現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
荒波を超えて。
2015-05-02 Sat 20:39
  2015y05m01d_233621535.jpg

 某日。
 提督たちに向けて、重大作戦が発令した。
 作戦名は、『発令!第十一号作戦』。西方海域の深海棲艦を駆逐し、海域を解放する作戦である。
 ここしばらくは深海棲艦の動向も穏やかであったが、一気呵成に乗り出したようだ。
 我が鎮守府は、もてる限りの艦娘と資源を持ってして、敵戦力を打倒する。

  2015y04m28d_215316828.jpg
  2015y04m28d_222505082.jpg
  2015y04m29d_000242230.jpg

 E-1(甲)『発動準備、第十一号作戦!

 カレー洋解放に向けての前哨戦。偵察を行う。
 敵戦力も哨戒部隊のためか、こちらも天龍型と睦月型の旧型の艦娘を主力した艦隊で進軍する。
 「天龍様の攻撃だ!うっしゃぁっ!」、旧型ながらも練度も士気も高い艦娘たちは進軍ルートに立ちはだかる深海棲艦をなぎ払い、敵本隊に接触。
 しかし、深海棲艦も黙っていない。被害甚大であることを知ってか、軽巡棲鬼を援軍として送り込む。並の軽巡クラスの深海棲艦と比べ物にならない頑丈さを誇る軽巡棲鬼。しかし、「お願い! 当たってください!」、吹雪改二の痛烈な一撃が敵旗艦を撃破、増援の軽巡棲鬼も撃破に成功する。

  2015y04m29d_082825703.jpg
  2015y04m29d_082830372.jpg
  2015y04m29d_091505786.jpg
  2015y04m29d_091507569.jpg
  2015y04m29d_091642401.jpg
  2015y04m29d_091754474.jpg

 E-2(甲)『第二次カレー洋作戦

 幸先のいいスタートを果たした艦娘たちは、カレー洋の制海権を奪取するために連合艦隊で挑む。
 「山城、遅れないで。出撃よ」、扶桑型、妙高型、千歳型を主体とした水上打撃部隊は、深海棲艦と交戦する。重巡ネ級elite、戦艦ル級改flagship、空母ヲ級flagshipといった最新鋭の深海棲艦の妨害により、数度の撤退を余儀なくされるが、敵本隊を発見する。
 敵旗艦は、装甲空母姫。侵攻ルートの深海棲艦に比べるといささか型遅れであるが、それでも姫。痛烈な一撃を幾度も放つ。だが、「夾叉(きょうさ)か……次は直撃させる!」、那智改二の主砲が火を吹き、目標を沈黙させることに成功する。
 これにより、カレー洋の制海権を奪取に成功、行方不明となっていた葛城とも邂逅を果たす。

  2015y04m29d_095935314.jpg
  2015y04m29d_122058173.jpg
  2015y04m29d_122202250.jpg
  2015y04m29d_101138097.jpg

 E-3(甲)『ベーグル湾通商破壊戦

 カレー洋に仮設拠点を立てた艦娘たちは、二手に分かれて深海棲艦に攻撃を仕掛ける。先遣隊は、通商破壊作戦を行う。
 「Guten Tag.私はビスマルク型戦艦のネームシップ、ビスマルク。よおく覚えておくのよ。」、日本の艦娘たちはかの国から派遣された艦娘、Bismarck dreiとPrinz Eugen改とともに通商破壊作戦を実行、軽巡棲鬼や軽空ヌ級flagshipといった戦力と交戦。しかし、士気高揚のかの国の艦娘たちにはさしたる問題はなかった。
 「Feuer! Feuer!」、作戦から数時間後、ベーグル湾内の深海棲艦輸送部隊の殲滅に成功。作戦成功の通信を送る。通商破壊艦隊は仮設拠点へと帰還する。その際、深海棲艦と交戦し、行方不明となっていたはずの高波を救助に成功する。

  2015y04m29d_132107278.jpg
  2015y04m29d_132111119.jpg
  2015y04m29d_141444276.jpg
  2015y04m29d_141458589.jpg
  2015y04m29d_185415871.jpg
  2015y04m29d_191824386.jpg
  2015y04m29d_192035400.jpg

 E-4(甲)『決戦!リランカ島攻略作戦

 通商破壊に成功した連絡が送られたと同時に、リランカ島攻略部隊が作戦を開始する。火力を重視した水上打撃部隊、制空権は大鳳とあきつ丸、対空砲火は摩耶改二、打撃は金剛型3隻で行う。
 しかし、深海棲艦たちの仕掛けた罠に嵌ってしまう。「これでは、将校殿にも提督殿にも、顔向けできない…!」、通信を解読したのか深海棲艦たちは水上打撃部隊に戦艦ル級flagshipをはじめとした大戦力を投入され、甚大な被害を被る。
 翌日、艦娘たちは空母機動部隊へと再編成を行い、敵拠点へと攻撃を再開する。幸い、空母戦力には対応していないらしく、悠々と敵布陣を突き抜け、目標の港湾水鬼と交戦する。港湾水鬼の猛攻が艦娘たちにダメージを与える。だが、「計算どおりです!」、艦娘たちのブレインである大淀改の機知により、拠点沈黙に成功する。そして、捕らわれていたパスタの国の艦娘Littorioを救出する。

  2015y04m30d_171633181.jpg
  2015y04m30d_182824032.jpg
  2015y04m30d_182840648.jpg
  2015y04m30d_182902474.jpg
  2015y04m30d_184846190.jpg

 E-5(甲)『アンズ環礁泊地攻撃作戦

 敵拠点破壊に成功した艦娘たちは、アンズ環礁に深海棲艦の隠し基地があるという情報を入手。仮設拠点で待機する一線級の艦娘たちで攻撃を行う。
 「よぉ~し!伊401の華麗な戦い、始めちゃうよ!」、隠し基地ということで敵戦力も最小限、しかしながら強敵揃い。それに対して、我が鎮守府の艦娘たちは伊401改を囮にし、被害を最小限に抑えながら敵拠点を目指す。
 そして辿り着いた敵拠点、泊地水鬼との猛攻が繰り広げられる。一撃で中・大破になりかねないイナゴのような爆撃、生半可の攻撃の通らない堅牢な守り。弱点である三式弾を砲火しつつ、敵拠点の戦力を削っていく。一撃で落ちないのなら、二撃。二撃で足りないのならば、三撃と。
 「敵艦発見!全砲門、開け!」、激闘の果ては陸奥改の一撃だった。度重なる攻撃で疲弊しきった泊地水鬼に、三式弾を直撃させる。致命的なダメージを受けた泊地水鬼は断末魔をあげ、赤く暗い水底へと沈む。これにより、隠し基地の脅威が取り除かれ、深海棲艦総司令部への攻撃が可能となった。

  2015y05m01d_211706052.jpg
  2015y05m01d_211710369.jpg
  2015y05m01d_233204997.jpg
  2015y05m01d_231136023.jpg
  2015y05m01d_214316315.jpg
  2015y05m01d_233410457.jpg
  2015y05m01d_233429801.jpg
  2015y05m01d_233542148.jpg

 E-6(甲)『打通作戦!ステビア海を越えて

 本作戦の最終段階を迎えた艦娘たちは、急遽練度を上げたLittrlio改めItalia、かの国から派遣されたBismarck dreiを含めた最大戦力の連合艦隊で、敵旗艦の戦艦水鬼への攻撃を仕掛ける。
 最終段階とあって、深海棲艦も出し惜しみをしない。戦艦水鬼ほどではないが一撃必死の砲撃を放つ戦艦棲姫、空を覆うほどの航空戦力を誇る空母棲姫。少し油断をすれば、即座撤退を免れない。だが、「私たちの力お見せします!!」、幾度とない難所を乗り越えた名だたる艦娘たちはそれを跳ね除け、戦艦水鬼を発見、戦闘を行う。
 前作戦ほどの脅威はないものの、空母棲姫を同時に相手にすることは困難を極める。艤装が傷つき、艦娘も負傷する。それでも艦娘たちは諦めない。ここで諦めれば、人類の未来が閉ざされるからだ。
 そして、何時間戦闘が続いたのだろうか?「敵艦捕捉、全主砲薙ぎ払え!」、「この武蔵の主砲、伊達ではないぜ」、「鎧袖一触よ。心配いらないわ」、「ソロモンの悪夢、見せてあげる!!」、猛攻に次ぐ猛攻が戦艦水鬼に襲いかかり、ついに撃破することに成功した。
 これにより、西方海域の深海棲艦の脅威を一時的ながらも排除し、海外との連絡線の回復するに至ったのである。そして、帰還後には新たなる艦娘、秋津州の出迎えとステビア海でのRoma探索の任務であった。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 趣味人の日記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<食と花の祭り。 | 黒のノエル。 | 物語の思い返し。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。