現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
雪と涙と。
2015-05-20 Wed 20:16

 実は隠れて企画をしていたりして。

 たんの漫画が読みたくて読みたくてたまらない蔵間マリコです。
 さてさて水曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよ~。現在、週刊ヤングジャンプ極黒のブリュンヒルデを絶賛連載中の鬼才漫画家、岡本倫のデビュー作『エルフェンリート』を徹底的に語るコーナーを。
 さて、今日はエルフェンリートを徹底的語るコーナーをお送りしますが、その前に一つほど告知を。実はツイッターにて、独断と偏見の企画『岡本倫名言迷言集』というものをやっております。企画内容は文字通り、エルフェンリートノノノノ極黒のブリュンヒルデ君は淫らな僕の女王などといった岡本倫先生の作品及び関連作品の印象的な名台詞や迷台詞といったものを毎日1回ほどツイートし、ちょろっと説明を入れる企画です。まあ、基本的に自己満足の企画です。ただ、それでももし楽しみたいという方は、#岡本倫名言迷言集で検索してください。まだ5回ですが、これから少しずつ増えていきますので、こちらもよろしくお願いします!!
 とまあ、宣伝はこれぐらいにして、そろそろ本題へと入らせてもらいます。当然ながら、岡本倫先生の独特の作風や管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 第82話『合否』(前編)

 〇あらすじ

 坂東を殺害し、行方不明となったルーシー=にゅう。
 マユは、ナナとともににゅうを探しに行くが、ナナから衝撃的な真実が語られる……。

 〇登場人物

 コウタ、にゅう、ユカ、マユ、ナナ、ノゾミ、わん太、能宗、用心棒、マリココピー

 〇ターニングポイント

 ・すきやき

 お腹をすいたナナを一旦、楓荘に戻すためにマユはすきやきの話を持ち出す。
 生い立ちが生い立ちだけに食べ物に関しては貪欲であるが、涎たらして目が点になっているところがなんとも可愛らしい。クレープ屋の時もそうだが、食べ物のネタにこと欠かせないのがナナの可愛らしい点の一つだと思う。

 ・本当に辛いのは

 マユは、にゅうを殺害しようとするナナを説得しようとするが、それで納得するがはずがなかった。
 今まで同居してきた以上は、マユにとってにゅうは大切な存在であることは分かるけど、話し合う云々の事態じゃないのが現実である。にゅうが一番苦しんでいるとは言っているが、殺された人間はそれ以上の苦しみを味わっているし、にゅうの別人格のルーシーがディスコミュニケーションなんだからどうよしようもない。仮ににゅうと話し合ったとしても、ルーシーに殺された人の家族はそれで納得すると思っているのだろうか?マユの言っていることは、つまるところ理想論に過ぎない。
 とはいえ、中学生に理想論以上のものを要求するのも酷な話である。それに最後まで諦めない所が、マユのいいところなのかもしれない。

 ・リストカット

 マユとナナの前に現れたにゅう。怒りに身を任して、ナナはにゅうを殺そうとするが……。
 ナナの言うとおり、にゅうの行為は「私に殺されるのがわかっててここに来たっていうの!? ずるいよいつも!!」であるが、ナナがここでにゅうを殺さなかったのは正解だったかもしれない。ここで殺してしまえば、ナナもルーシーと同じになってしまうのだから。
 では、誰が殺さないといけないのか?それは9年前に殺して欲しいとルーシーに頼まれ、約束したコウタである。法で裁くこともできない化け物を殺すのは、コウタしかいない。

 ・楓荘へ帰ろう

 にゅうに遅れて現れたのは、コウタ。コウタは、3人を連れて楓荘へと戻る。
 ナナとはあまり仲が良くはないけど、ちゃんと楓荘に引き止めるあたりちゃんとしていますねえ。ハーレム云々という件は置いて、このままナナもにゅうもいなくなったらあまりにも後味が悪すぎますから。今の今、事情を聞くにしても冷静に聞ける状況でもありませんし。コウタの対応は当たり前ではあるけど、悪くない判断だと思う。もっとも、楓荘で何が起きたのかを聞くことは作中出来なかったが。

 明るい展開も暗い展開も面白いエルフェンリート
 さて、明日は極黒のブリュンヒルデの感想の日。前回のラストが嵐の前の静けさともいえる展開になりましたが、果たして良太たちの前にどのような出来事が起こるのだろうか?あああ、明日が楽しみ~。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | エルフェンリート | コメント:0 | トラックバック:0
<<血の絆。 | 黒のノエル。 | 憂鬱な雨。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。