現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
回したい魔力。
2015-06-06 Sat 22:21

  艦これ花札其の二

 やるつもりはなかったけど、ついつい……。

 無駄遣いが激しい蔵間マリコです。
 今日は市内で、新しいクーラーを購入しました。去年の夏に、15年使っていたクーラーがお釈迦になって激暑の夏を過ごさないといけない羽目になりましたからね。だから、そうなる前に、少しでも安くていいものが、性能がいいものが残っている間にと。梅雨明け辺りに買おうとしたら確実に大変になことになりそうですし。工事は来週ですけど、しっかりGETできて満足です。
 とまあ、そのまま帰ればよかったのだが、帰らないのが俺。ゲームセンターで少し暇潰しをしようとして覗いたら、ビデオゲームそっちのけこんなガシャポンをしました。タカラトミーアーツ発売の艦隊これくしょんのガシャポン『艦これ花札 其の二』っす。
 PART1は去年に発売して、自分も買おうかなあと思っていたんですけど、結局買いそびれちゃって……。で、PART2が発売していたことも知っていたんですけど、それも半ば記憶の彼方へと消えかけていたんですよね。ただ、ゲーセンに行ったらこれがありまして……。結局、衝動的に7回×300円ほど回しました。
 で、これが戦利品。艦娘たちも可愛いけど、カス札の北方棲姫(ほっぽうではなく、ほくほう)が可愛らしい。あと、普段は影の薄い離島棲鬼のイラストがあるのもポイント。任天堂の花札に比べると小さいのが気になるけど、個人的には満足です。
 ただ、秋の札(7~9月)がない!!7回回して、うち4回が夏の札(4~6)でしたからね。最初の4回がこれで悶絶しちゃいましたよ。普段の行いが悪いのかなあ?

 とまあ、艦これの花札のガシャポンを衝動的に買いましたが、ガシャポンってなんか魅力的ですよねえ。
 昔に比べて高くなったのは気になるけど、それでもリーズナブルな値段でちょっとした楽しみが買える。アニメ関連のものや動物や乗り物などのフィギュア、なんだかよく分からないもの……。別に買うつもりでなくても、眺めるだけでもちょっと心がワクワクしちゃいます。そして、無駄遣いと……。
 そして、個人的にはガシャポンの思い出といえば、SDガンダムのガシャポンが思い出深い。最初の頃は色が塗られておらず、それどころか可動部分なんてなかった。今なんかだとちゃんと色が塗られて、可動部分があったりとするけど、それでもとても楽しかった。手に入ったMSでガシガシとぶつけて遊ぶ。ガキの頃の話だから、コレクション云々関係に楽しんでいた。
 それを思うと、今は純粋じゃなくなったのなあとつくづく思ってしまう。もっと打算的に考えるよりも、もうちょっと純粋に楽しめるようになりたいものだ。

 今でもたまに買うガシャポン。
 今回は、艦これの花札のガシャポンを回したけど、また何か面白いガシャポンがあったら回したいものだ。まあ、その時は必要以上に回さないようにしたいものだが。l

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 趣味人の日記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<起死回生の策。 | 黒のノエル。 | 複雑な心境。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。