現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
鉄と血と火星と。
2015-07-15 Wed 19:57

 新作のガンダム!!

 ガンダム大好き蔵間マリコです!!
 いや~、ついに明らかとなりましたねえ。10月から日曜日5時から放送されるガンダムの新作『ガンダム 鉄血のオルフェンズ』が。
 数日前からガンダムの一部シルエットが明らかとなり、タイトルも『Gの鉄血』と徐々に明らかになってきましたが、ついに色々と明らかになったようです。海老川兼武氏のデザイン全開のガンダムバルバトスをはじめとしたMSデザインに、皇国の守護者の漫画を描いた伊藤悠のキャラデザ、そして個性的なシナリオがウリの岡田麿里が脚本。なんだか色々と凄い陣営です。
 発表されてから悲喜交々となっているガンダムファン界隈ですが、個人的には物凄く楽しみです。なんていうか、パッと見た感じ、第08MS小隊みたいな泥臭さが伝わってきて。これが人気出るかどうかは分かりませんが、個人的にはガンプラは今までのようにたくさん買うこと間違いありません。ホント、放送が楽しみだわ!!まあ、緑色の髪をしたヒロインが登場しないことを願いますが。出たら主人公が社会的に抹殺、監禁されてしまう。

 とまあ、鉄血のオルフェンズにワクワクな自分ですけど、ガンダムの新作発表って毎回毎回ワクワクしますよねえ。
 (ガンダム大好き人間とはいえ)ターンAガンダム以前はそこまで気にしていたわけではありませんが、機動戦士ガンダムSEEDあたりからビジュアルが公開されると、どんなガンダムになるのかとワクワク、そしてどんな展開になるのかと妄想を膨らませるのが楽しくてね。いや、別にやましい意味じゃないですよ。機体とかストーリーとかそういうのを考えるんですよ。主人公機はどのような活躍をするのか、主人公の隣にいるあいつはシャアポジションになるんじゃないのか……。少ない情報から考えるのがとても楽しいんですよね。
 それと発表から放送開始寸前にかけての高揚感。これも新作ガンダムの発表時の楽しみなんですよね。特に近づけば近づくほどに眠れない夜が続くような興奮が。こんなに盛り上がるのは、恐らくは岡本倫先生の漫画が新連載発表された時ぐらいだろう。もっとも、その熱気が放送後どれだけ続くは別問題ですが。

 放送前だからこそ味わえるガンダムの興奮。
 さて鉄血のオルフェンズは、今までのガンダム作品に比肩するような素晴らしい作品になるのだろうか?スタッフもなかなか力を入れているようだし、期待したいところである。

 おまけ

 Gジェネレーションシリーズのオリジナル機体、バルバトス(画像はGジェネレーションオーバーワールド

   バルバトス001
   バルバトス003
   バルバトス002

 こんなのがアニメに出たら、1話目で終わる……。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 趣味人の日記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<概念の抹殺。 | 黒のノエル。 | 人外なる娘。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。