現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
青年の覚悟。
2015-05-13 Wed 21:04

 たんの漫画が読みたい……。

 たん成分が欠乏している蔵間マリコです。
 さてと水曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよー。現在、週刊ヤングジャンプで、純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』を連載中の鬼才漫画家、岡本倫のデビュー作『エルフェンリート』を徹底的に語るコーナーを。
 う~ん、憂鬱です。季節の変わり目のコンディションの変調とか、仕事でのトラブルだの色々とありますけど、たんの漫画が読めないのも辛いです。GWでの合併号に続いて、単行本の加筆修正作業か君は淫らな僕の女王のネーム作業かで休載。ヤンジャン自体は大好きなんですけど、買っている理由がたんの漫画みたいなもんですからね。弱り目に祟り目とはこのことです。
 とまあ、気分が落ち込んでいますけど、それは置いて、いつものように書かせてもらいます。当然ながら、岡本倫先生の独特の作風や管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 第81話『伝達

 〇あらすじ

 にゅうが物騒な男と外に出て、行方不明になってから1日。
 見つからないにゅうを探すために、コウタは敵であるはずの荒川に出会うが……。

 〇登場人物(青字は初登場)

 コウタ、にゅう(DNAの声)、まゆ(イメージのみ)、わん太(イメージのみ)、荒川、蔵間
 坂東(イメージのみ)、角沢長官、帽子の男(イメージのみ)、能宗、用心棒

 〇ターニングポイント

 ・幸か不幸か

 リスクを覚悟に荒川の前に現れたコウタ。しかし、待っていたのはラッキースケベだった。
 可愛い女の子のノーパンのまま股間を顔に乗せられるのは、漫画とかのシチェーション的には嬉しいですよ。ただ、荒川は典型的科学者体質、出不精の風呂入らずの残女ですからねえ。本人がたびたび風呂に入っていない日数を語っているあたり、間違いなく臭いだろうし……。俺、そういうフェチじゃないですよ。

 ・用心棒

 ルーシーと対峙することを避けようとした能宗だったが、結局は出来なかった。
 後に用心棒が女性であることが発覚するけど、実はリアルタイムで読んでいた時は気付かなかった。だけど、ネット界隈じゃあ女であることをみんな気付いていたからな。とても恥ずかしかったのはいい思い出です。初登場時から、声が変わっているねと指摘されているのに。
 しかし、角沢長官が腕は保障しようと言っているが、どのくらいの腕前があるのだろうか?比較はしようがないが、坂東と比べたいものである。

 ・荒川とコウタ

 気を取り直して、コウタと荒川はにゅうについての話をする。
 相変わらずというか、荒川は敵側の立場だというのに緊張感がないのがたまらない。ノーパンであることを履き忘れていただけと無茶な言い訳をしたり、コウタが語っているサングラスの男は坂東なのに、荒川は帽子の男だと勘違いしたり。この緊張感のない緊急事態、いかにも岡本倫らしくて好きだ。
 その一方で、コウタは「何もせずに自分は無力だと決め込んで――何かをあきらめたりしないって」とは言ったいいけど、ここから先のコウタのやったことなんて、ルーシーを射殺することぐらいですよ?極黒のブリュンヒルデの良太みたいに、魔女というディクロニウスに匹敵する危ない存在を匿いながらも有言実行する男ならともかく、コウタはエロゲ主人公で終わっちゃうからなあ……。コウタよ、もっと頑張れ。

 ・何かの声

 図らずもナナから衝撃的な真実を聞き、精神的に追い詰められたにゅう。そこで聞こえたのは、DNAの声だった。
 作中ではにゅうはDNAの声の命令には従わなかったが、にゅうもルーシーと同じように従って、殺戮衝動に駆り出ていたらどうなっていたのだろうか?もし、従っていたらもっと凄惨な結末になっていたのかもしれない。

 ・尾行

 9巻164ページの荒川さん。荒川さんの出ているコマで一番好きなシーンです。
 ちなみにこの時の荒川さんは、白衣の下は裸です。通報されなかったのが不思議なくらいだし、雪も降っているのに……。こんな子を育てた親の顔が見てみたい(荒川の母親は回想に出ているが、顔は描かれていない)。

 〇まとめ

 コウタが覚悟を決めた一方で、知らぬところで色々と話の進んだ回。
 本当ならばコウタがここで自己表明したとおりになってくれたら様になったが、この後は……。

 今読んでも面白いエルフェンリート
 さて、明日はヤングジャンプ発売日。しかし、極黒のブリュンヒルデの休載日。ということで、何か別の事をしようと思うが、どうしたことか……。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | エルフェンリート | コメント:0 | トラックバック:0
<<癖のある人物。 | 黒のノエル。 | 疲労の困憊。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。