現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
大人の世界。
2015-04-20 Mon 21:16

      朝日珈琲サロン胡町店001

 雨の日は美味しいコーヒーとお菓子でも。

 雨は、仕事の大敵である蔵間マリコです。
 いや~、本当に雨の日って辛いですよねえ。建物内での仕事とかならともかく、外で働いている人には大きな影響を与えるのですから。特に自分のような交通警備とかの仕事は、契約先が工事現場とかですから雨だと駄目という日が多いからな。そういう日の事務所の掃除とか書類の整理とか仕事は楽だけど、給料に響くのは辛い。ホント、雨が降るならもっと時間を考えて降れ!!
 とまあ、ちょっと鬱屈な気分になってしまいましたが、そんな重たい気分を解消するためにも今日はティータイムに美味しいものを食べに行きました。今回行ったお店は、中区胡町の創業65年の老舗純喫茶店『朝日珈琲サロン胡町店』。広島市内でも有名な純喫茶の一つである。

      朝日珈琲サロン胡町店002

 いや~、純喫茶というタイプの喫茶店には一度行って見たかったんですよねえ。今まで紹介したお店は、若者向けだったり、比較的大衆向けのお店がメインでしたけど、純喫茶という昭和感と大人の雰囲気漂うお店というのには一度も行って見たことが無くてね。ですから、この機会に一度行ってみました。まあ、こういうのには慣れておくのも重要だしね。

      朝日珈琲サロン胡町店003

 しかし、実際に行って見ると、自分が場違いな人間だという雰囲気に圧倒される。モダンでお洒落なテーブルやライト、流行りものなどではなく心を落ち着かせるクラッシク音楽、そしてそれに相応しい店員。客も仕事の交渉か何をしているサラリーマンとか、新聞紙を読みながら珈琲を嗜む老人といった年齢層がいつも行くようなお店よりも一回りも二回りも高く、自分がちょっと場違いな人間じゃないかと錯覚するほどでした。ああ、これが純喫茶という空気か……。

  朝日珈琲サロン胡町店004

 そんなちょっとドギマギした気分で頼んだのが、苺とマスカルポーネクリームサンドのアイスコーヒーセット(850円)。他にもシフォンケーキとか、ケーキセットとかあったけど、今回はサンドイッチが食べたい気分だったので。
 で、肝心の味はどうかというと、これがもう本当に美味いのなんの。食パンのふんわりとした食感と小麦のいい香り、旬のイチゴの甘くてジューシーでフルーティーな味もいいが、驚くべきはマスカルポーネ。生クリームのように滑らかでいながらも重たくなく、練乳のような甘さがありつつもくどい味じゃない。クリームチーズでサンドイッチを作ったことはあるけど、ここまで美味くはできない。こんなに美味しいフルーツサンドを食べたことがあっただろうか?
 そして、喫茶店ということもあって、アイスコーヒーも美味しい。口の中で広がる甘さとほろ苦さと香り。月並みなのことしか言えないけど、やはりこういうしっかりしたお店で飲むコーヒーは全然違う。本当に老舗である所以も納得のいく美味さである。

 老舗の味と雰囲気を堪能できた朝日珈琲サロン胡町店。
 やっぱり、純喫茶は自分には不釣合いなのかもしれない。こういうお店は品格漂う大人が行く店だろうなあ。自分があと10年ぐらい経ったら、こういう店が釣り合うようになってくるのかもしれない。大人の世界って難しいものである。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 個食のグルメ | コメント:0 | トラックバック:0
<<邪悪な研究。 | 黒のノエル。 | 天使の歌声。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。