現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
血の絆。
2015-05-21 Thu 20:29

 2週間ぶりだー!!

 萌えもバイオレンスも笑いも感動も一緒くたに楽しみたい蔵間マリコです。
 さてと木曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよー。週刊ヤングジャンプ連載にて絶賛連載中の岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』の感想のコーナーを。
 いや~、2週間ぶりの極黒のブリュンヒルデはいいですねえ。先週から続いた鬱屈とした気分が一発で吹き飛び、やる気が全開になるのですから。好きなものはたくさんありますけど、たんの漫画ほどのカンフル剤というものはありませんよ。ホント、たんの漫画が読めるって最高!!
 とまあ、前置きに毎回同じようなことを書いていますが、そろそろ本題へと入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 今週の極黒のブリュンヒルデ第144話『偶然の交錯』が掲載されましたが、ついにというべき展開が来ましたねえ。ちょっと展開が遅いのは気になりましたけど、それでもラストでそんなの吹き飛んだ。まさに最後の3ページのための回でしたね。
 さて、前回のラストでメイドバーに現れたの佳奈姉と髭の男ですが、のっけから魔女たちがはっちゃけていますねえ。高屋に陵辱されたまま放置されている初菜ちゃんに、恥ずかしながらも萌え萌えキューンをする寧子。やはり寧子は、ムスッとした表情よりもこういう恥じらいとかそういった顔のほうがいいですよ。
 それに対してジャーナリスト2人は2人で萌え萌えキューンに合わせたりと。まあ、いい歳こいた2人がこんなことをするのもなんか悲しいですけど、髭の男の言うとおり恥ずかしがったら負けというのも分からなくもない。余計な恥じらいでジャーナリストが尻込みしていたら、世話ないですからね。ただ、踏み込んではいけないところを踏み込みすぎているような気がしますが。
 とまあ、最初3ページの軽いジャブは終わり、ジャーナリスト2人はV機関、そして行方不明の妹の話を始める。それを聞き耳立てる良太だが、お互いの素性が明らかになっていないが故に、妙なすれ違いが発生する。佳奈姉の言っている行方不明の存在は佳奈であるが、良太はそれが佳奈であることに気付かず、良太はV機関のことをヴィンガルフのことではないのかと憶測するが確証は持てない。ベタでありますけど、こういうすれ違い展開は嫌いじゃない。
 と思いきや、その渦中の人物である佳奈がメイドバーに来店。それも佳奈姉のいる角度からは確認できないというお約束の展開で。おいおい、近くにいるじゃんと落ち込む佳奈姉に突っ込みを入れてやりたいが、それ以上に佳奈の反応が色々と面白い。石垣島への修学旅行へ行ける良太たちだが、佳奈(生きていたら小鳥ちゃんも同様だったが)は行けないことに、血を流しながら歯軋りしながらやせ我慢したり、バイト内容を怪訝に見ているわりに萌え萌えキューン(それも顔を伏せている佳奈姉に対して!!)をしたりと。相変わらずのツンデレというか、もっと素直になればいいのに。その一方、佳奈姉は妹のこと以上に黒服のことで落ち込んでいた。
 と、互いにすれ違いのまま終わり、これでまた振り出しに戻ると思いきや、そうではなかった。最後の3ページ、ついに鉢合わせしてしまった佳奈と佳奈姉。もっと伸ばすと思ったが、ここで出会うとは。
 しかし、再開したからこれで万事解決という風には思えないんだよなあ。佳奈姉は佳奈のことが分かっても、佳奈は姉の記憶がないんだから。変に意固地な部分も考えれば、尚更である。そして、佳奈姉もそろそろヴィンガルフに狙われそうで怖くて、なにかまだまだ大変なことになりそうだ。

 なかなか面白い展開になってきた極黒のブリュンヒルデ
 さて、妹の佳奈と再会できた佳奈姉だが、どうなることか。上で書いているような展開を上回るような驚きの展開を見てみたいものだ。

 極黒のブリュンヒルデ第144話の評価

 満足度 ☆☆☆☆
 SF度 ☆☆
 ギャグ度 ☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:0 | トラックバック:0
<<鋼の肉体。 | 黒のノエル。 | 雪と涙と。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。