現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
無慈悲な宣言。
2015-07-01 Wed 21:00

 明日が楽しみ!!

 ヤンジャン大好き蔵間マリコです。
 さてさて水曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよ~。現在、週刊ヤングジャンプで純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』を連載中の鬼才漫画家、岡本倫のデビュー作『エルフェンリート』を徹底的に語るコーナーを。
 本当に良いですよねえ。集英社ナツコミ2015の缶バッジになっている作品は。我らが信仰する岡本倫先生の作品も対象作品にはなっているんですけど、バッジにはなっていないんですよねえ。何でテラフォーマーズキングダム東京喰種:re干物妹うまるはあるのに、極黒のブリュンヒルデが無いんですか!?たんのも入れたら、間違いなく売り上げが300%UPは間違いないというのに……。小鳥ちゃんの缶バッジが欲しかった……。
 とまあ、愚痴はこれぐらいにして、そろそろ本題へと入らせてもらいます。当然ながら、岡本倫先生の独特の作風や管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 第85話『FAMILY』(後編)

 〇あらすじ

 襲撃者たちの大半を惨殺したものの、不意打ちにより窮地に追い込まれるルーシー。
 その間、正気を失った蔵間が現れ、ルーシーは呪いの言葉をぶつけるが……。

 〇登場人物

 前回を参考に。

 〇ターニングポイント

 ・ユカの母とナナ

 嵐が過ぎ去り、意識の戻らないコウタを楓荘の住人とユカの母は心配するが……。
 ここに来てようやくユカ母が初登場だが、反応はこれがある意味極々当たり前かもしれない。楓荘たちの住人や極黒のブリュンヒルデの天文部の方々に限らず、物語の中心部から大きく離れた人間から見れば、ラブコメ漫画的な生活なんてただただ怪訝に映るものである。しかも、図らずとも殺人鬼を匿い、その眷属とも暮らしていたのだから。そんな胡散臭い連中と一緒に暮らすなんて、外野から見ればおかしな話である。
 そして、その胡散臭いナナはただただ辛いとしか……。ナナにとって、楓荘は父親代わりの蔵間の次に大切ともいえる存在なのだから。まあ、ナナたんのトイレを間近で見たいものですが。

 ・バーバラか機械か

 一方、ヘリの下敷きとなった思われていた能宗も病院送りとなっていた。
 バーバラのおかげで助かったのか、あるいはアジナーのおかげで助かったのか。それは、間もなく身を持って知ることになる。

 ・磔

 襲撃者たちによって確保されたルーシーは、角沢長官を前にして磔にされていた。
 にゅうの全裸姿が見れるのはものすご~く嬉しいんですけど、この場面でにゅうの内股からどうして血が出ているのか未だによく分からない。多分、生理なんだろうけど、既に角沢長官に初めてを奪われたという見方も出来る。未だにもやもやがかかっている場面の一つである。

 ・突きつけられる残酷

 マユの頼みの元、ナナが小屋へと向かうが、そこには廃人となった蔵間がいた……。
 同じ回にナナを追い詰める描写があっただけに、本当にこの場面はリアルタイムで凹みましたよ。マリココピーの死体を抱く錯乱振りとかも見るに耐えないが、今まで娘のように扱っていたナナをモルモット扱いにするのはね……。いくら精神が病んでも、これをナナに突きつけるのは一番してはいけないことであろう。
 そして、突き放されたナナの瞳は、まるで深遠と続く黒き渦のよう。こんな描き方今までになかっただけに、ショッキングであると同時に、ナナへの精神的ダメージが計り知れないことが窺える。これで1ヶ月待たされるのは、胃が痛くなる思い。

 〇まとめ

 修羅場を乗り越えた先に、更なる修羅場の待ち構えていた回。
 ここから先は、3つの視点で物語が繰り広げられるが、どれも過酷な展開だった。

 今読んでも面白いエルフェンリート
 さて、明日は極黒のブリュンヒルデの感想の日。物語も佳境へと進みつつある極黒のブリュンヒルデだが、良太たちの前にどんな試練が立ちはだかるのだろうか?そして、それをどうやって乗り越えるのだろうか?あああ、明日が楽しみ!!

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | エルフェンリート | コメント:0 | トラックバック:0
<<この素晴らしき世界。 | 黒のノエル。 | 心休まる場所。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。