現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
世界を閉じる者。
2015-09-18 Fri 20:47

 久しぶりに考察でも。

 SFとか神話とかが大好きな蔵間マリコです。
 いや~、なんか週刊少年ジャンプの公式ショップ『ジャンプショップ』で明日から1週間ほど面白いことをするようですねえ。大人気青年誌『週刊ヤングジャンプ』のフェスタ、『ヤングジャンプフェア』を。
 ヤングジャンプからジャンプに出張というのは、キングダムテラフォーマーズなんかがやりましたけど、ジャンプショップへの出張はこれが初めてかもしれません(広島にできたのはつい最近なので、事情がよく分からない)。その中の広告に、しっかりと極黒のブリュンヒルデのヒロイン、黒羽寧子がしっかりと告知イラストにいるんですよね。まあ、東京喰種(トーキョーグール)テラフォーマーズといった看板漫画、現在放送中の干物妹(ひもうと)!うまるちゃんといったものに圧されて後ろのほうですけど、それでもここに載せられていることは嬉しい限りです。シルバーウィークに映画の後にでも行こうかしら?
 とまあ、広告はこれぐらいにして、そろそろ先日の感想で書いていたように、考察にでも入りたいと思います。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 今回の考察は、『ロキとラグナロク』、『エッダ』、『魔女と魔女狩り(ヘクセンヤクト)と神』の3本立て。
 第158話にて、宇宙人A008の口から明らかになったロキ。今まで北欧神話絡みの用語が登場してきましたが、今回のロキは説明不要なくらいに有名な神様であろう。近年、マーベルの実写映画『マイティ・ソー』及び『アベンジャーズ』に登場しているし、ヤンジャンのTS(トランスセクシャル、性転換)漫画『ボクガール』にも登場しているから。
 ロキは悪戯好きの神であり、霜の巨人ヨトゥンの血を引く者でもあり、裏切り者でもあり、そしてラグナロクを呼ぶ者でもある。極黒のブリュンヒルデでは、高千穂が所有している宇宙人が暫定的にロキであるが、ラグナロクは未遂ながらも発動している。言うまでもないだろう、鷹鳥小鳥のグラーネを生み出したのはロキであることを。
 そして、宇宙人A008は滅びの道を選んだということを考えると、ロキが北欧神話どおりに裏切ったことが想像つくであろう。理由も当然ながら、グラーネ=ラグナロクの危険性。それを巡って殺し合いの末に滅んだ、ヘイムルダとともに。先週、宇宙人A008をジョジョのサンタナと例えたが、ロキはカーズであろう。
 続いて、エッダ。エッダというのは、アイスランドの詩人スノッリ・ストゥルルソンが13世紀に書いた書物のことである。それには北欧の神話のルールといったものが書かれており、北欧神話の根源とも言っていい書物である。作中ではキモオタ!デブ!がそれを否定しているが、小野寺は激昂している。エッダ書物が存在し、スノッリ・ストゥルルソンが存在したとなるのなら、ラグナロクを13世紀に観測した可能性が高い。そうでなければ、このような書物を書けるわけがないのだから。
 そして、ここからが一番重要である。スノッリ・ストゥルルソンが生きていた時代は12世紀末から13世紀中頃まで。その頃のヨーロッパというと、魔女狩りが行われ始めたといわれる時期(今は15世紀から18世紀までというのが主流であるが)である。となると、中世ヨーロッパ時代でも何らかの方法で宇宙人の力を借り、ドラシルを宿した者、ひいてはグラーネの力を持つ者、魔女という名の異教徒が存在したということになる。
 当然ながら、キリスト教の主流派が許すわけがない。それが魔女狩り(ヘクセンヤクト)である。そして、面白いことに黒服の言うヘクセンヤクトの崇拝する神というのは、キリストを指していることが分かる。崇拝の対象である宇宙人(もしくはキメラか魔女)キリストは、最終的にユダの裏切りによってゴルゴダの丘で処刑されている。そして、そのユダも自殺したと言われている(言われている以上、殺されている可能性があるが)。勿論、ユダ側は宇宙人の力を利用する側である。生命を司る光、アイン・ソフ・オウル(ラグナロク)もこの時期に観測されたのであろう。
 宇宙人同士の殺し合いから始まり、ユダの裏切りとキリストの処刑、中世ヨーロッパでの魔女と魔女狩りと北欧神話、そしてヴィンガルフとヘクセンヤクトの争い。人類史は、まさに宇宙人に支配された歴史といえよう。もっともヘクセンヤクトは、コスプレ集団と思えないほどに形骸化しているが。

 なかなか興味深い謎が登場した極黒のブリュンヒルデ
 これが正解かどうかは分からないが、個人的にはこの説を推したい。もし、他にも説があるのならぜひともコメントしてください。今回の話は、非常に興味深いものがありますので。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:0 | トラックバック:0
<<終わりのない日常。 | 黒のノエル。 | 黄昏を招きし者。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。