現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
悪魔の兵器。
2015-09-23 Wed 20:34

 今週は休みなんだよなあ……。

 たんの漫画が待ち遠しい蔵間マリコです。
 さてさて水曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよー。現在、週刊ヤングジャンプ極黒のブリュンヒルデを絶賛連載中の鬼才漫画家・岡本倫のデビュー作『エルフェンリート』を徹底的に語るコーナーを。
 う~ん、明日発売の週刊ヤングジャンプは、残念ながら極黒のブリュンヒルデが休載なんですよねえ……。時期的に見れば、恐らくは最新コミックス15巻の加筆修正作業かと思いますけど、タイミング的にきついのきついの。物語も佳境に入って、色々と核心に関わることが明らかになってきたところですから。まあ、たんを無理強いするわけにはいきませんけど、それでも蛇生殺しというものだろうか。ああ、早く倫たんの漫画が読みたい!!
 とまあ、ちょっと熱くなりました。そろそろ本題へと入らせてもらいます。当然ながら、岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 第92話『迷いと海

 ○あらすじ

 ルーシーのベクター暴走により、崩落とともにディクロニウスたちによる大虐殺が始まった鬼が島。
 その一方、何かを積んだ数隻のイージス艦が鬼が島へと向かっていた……。

 ○登場人物(青文字は新キャラ)

 艦長ベクタークラフト開発者ベクタークラフト

 ○ターニングポイント

 ・週1連載再開

 この話から、月1連載から週1連載へと再び移行。
 ただし、掲載順はこれが第90話なのだが、単行本では第92話に変更されている。前にも書いているけど、読みやすくするための配慮だろうか?

 ・政府の人間

 CIC(戦闘指揮所)でタバコを吸うコートを羽織った男と、艦長らしき男。
 最初、これを見た時は「俺は別の漫画を読んでいるんじゃないか?」と一瞬錯覚しましたよ。まあ、特徴のある作画ですぐに倫たんだと分かりましたが。
 しかし、週1連載再開回にこれを持ってきたのは、非常に思い切ったことだと思う。なんせ、この回は初登場キャラのみで構成されているのだから。これが良いか悪いかは分からないが、仕切りなおしという意味合いが強いのかもしれない。

 ・ベクタークラフト

 政府が角沢長官の野望を止めるために用意した兵器、それは球体状の兵器だった。
 個人的には、この兵器を見た時に1度目の岡本倫先生にはあまり機械類を書かせない方がいいかもしれないと思ったな。ファンだからちょっと言い辛いけど、デザインがあまりよろしいとは言えない。しかも、この後の巨大なベクターが生えるのはちょっと……。もう少し、どうにかならなかったのだろうか?ちなみに二度目は、ミラクルジャンプの付録のEXEXEのピンナップのロボット。
 しかし、ルーシーを一話目で佐世保の研究所に移送することを匂わせたが、もし、ルーシーが佐世保の研究所に移送されていたらどうなっていたのだろうか?少なくとも復讐の対象になっていただろうが、その前に角沢長官がいちゃもんを付けて、手元に戻していたのかもしれない。

 ・義侠心の代償

 わけの分からないままに得体の知れないものを運搬することになった艦長たちは、我慢の限界を迎えるが……。
 まあ、自衛隊としては非常に軽率な行動。自衛隊のような武力を持つ組織は、言われた行動を逆らわずに行動することがもっと良しとするのだから。それを背くということは、自衛隊失格。仮にそれが誤った判断だとしても、上層部の責任なのだから。
 とはいえ、突然射殺するなんて、日本じゃあ絶対に有り得ないことだし、妄想や戯言だと思ってもおかしくない。そこを上手く丸めることができない政府の責任も重たい。もっとスマートな選択肢があった気もするが。

 ・津波と12番の崩落

 ベクターの暴走による津波で転覆するイージス艦、そして崩落する12番。
 12番が崩落して、内臓らしき器官が零れ落ちるシーンには目を疑いましたよ。このイージス艦が積んでいる兵器は一体何なのか、そして中身は何かって。ただ当時分かったことは一つ、これがおぞましいものことだけだ。
 ちなみにイージス艦の名前『いまい』『ありい』『はせがわ』の名前の元ネタは、模型メーカー。そして134ページ2コマ目のイージス艦転覆のシーンは、ウォーターラインの模型を参考しているために船底が平べったくなってしまっている。これは、倫たん本人がツイッターで公言しており、アシスタントが描いたものらしい。アシスタントさん、ちゃんと調べようよ……。

 ○まとめ

 月1から、再び週1連載になり、心機一転した回。
 この回から入った人は驚きかもしれないが、ずっと読み続けている読者にとっては、更に驚きだったのかもしれない。

 先の読めない展開が続くエルフェンリート
 明日は極黒のブリュンヒルデがお休みなので、引き続きこのコーナーを更新する予定。やっぱり、休載は体に堪えるなあ……。あああ、早く最新話が読みたい!!

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | エルフェンリート | コメント:0 | トラックバック:0
<<崩壊する万魔殿。 | 黒のノエル。 | 少年と青年。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。