現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
大切な人の仇。
2015-06-17 Wed 20:59

 今週は休載なんだよなあ……。

 倫たんの漫画を読むために生きている蔵間マリコです。
 さて水曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよ~。現在、週刊ヤングジャンプにて『極黒のブリュンヒルデ』を絶賛連載中の鬼才漫画家、岡本倫のデビュー作『エルフェンリート』を徹底的に語るコーナーを。
 頭の中で分かっていますけど、それでも辛いですねえ。ここ2ヶ月あたりの極黒のブリュンヒルデが見れない週が3回もあるなんて。GWは合併号になるというのは分かっていますし、極黒のブリュンヒルデの最新コミックス14巻の加筆修正作業、君は淫らな僕の女王の最新話の打ち合わせなどなどあって忙しいのは分かっているんですけどねえ。それでも、読めない週が続くと精神的に参っちゃいまして……。早くたんの漫画が読みたい!!
 ちょっと熱くなってしまいました。気を取り直して、そろそろ本題へと入らせてもらいます。当然ながら、岡本倫先生の独特の作風や管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 第84話『壊れた天使』(前編)

 〇あらすじ

 コウタが撃たれたことによって、覚醒し、襲撃者たちを惨殺したルーシー。
 しかし、この事によってコウタの悲しき過去が記憶は蘇り……。

 〇登場人物(赤字は死亡)

 コウタ、ルーシー、ユカ、能宗、用心棒、アリシア、シンシア、バーバラ、蔵間

 〇ターニングポイント

 ・憎悪に満ちた瞳

 記憶を戻したコウタがルーシーに向かって放った言葉は残酷そのものだった。
 このシーンは当然くるものだとは思っていましたが、「カナエと父さんの…仇をうたなくちゃいけないこと…」の時のコウタの顔は強烈でしたね。今までのコウタからは全く考えられないような表情でしたから。コウタのことをエロゲ主人公エロゲ主人公と言っていますが、流石にこういうところまでおかしくはないか。
 しかし、このシーンをちゃんと持ってきたおかげで安心したのも事実。いくらヒロインだからといって、家族を殺されたことを許すわけにはいきませんからね。もし、ここで安易に許していたら、多分、作品として醒めていたかもしれない。

 ・ヘリの落下

 一旦、退避した能宗とマリココピー2体。だが、ルーシーの前にはそれは無駄であった。
 ヘリが落下するシーンに限らずとも、エルフェンリートは主人公たち以外の環境が描かれていないことが大半だった。この場面で言うのなら、あんな大事があったのに野次馬がどうして集まらないのだろうかと。自分は信者ゆえにそこはあまり気にしていないが、それ以外の人にとっては悪い点に見えたのかもしれない。それは新人ゆえの未熟さかもしれない。
 それから8年、極黒のブリュンヒルデを連載開始するにいたって、ここら辺の事情を気にして描いていることが窺える。出来るだけ一般人を登場させたくない場面は何らかの理由を作り、不自然さを解消させる。沙織戦の時はヴィンガルフ側に事情を上手く作り、工場内の人間をいなくしたり、キカコ戦の時はカズミがハッキングして上手く人払いをしたりと。病院でるるみが孵卵した件は掲載時は不自然だったけど、単行本で修正されたりと相当気遣っていることが窺える。こういう配慮が漫画家としての上達がしっかりと伝わってくる点だ。

 ・なぶり殺し

 ヘリの落下からなんとか助かった能宗だが、試練は続いていた。
 仕掛けてきたのは能宗たち研究所の人間たちだが、こういう動けないところ相手に対して一方的に攻撃を仕掛けるえげつなさがなんともルーシーらしい。相手の話を聞かずにチョンパ、攻撃できない相手をいたぶる、見下す。これがルーシーを構成する三大要素です。

 今読んでも色褪せない面白さのエルフェンリート
 明日は先に説明したとおり、極黒のブリュンヒルデはお休み。となると、やることがないのだが、どうしたもんだか……。極黒のブリュンヒルデの小ネタでも考えようかな?

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | エルフェンリート | コメント:0 | トラックバック:0
<<受け付けない命令。 | 黒のノエル。 | 男子厨房に入らず。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。