現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
呼び醒まされた破滅。
2015-09-03 Thu 21:24

 展開、展開、急展開。

 魔女たちとイチャイチャラブラブしたい蔵間マリコです。
 さて木曜日になりましたので、いつものコーナーを更新しますよー。現在、週刊ヤングジャンプで絶賛連載中の岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』の感想を。
 いや~、毎週毎週楽しみにしている極黒のブリュンヒルデですが、他の漫画も捨てがたいですよねえ。極黒のブリュンヒルデ同様に佳境へと突入した嘘喰い、陰鬱な雰囲気がありながらも成長や展開性が面白いリクドウ、中国統一までの道のりが楽しみなキングダム……。他にも雑誌の9割方は目を通すほど楽しむものがありますからねえ。ホント、ヤンジャンはいつの時代も最高ですよ。
 とまあ、毎週木曜日のヤンジャンが楽しくて楽しくてたまらないのですが、そのテンションの高さは置いて、そろそろ本題へと入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 今週の極黒のブリュンヒルデ第156話『きっかけ』が掲載されましたが、濃厚な1話でしたねえ。小五郎の不可解な行動の真意やカズミの心情、そしてヴィンガルフでの思わぬ出来事。最近は一つ一つの場面が長めでしたけど、今回は序盤のように展開が激しかったですからね。やはり極黒のブリュンヒルデは、動きが多くないと!!
 さて、前回のラストで良太の家へと訪問した小五郎だったが、ようやく明らかになりましたねえ。今までどこにあるのかすら不明だったヴィンガルフの根城の発見。ホワイトハウス(それとNASAの研究所)をマキナに襲撃させることによって、その情報源を手に入れるための人工衛星の反応を確かめる。そして、結果明らかになったのが、そこから人工衛星の所有企業がドイツのドレスデンの工業企業とヴィンガルフの正式名称である国立高次生命機構研究所。
 ドレスデンが絡んでいることは今までの描写から分かっていたし、ヴィンガルフの正式名称も読者の視点からは第4章の時点で明らかになっていましたが、これがようやく良太の情報となりましたねえ。まさに長い長い道のりといったところでしょうか。それに小五郎の頭の回転の速さを垣間見た場面と言えるだろうな。知人である秋山を射殺の件といい、今回のホワイトハウスの件といい、頭のねじが外れまくっていますが。
 しかし、分かったところでどうにもならないのが現状。カズミが足が付かないように調べた情報を見ても大した結果が得られないし、仮に殴りこみに行っても自殺願望者そのもの。カズミも良太が殺されてほしくないという気持ちも分かる。だが、良太が寧子の立場を置き換えての心情も分かる。どうやって勝算を作り出すのかが気になるところだ。
 ちなみに良太とカズミが松本城で会話をしている場面で、かなり強烈な誤字がある。カズミが知るわけもないフリストを何故か知っているのだ。いや、フレイヤじゃないの?それともフリストをどこかで知った場面でも見落としたの?まあ、どちらにしても単行本で修正確実だな。
 と、ここまでが良太サイドだったが、ここから先は誘拐された寧子の話でも。ドレスデンからヴィンガルフへと移動した(小鳥ちゃんはいずこに?)マキナと寧子。マキナがヴィンガルフに着いて早速見せたものが人造の宇宙人。このシーンのマキナのはしゃぎっぷりが、隣に女の子がいるのにみっともないですねえ。まあ、こういう恋愛観が凸凹なところがマキナの面白さですが。
 だが、人造宇宙人を寧子に見せたのがまずかった。突如として動き出す人造宇宙人、それを察知した小野寺、そして崩落。この場面に来てようやく寧子に宇宙人を見せなかった理由が明らかになりましたが、マキナはこのことを知っていたのだろうか?あるいは本当に知らずに来たのだろうか?高千穂にも1体いることだからなんとかなるだろうし、小野寺のことだから全く策はないというわけはないだろうが、ひと暴れするか。それとも……。

 いきなりやばい雰囲気になった極黒のブリュンヒルデ
 この騒動も勿論のことながら、良太たちはヴィンガルフに対してどのような策を取るのだろうか?そして、どうやって寧子を助けるのだろうか?あああ、次回が楽しみだ!!

 極黒のブリュンヒルデ第156話の評価

 満足度 ☆☆☆☆
 SF度 ☆☆☆☆
 ピンチ度 ☆☆☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:0 | トラックバック:0
<<辛さと美味さ。 | 黒のノエル。 | 地獄の沙汰。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。