現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
この素晴らしき世界。
2015-07-02 Thu 21:09

 やっぱりタメになる!!

 三度の飯よりも岡本倫蔵間マリコです。
 さてと木曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよ~。週刊ヤングジャンプで絶賛連載中の岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』の感想もコーナーを。
 いや~、今週のヤングジャンプ岡本倫先生のファンなら必携ですよー!!勿論本編のこともありますけど、なんと今週号は新人漫画家の大賞、シンマン賞の審査員兼アドバイス役として選ばれているんですよねえ。しかも、一番目立つであろう1番手として!!
 これはメッチャ嬉しいですよ。去年も審査員兼アドバイス役に選ばれましたが、今年はそれ以上の扱いですとは。個人的にはヤングジャンプで中堅ながらも外せない存在というイメージでしたが、ここまでヤンジャンの編集部内で大きな扱いをされるとは。倫たんの大躍進振りには、感涙もの!!倫たん最高!!
 と、ちょっと興奮してしまいました。この興奮は心の内に収めて、そろそろ本題へと入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫と言う人はどうぞ。
 今週の極黒のブリュンヒルデ第149話『幸せと呼べる日』が掲載されましたが、ラブコメ的な展開が続きながらも、まさに破滅へのカウントダウンを匂わせる回でしたねえ。石垣島でバカンスし、幸せな日々を謳歌する。これで終わるのなら良いんですけど、そうはいかないのが岡本倫。どうなるんでしょうねえ。
 さて前回、残していたおっぱい揉みを実行した高屋、そして揉まれて絶頂した初菜ちゃん。飛行機酔いでダウンしたカズミとともに、ツキジに打ち上げられたマグロの如く倒れている様はシュール。しかも、そんなこと知ったかと言わんばかりに高屋は一人遠洋していますからねえ。良太たちはしみじみ話しているのに、どこか笑いを誘います。特に、265ページの3コマ目が。
 続いて、海水浴を楽しんだ良太たちが次に待っていたのが、夕食のビュッフェ。食べ放題なんて経験のしたことの無い寧子たちのはしゃぎように、それを冷たい視線で見ながらも皿いっぱいに持っている佳奈。この温度差がなんともたまりませんが、個人的には「なぁ!!これ会計ってどうなってんのや!?量り売りか!?」のカズミのたんらしい言い回しを推したい。
 そして、ビュッフェに大満足だった佳奈は自室に戻るが、ここでも強烈なギャグが。佳奈がいるにもかかわらず、佳奈姉は全裸モード。いやいやいや、確かに裸族癖があるのは周知ですが、妹がいるというのに全裸ですかぁ!?しかも、自分で裸族の血が流れていると思うとか言っているし。ついに作中で裸族公認になっちゃったよ。どうせなら、外出る時も全裸で行動してくれよ。佳奈姉のアンダーヘアー見たいし。
 とまあ、ここまではギャグモードでしたが、ここから先はちょっとしんみりとした展開。場所はよく分からないですけど、沖縄の海を見て、ようやく普通の人間と何ら変わりの無い人生を送っていること、そして世界の広さを実感する寧子たち。もし、ヴィンガルフにずっといればこのような幸せを知ることなどなかっただろうし、あそこで脱走することが出来なかったら文字通り処分されていただろうし、鎮死剤が無ければとっくの前に溶けて死んでいただろう。そんな地獄のような世界から、ただただ当たり前な世界。魔女たちにとってこれほど幸せなことは無いだろう。
 だが、魔女たちに幸せが訪れることなど無いだろう。いつの間にか沖縄に到着していたマキナ。しかも、沐浴とバカンス気分。ついに目覚めたマキナ。これでハブとマングースに熱中している間に良太たちを見失うみたいなお馬鹿な展開になればいいが、次で150話目だからそうはならないだろうなあ。平穏の終わりもあと数刻か。
 まあ、今回は全体的に満足な内容でしたが、ちょっと気になった点が。第149話の良太たちの目の描き方が今までと違うんですよね。目と目の距離が微妙に離れたような気がするし、目のラインがキリッとなっている気がするし、微妙に小さい気がする。殆ど気がするとか言っているけど、目のトーンをしっかり入れている点は前のようになっているし、全体的に改善されているというか。もしかして、アシスタントが変わったのだろうか?気にはなったけど、全体的に上手くなっているのは間違いない。この調子で画力が上がって欲しいものだ。

 徐々に平穏が翳りつつある極黒のブリュンヒルデ
 さあ、マキナと遭遇した時、良太たちはどのようなアクションを取るのだろうか?そして、どのような結果が待ち構えているのだろうか?柏木さんが色々と関わっている以上、ここら辺で魔法の存在が露呈しそうだが……。う~ん、来週が楽しみだ。

 極黒のブリュンヒルデ第149話の評価

 満足度 ☆☆☆☆☆
 SF度 ☆☆
 ギャグ度 ☆☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:3 | トラックバック:0
<<狂気の世界。 | 黒のノエル。 | 無慈悲な宣言。>>
この記事のコメント
>いつの間にか沖縄に到着していたマキナ。
えーっと??最後のページとマキナ自身のセリフを見る限りだとマキナは寧子達が南の島〔石垣島〕にいるのが分かったというだけでまだ石垣島には着いていないように思うのですが・・・違いますかね?
2015-07-02 Thu 21:42 | URL | k.j #-[ 内容変更]
勘違いすいません。
そんな台詞無かったですね。
帰ったら、修正します。
2015-07-03 Fri 08:28 | URL | 蔵間マリコ #-[ 内容変更]
高屋が馴染んでますな。寡黙な変な奴的な雰囲気を醸し出してる。さりげに秀逸なのはコミックの煽り文ですが。
マキナにやられるとしたら惜しい。
2015-07-07 Tue 22:11 | URL | 赤外音頭 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。