現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
数々の失敗。
2015-04-27 Mon 20:49

 ちょっと今回は反省会でも。

 たまには冷静になって自己分析したい蔵間マリコです。
 さてと今日は月曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよ~。貧乏高校生の夏目大和とネコ耳宇宙人のデュタ、ミミとミューナとの共同生活を書いたオリジナルのSFファンタジーライトノベル『彼女たちの極秘事項(トップシークレット)』を。
 というのは日曜日でして、今日はちょっと一連の流れである第10話から第12話までの反省会でもしたいと思います。いやまあ、ネタがないという実情もありますけど、こういうところで書いておくと一つの戒めになりますからね。まあ、それを忘れていたら駄目ですが。
 ぶっちゃけた話、今回の記事はいつも以上の自己満足記事です。ですが、それでも読んでくれると非常に有り難いです。それでは、今回もどうぞ。
 〇第10話について

 第10話は妙と大和のデートと隠された秘密の暴露、謎の少女・クラリモンド・ヴァーニィとの出会い、アン・R・レオンクール(アリス)としての再会。
 全体を見る限りでは、妙が自らを橘町を守護する妖狐であることを暴露したシーンがどうにも繋がらないというか。多分、この後のアリスとの出来事が話のメインになってしまっていることが原因なのかもしれない。ただ、個人的には物語を進めるに置いて妖狐の件もアリスの件も絶対に外せないんですよ。物語の真相に大きく影響する場面なので。取捨選択が下手なのかもしれない。
 あとは、ラストの再会の仕方が上手くないというか、なんかちょっとしっくりこない。どうすれば良いのかと困るけど。ただ、書き直したい部分の一つである。
 良かった点に関しては、大和が見た夢と妙の過去の一人語り。ここは、物語の特に重要な部分だから力を入れたし、まあまあ満足している。

 〇第11話

 妙のライブコンサート参加と特訓、蠢く陰謀、学園祭デート、妙とアリスの誘拐。
 この場面も全体的にバランスが悪いと言わざるえない。妙がライブコンサートに参加する以上は、その特訓風景を書くべきだとは今では思っているんですけど、そこをバッサリカットしていますからねえ。その場面があると第12話のライブコンサートの説得力が初めて出るのに……。
 その一方で、ミューナたちのコスプレの場面はそれなりに書けたと思う。いかにも華やかさが出ているし、彼女たちの極秘事項(トップシークレット)の世界観を支えるもの一つである聖大天使(アークエンジェル)みんとの説明をしっかり入れることが出来ましたし。あとは、デュタの怯えようなんかもそこそこ出来たんじゃないかな?

 〇第12話

 デュタの誘拐犯との対決、帰還、アンジェリカのライブコンサート、アリスとの別れ。
 第12話の問題点は、戦闘描写とライブ曲とアンジェリカのメンバーの秘密。ライブ曲の件に関しては場数をこなすしかないが、戦闘シーンはちょっと酷過ぎる。デュタと敵がどんなアクションをしているのかが分かりにくいし、躍動感とかもイマイチだし、格闘の描写が映えない。第3話のヴァンVSデュタの場面はそれなりのものだったが、今回はねえ……。
 秘密の暴露に関しては、前回書いたように伏線の不足。これも特訓の場面動揺にちゃんと書けば良かったと後悔している。

 〇橘妙について

 第10話から第12話で謎が明らかになった妙だけど、先でも書いているように過去の暴露は悪くないし、ライブ以外の場面での活躍もちゃんと書けたと思う。ただ、中盤以降はどうも神秘性とは無縁というのがどうにも。アイドルと絡ませたというのもあるかもしれないが、もっと魅せ方があったかもしれない。

 〇アリスについて

 第10話から第12話のゲスト的存在だけど、彼女の設定は苦労しました。最初は、吸血鬼という設定で話を考えていたのだけど、それだとありきたりということで人狼ということにしました。ちょっと無理があると思ったけど、吸血鬼も人狼も共通点がありますからね。そこを上手く利用しました。
 ただ、替え玉の描写はもっと上手く書けたはず。

 〇謎の襲撃者について

 これも寸前まで悩みましたね。あえて生かして後の展開に役立たせるか、あるいはここで退場させてヴァンのキャラ造詣に一役立たせるか。結局は後者を選びましたが、どっちが正解だとは思えない。
 あと、戦闘描写がやはり微妙。

 〇まとめ

 もっと頑張りましょう。

 とりあえず、これが今回の反省点。
 第13話以降はこの失敗点を生かして、少しでも良い物を作れるようになりたい。なかなかそれが結果に繋がらないかもしれませんが、これからも彼女たちの極秘事項(トップシークレット)をよろしくお願いします!!

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 彼女たちの極秘事項(トップシークレット) | コメント:0 | トラックバック:0
<<過ぎ去る時間。 | 黒のノエル。 | 別れの手向け。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。