現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
愚かな生贄。
2015-09-10 Thu 20:56

 本当に毎週毎週楽しみだ!!

 たんの漫画が大好物の蔵間マリコです。
 さてさて木曜日になりましたので、いつものコーナーを更新しますよ~。現在、週刊ヤングジャンプで絶賛連載中の岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』の感想のコーナーを。
 毎回毎回先の読めない展開で読者の心をキッチリGETしている極黒のブリュンヒルデですが、どうやら10月19日に発売されるようです。最新コミックス15巻が。
 3ヶ月ペースで発売されているので定期と言えば定期なんですが、それでも発売日が分かるとなると嬉しいですねえ。14巻の衝撃的ラストからどうやって話を進めるのか。ヤンジャン掲載版でしっかりと追っていますが、単行本になると大幅に変更することがありますからねえ。特に15巻収録分は重要局面の連続ですから。あれをどうやってコミックス用に調理するのか楽しみなところです。
 とまあ、前座はこれぐらいにして、そろそろ本題へと入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 今週の極黒のブリュンヒルデ第157話『神への冒涜』が掲載されましたが、予想通りの展開でありつつも色々と衝撃を隠せない回でしたね。ようやく動き出した人造宇宙人=神を中心に、様々な反応を見せる登場人物たち。ラストも当然のことながら、そういった人間模様(全員人間じゃないけど)がなかなか面白かった回だと思いましたね。
 さて、前回のラストで登場した神ですが、のっけからマキナ節が炸裂ですねえ。魔法こそ使えない状態だが、失敗作であることとマキナ自身が半神であることをいいことに蹴る蹴る、ひたすら足蹴にする。神殺しがヴィンガルフの最終目標とはいえ、マキナの傲慢さと命知らずさがしっかりと描かれていますねえ。しかも、先にゲームとか言ったくせに、寧子との約束を勝手に反故にする。こういったジャイアンタイプかつ自らの美学を持つ悪役は嫌いじゃないですよ。
 その一方で、寧子は一方的にやられている神を庇う。第2部の寧子はカズミの策略もあってか、ツンケンした印象が強かったのですが、ここに来て敵か味方も分からない、それもここで始めて出会った存在を守ろうとする。更にはマキナのことを強くないと突き放す。色々と無謀ではありますけど、こういう無償の行動を取る所が寧子らしい。やっぱり、寧子は勘違いや世間知らずなところを見せつつも、こういう誰かを守ろうとするアクションがあってからこそ光るキャラだと思う。
 そして、解放された神の元へと向かう小野寺。そりゃあそうですよねえ、マキナが勝手に行動した結果、小野寺のみならずヴィンガルフに不利益がもたらされる可能性と危険性があるのですから。しかしながら、気の短い小野寺にしては、怒りや焦りといったものはあまり感じさせない。まるで何かの結果を想像しているかのように。
 と、今までの登場人物を順繰りに語ったが、最後は神。人語とは違う謎の言葉を発し、体も欠陥だらけでまともに立つこともできない。そんな中でマキナに一方的に袋叩きされると思いきや、やはりやってくれました。神の羽らしき器官が孵卵したドラシルへと変貌、そしてマキナを捕食。
 力に溺れる者は足元を掬われるのが常ですけど、こうもマキナが呆気なく死ぬとは思いませんでしたよ。例えるならば、序所の奇妙な冒険第2部の吸血鬼を喰らうサンタナ。第1部では脅威だった吸血鬼が、その上位種である柱の男に成す術もなく喰われて殺される。しかも、目が覚めた直後はまともに人語を話すこともできなかったりと結構印象として似ていますからねえ。まあ、流れ的には「ハッピーうれピー よろピクねー」→「あーん!マキナ様が死んだ! マキナさま総受け本&マキナさまF.Cつくろー!って思ってたのに… くすん…美形薄命だ…」ですが。

 またもや大変な展開となった極黒のブリュンヒルデ
 神が解放された今、このままで済むとは思えない。小野寺は流石に下手な行動を取らないだろうが、寧子はどうするのだろうか?次回がワクワクでたまらない!!

 極黒のブリュンヒルデ第157話の評価

 満足度 ☆☆☆☆☆
 SF度 ☆☆☆☆
 ピンチ度 ☆☆☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:0 | トラックバック:0
<<酒の力。 | 黒のノエル。 | 隠されざる神子。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。