現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
旅行の代償。
2015-05-07 Thu 20:53
 2週間ぶりの極黒のブリュンヒルデだー!!

 たん成分が補給できて大満足な蔵間マリコです。
 さてさてさて、木曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよー。週刊ヤングジャンプ連載の岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』の感想のコーナーを。
 いや~、2週間ぶりに極黒のブリュンヒルデを読めるって幸せですねえ。いや、地方民なのでGW明けは何故か月曜日にヤンジャンが発売していたので、きっちり2週間ぶりというわけじゃないんですけどね。ただ、基本的には木曜日解禁が基本だからな。関東圏内より一足早く読めるのは嬉しいですけど、ここはグッと我慢。それが漫画読みとしての基本です。
 とまあ、前座はこれぐらいにして、そろそろ本題へと入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが苦手だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 今週の極黒のブリュンヒルデ第143話『大舞台に…』が掲載されましたが、まさに高屋と初菜ちゃんの独壇場ともいえる内容でしたねえ。ストーリーこそは大きく動かなかったものの、たんならではのギャグが炸裂。そして、高屋と初菜ちゃんの魅力が爆発。まさにそんな内容でしたね。
 さて、前回のラストから一夜。今回は唐突もなく修学旅行の話からスタート。石垣島が修学旅行先あたり、取材費と称して石垣島に旅行をしたなという邪推はともかく、のっけから3人の反応が面白いですねえ。石垣島がどんな場所かを知るや否や大喜びしたり、海の風景がプリントされたパンフレット見ただけで寧子が涙したり、予算が足りないことに気付いて三人が白眼剥いたりと。特に寧子は、あまり感情を表に出さないだけあって、こういう場面は好きだ。やはり女の子は、感情表現豊かじゃないとね。
 ただ、修学旅行をするにしても、柏木さんの件でちょっとありそうな気がする。確かに柏木リサのガソリンオイル焼きトラックをぶつけてからの初菜ちゃんが再生で怪我を治したとは言っていたけど、不自然じゃない程度だからねえ。顔の火傷はともかく、火傷の跡とかが残っていそうだ。それがコンプレックスになって……、みたいな展開にはなるそうだ。
 とまあ、金の工面に困った魔女3人。そこで思いついたのが、どうしておっぱい揉み1回1000円。いやいやいや、どうやったらそんなアイデアが思いつく?しかも、貧乳のカズミが発案者だし。そして、白けた顔の良太がカズミに殴られて、寧子が破廉恥なことを理解していないまでがワンセット。カズミのオッパイはともかく、1000円で貧乳をもめるのなら最高です!!できれば、マリコたんのおっぱい!!巨乳なら小鳥ちゃん!!
 そんなピンチに現れたのが、みんな大好き高屋くん。そのおっぱい揉みを条件に修学旅行の旅費を工面(お年玉貯金という点が怪しいが)してくれるようだ。それも初菜ちゃんのおっぱい1揉み1万円という大盤振る舞いで。流石は変態(ストーカー)、愛する初菜ちゃんを助けるために大金を出すとは。
 しかし、初菜ちゃんがそんなの許すわけがない。初菜ちゃんの必死の抵抗から話が大きくなっていく。値段が付く間に揉ませておけと命令するカズミ、相変わらず胸を揉まれる事の意味が分からない寧子、そんな良太を中二病呼ばわりし、寧子を根暗女、カズミを貧乳ビッチと罵る高屋。ワケが分からない、一体この2ページで何があったのかワケが分からないよ……。
 そして、初菜ちゃんが出した答えはおっぱい24揉みの許可。もうこっから先はエロいはずなのに、ただただ笑い転げてましたよ。ぽよんとしたおっぱいを高屋はひたすらひたすら揉む。どんな顔で揉んでいるのかは分からないが、初菜ちゃんはおっぱいをパンの生地のように揉まれるあまりに気持ち良すぎて、顔を真っ赤にしながら蕩け、体中からは汗を流し、体が震える。その果ては、イキ顔の初菜ちゃんがソファーでぐったりと。欲を言えば、初菜ちゃんのアヘ顔を見たかったし、このまま初菜ちゃんの貞操を狙えば完璧だったが、股からあの液が出ているしここまでやれば合格としよう。
 と、ここまでエロギャグがひたすら続いた今週の極黒のブリュンヒルデ。しかし、これで終わらないのが極黒のブリュンヒルデ。最後のページで喫茶マーメイドに現れたのは、佳奈姉と髭の男。ニアミスこそしたものの、面識が全くない二人。ここで何が起こるのだろうか?それとも何も起こらずに終わるのだろうか?ちょっと気になるラストである。

 高屋と初菜のエロ押しで大満足な極黒のブリュンヒルデ
 さて、来週は残念ながら休載。単行本の加筆修正作業には少し早いから、君は淫らな僕の女王のネーム作業かもしれない。どちらにしても、今月は少し辛い月になりそうだ。

 極黒のブリュンヒルデ第143話の評価

 満足度 ☆☆☆☆☆
 ギャグ度 ☆☆☆☆☆
 エロ度 ☆☆☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:2 | トラックバック:0
<<不思議な出会いと出来事。 | 黒のノエル。 | 絶対的な服従。>>
この記事のコメント
ごめんなさい、昔からそういうことを言われないと全く分からない人間でして。
今後はブロックできるように一文入れるなり、止めるなり考えます。
迷惑をかけて大変申し訳ございませんでした。

追記
間違えて消してしまいました。
重ね重ね申し訳ございませんでした。
2015-05-09 Sat 10:47 | URL | 蔵間マリコ #-[ 内容変更]
我輩はクラマリさんの味方だ。
我輩はクラマリさんの味方だ。
宇宙がクラマリさんの敵になっても我輩はクラマリさんに味方するだろう。
2015-05-09 Sat 10:51 | URL | 鎮死剤から #O7II69Xo[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。