現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
伝統と斬新。
2015-06-21 Sun 21:05

         旬菜すし鮮きずな屋001

 寿司!!寿司!!寿司!!

 寿司のネタは、サーモンとエンガワが好きな蔵間マリコです。
 先日、劇場版ラブライブ!に大満足した自分。2回目の上映だったということで、時間も丁度お昼時。というわけで、郊外のエリアから中心部のエリアでお食事を。ただ映画を見ながらポップコーンを食べたので、小腹を満たすぐらいには丁度いい量の昼食で済ませたい。しかし、それでいながらちょっとした贅沢をしたい。さてどうしようか?
 というわけで、色々ツールを生かしてそれを満たせるお店に行ってみました。今回行ったお店は、広島八丁堀にあるお寿司屋さん『旬菜すし鮮 きずな屋』っす。当たり前ですけど、回らないお寿司ですよ。
 焼肉とか一人で食べに行くことはありますけど、寿司は流石に一人で食べに行ったことはないですねえ。家族とかでは行ったことありますけど、やはり一人で食うには値段を気にしますし。かといって、回転寿司も何かなあと思いますし。ということで、今回は初の一人寿司屋に挑戦しました。

   旬菜すし鮮きずな屋002

 で、お店に入るとお洒落かつ気楽な感じがいい。寿司屋というと、風格漂う入り辛いというイメージがありますけど、きずな屋はそういった気兼ねが無くていい。場所も隠れ家的なところにあるというのもポイント。周りを気にする自分としては、とても有り難いですよ。
 で、自分はきずな屋ランチを注文。本当なら3貫ぐらいは追加注文したかったんだけど、昼は残念ながら注文していなくて。もし、夜行く機会があれば、これらを食べてみたいものだ。

   旬菜すし鮮きずな屋003

 これがきずな屋ランチ(1200円)。寿司12貫にお吸い物、小鉢がついてこの値段。回らない寿司としては、ビックリなコストパフォーマンスである。
 ただここの寿司は安いだけではない。野菜を使った寿司という一風変わった寿司がこのお店の最大の特徴である。2段目右からスナップエンドウ、大根、ズッキーニ、じゃが芋と寿司とは縁の遠い野菜ばかりである。しかし、それを寿司とマッチしたものとして出してくれるのがきずな屋の凄いところである。

         旬菜すし鮮きずな屋006

 特に、ズッキーニは感動的な味。
 ズッキーニというと、ラタトゥユやグラタンの具材に使われたりと日本でも認知され始めているものの、まだまだ使いどころが少ない野菜である。しかし、それを敢えて寿司にする。他の野菜もそうだが、なかなか独創的なアイデアである。
 そして、肝心の味だが最高!!なすと南瓜の中間のような味わいと食感が特徴的なズッキーニ独特の風味を殺さずに、酢飯と上手く融合している。一風変わった組み合わせがここまで美味いものになるとは思わなかったよ。

   旬菜すし鮮きずな屋004

 お吸い物。魚のすり身の団子が1個入っている。
 美味しい美味しい寿司を食べていると、こういうお吸い物で一休みしたいもの。塩気が程よく効いており、口の中で複雑な味わいが広がる。そして、魚のすり身のフワフワ感が心地良い。こんなに美味しいお吸い物を食すのは久しぶりかもしれない。

   旬菜すし鮮きずな屋005

 小鉢の胡麻豆腐。
 一見して普通の胡麻豆腐に見えるが、じつはとうもろこしが入っている。最初はなんだろうなあと思ったけど、食べているうちに何か分かってビックリ。胡麻豆腐の濃厚な味わいに、とうもろこしの甘さが加わって面白い味に昇華している。胡麻ととうもろこしがこんなに組み合わせがいいとは。創作料理様様です。

         旬菜すし鮮きずな屋007

 じゃじゃーん!!クライマックスは、中トロ!!1200円のランチで中トロがついてくるなんて!!
 勿論味は、文句なしの美味さ。口の中でとろける脂の味わいと、濃厚な肉質。赤身だと淡白すぎるが、大トロではギトギトしすぎているが、中トロは両者のいいとこ取り。やはり寿司の王様ですよ、中トロは。
 勿論ながら他の魚介類の寿司も美味しい。コハダも酢の漬かり具合が丁度良いし、アマダイの昆布締めも上品かつ濃厚。ウニもまろやか濃厚でいながらも安いウニとは違い嫌味な風味も無い。ホント、回らない寿司屋での寿司は格段に違う。

 昼から豪華に堪能したきずな屋の寿司。
 こんなに美味しい寿司が手頃な値段で食べれるなんて。今までは高いというイメージがあったから敬遠していたけど、場所や時間を美味く活用すれば安く食べられるもんだな。ホント、寿司は日本の食文化ですよ。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 個食のグルメ | コメント:0 | トラックバック:0
<<真剣の対決。 | 黒のノエル。 | 永遠の象徴。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。