が相手だからといって、ヴィンガルフがどこにあるか知りたいからって、これは無茶振りすぎんよ。JKお散歩とかその類ですよ!!こんなところをカズミにでも見られたら……。
 と言っている傍から見られるのが、見られているのが世の常。どうする良太、どうするの!?

 またまた可愛い女の子が現れた極黒のブリュンヒルデ
 さて、謎の美少女、アフロディーテの正体とその真意とは?そして、良太はこの修羅場を切り抜けることが出来るのか?あああ、来週が楽しみだ!!

 極黒のブリュンヒルデ第160話の評価

 満足度 ☆☆☆☆☆
 SF度 ☆☆
 ラブコメ度 ☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:0 | トラックバック:0
<<癒しの瞬間。 | 黒のノエル。 | 究極の対抗策。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。