現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
概念の抹殺。
2015-07-16 Thu 20:09

 広島は明後日!!

 小鳥ちゃんと一緒に旅行したい蔵間マリコです。
 さてさて木曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよー。現在、週刊ヤングジャンプで絶賛連載中の岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』の感想のコーナーが。
 いやー、ついに明日発売ですねえ。極黒のブリュンヒルデ最新コミックス14巻が。前巻のラストのラブホテルのシーンから始まる修羅場に、意外な敵の登場、そして明らかになる真実と更なる謎。そんな混沌としたものが見れるのですから。それに加えて、加筆修正でのブラッシュアップ。そんな素晴らしい漫画が読めるのですから!!表紙は処女ビッチのカズミですよ!!ぜひ、一人三冊のノルマを!!
 とまあ、ちょっと熱くなってしまいましたが、そろそろ本題へ入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 今週の極黒のブリュンヒルデ第151話『囚われている者』が掲載されましたが、いやもう先週に続いてビックリでしたよ。読者の大半が予想していたであろう謎が、まさにひっくり返されたのですから。そして、ラストで更なるピンチが。修学旅行どころじゃあないですよ!!
 さて、前回のラストで大事になりましたが、ヘクセンヤクトでも何やら大変なことが。前章でヘクセンヤクトに匿われた黒服には色々と驚きましたよ。神殺しの神というのは宇宙人ではなく、美樹が信仰していると思われるモノホンの神を殺す、そして人類は幼年期を終える。
 本当に今回ばかりはワケが分からない。1910年ドレスデンで見つかった宇宙人の遺跡は間違いなく宇宙人のものであるが、神≠宇宙人であった。となると、その神という概念か存在か生物か分からないものを殺すというのはどいうことなのだろうか?何故、それを殺さなければいけないのか。神を殺して、幼年期を終える理由も分からないし、地球が宇宙人に支配されているというのもますます謎になってきたし、真相が更に霧の中へと消えていった気がする。
 しかし、ソーサリアンの力を借りて、真の独立なんて大層なこと言えるものだと。そんなに独立したいのなら、人間個人の力でその神殺しとやらを実行すればいいのに。結局は、独立もへったくれもない気がする。
 とまあ、更なる謎が増えた一方で、寧子は複雑な感情を抱く。いつでも殺されておかしくない不安感、記憶を無くす前の自分の良太への想い、そしてそれがあくまでもノートに書かれていたことに過ぎないこと。良太への想いをいつかは決着をつけないといけないのに、こんな事件があると恋心どころか、修学旅行に浮かれるどころじゃないからね。第2部初期のツンツンしていた寧子と比べるとかなり丸くなったし、可愛くなった気がする。
 だが、良太の感情はカズミに向いていた。寧子のことも好きかもしれないが、それでもあの時、カズミにキスをした。そして、事実上の彼氏彼女の関係となっている。寧子は恋愛に鈍感だからこそ気がついていないけど、入り込む余地がないのが辛すぎる。案寧子が入る余地があるとしたら、カズミが……。いや、これ以上言うと何されるか分からないから止めておこう。
 と、ちょっとしんみりした状況でしたが、これで終わらないのが極黒のブリュンヒルデ。佳奈が予知を発動。それと同時に、マキナ襲来。どうすんでしょうかねえ、前は運良く助かったが、今回はそういうわけにもいかない。しかも、佳奈の予知というオマケつき。初菜ちゃんがいたとしても、蘇生できない可能性だってあるしどうするんでしょうかねえ。未だに佳奈姉が全裸なのはどうかと思うが。

 突如として大ピンチを迎えた極黒のブリュンヒルデ
 来週は残念ながらお休み。ここのところ休載が多いけど、たんも色々と大変なのかもしれない。君は淫らな僕の女王もあるし、もう若くないからねえ。でも、1週程度なら大したことない。その間は、単行本をガッツリ楽しむぞ!!

 極黒のブリュンヒルデ第151話の評価

 満足度 ☆☆☆☆☆
 SF度 ☆☆☆☆
 ピンチ度 ☆☆☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:0 | トラックバック:0
<<絡まる色恋。 | 黒のノエル。 | 鉄と血と火星と。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。