現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
戦争の狼煙。
2015-07-09 Thu 20:11

 祝・150話目!!

 倫たんの漫画が大好きで大好きでたまらない蔵間マリコです。
 さてと木曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよー。週刊ヤングジャンプで絶賛連載中の岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』の感想のコーナーを。
 ついに150話ですよ、150話!!今までの倫たんの漫画の最高記録は142話ですが、極黒のブリュンヒルデはそれを凌駕する150話!!これを突破するのとしないとでは全然違いますよ!!しかも、勢いも全く衰えていない!!面白い漫画は古今東西あれど、個人的には倫たんの漫画に勝るものなし!!ホント、はぴはぴハッピー!!
 とまあ、ちょっと熱くなってしまいました。この熱はひとまず置いて、そろそろ本題へと入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 今週の極黒のブリュンヒルデ第150話『宣戦布告』が掲載されましたが、やはり150話ということで物語が大きく動きました。突然として広がる世界観に、突然として立ちはだかるピンチ。まさに倫たんらしい展開。本当にどうなるんでしょうか?
 さて、修学旅行でバカンス気分の良太たちの前に早速耳に入ったのが、アメリカの宇宙人発表。普通ならば眉唾物そのものであるが、良太たちにとっては宇宙人は切っても切れない存在。しかも、今回は小五郎に預けたモノホンの宇宙人の受精卵。もしかしたら、普段から宇宙人の話題を聞くとこうやって焦りなどを感じているのかもしれない。その一方で、柏木さんは宇宙人と魔法使いが関わりがあることを知らないのは当然のことかもしれない。魔法の存在は疑ったとしても、そこに飛躍する要素なんて柏木さんの視点からはないのだから。
 しかし、高屋にはある程度の想像が出来て、良太は何故小五郎がやらかすことを疑わなかったのか。良太が小五郎との連絡が取れず真意を聞くことが出来なかったこともあるが(そういった描写を今まで入れて欲しかったというのが個人的意見)、身内だからそんなこと無いだろうとセーフティが甘くなっていたのだろう。読者から見たら小五郎が一番危険な存在だというのに、良太はそれに気付かなかった。皮肉な話である。
 その一方で、小五郎も相互不理解。良太はヴィンガルフのことなんてどうでもいいや、匿っている魔女たちの安寧が守れれば良いとおもっているのに、小五郎は攻撃は最大の防御、アメリカに宇宙人の受精卵を叩き売って攻撃しようぜ。これはもう、完全に考え違い。だが、秋山を射殺するだけのトンデモぶりをする人物だけに、過激な行動に移ってもおかしくない。小五郎がいなければ鎮死剤が作れないが、結果としてしっちゃかめっちゃかになってしまった。
 とりあえずここまで良太と小五郎の視点であるが、その宇宙人の受精卵の情報を得たアメリカ政府は事の重大さなど知らずに浮かれている。神=ソーサリアンの情報を手に入れ、それを公表しようとするアメリカの大統領。秋山が生きていた場合は、どこかTV局に垂れ込む程度だっただろうが、小五郎はヴィンガルフ打倒をけしかけるための選択。それを知らない大統領は、読者から見れば滑稽そのものである。ちなみにモブのファーストレディは、岡本倫初の褐色キャラだったりして。
 と、色々なことを知らないままソーサリアンのことを発表しようとしたアメリカの大統領だったが、高千穂はそれを許すわけが無い。大統領を首チョンパ+ホワイトハウス半分爆発と二重殺の宣戦布告という名の鉄槌を下す。大統領はまず死ぬだろうなあとは思いましたけど、オーバーキルかつ妙に慈悲があるところがなんとも言えません。
 ちなみに大統領が首チョンパされるシーンは、九所長の妹の玲奈(生首が可愛いとか言いませんよ?)と同じく顔を描いている。エルフェンリートの時は死人、特に首チョンパされた者の顔は描いていなかったが、極黒のブリュンヒルデは逆の方向で進んでいる。だからなんだと言われれば、それでおしまいだが。

 最悪な形で物語が進むこととなった極黒のブリュンヒルデ
 果たして、この急展開に良太たちはどうやって立ち向かうのだろうか?そして、喧嘩を仕掛けた小五郎は?なんかこのまま行くと、小五郎が何者かに殺害されて、鎮死剤が作れなくなる最悪の展開を迎えそうで怖い。そうでなくとも、秋山殺害の時点でもうやばいというのに。ホント、小五郎が酷いっす。

 極黒のブリュンヒルデ第150話の評価

 満足度 ☆☆☆☆☆
 SF度 ☆☆☆☆
 ピンチ度 ☆☆☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:1 | トラックバック:0
<<限定の魔力。 | 黒のノエル。 | 語られざる悲劇。>>
この記事のコメント
小五郎には台風の目としてまだまだ頑張って欲しいです。腹に一物ありそうな小野寺が接触してくれるといいなー。
2015-07-10 Fri 09:58 | URL | 赤外音頭 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。