現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
明かされてはいけない真実。
2015-04-09 Thu 21:03

 今週でアニメ1周年!!

 先の読めない展開に酔いしれている蔵間マリコです。
 さてと木曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよ~。週刊ヤングジャンプで絶賛連載中の岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』の感想のコーナーを。
 今週で第140話と最長連載のノノノノの記録も越しそうな今日この頃ですが、今週は寧子のように忘れちゃいけないことがあります。実は、TVアニメ版極黒のブリュンヒルデ放送1周年なんですよねー!!
 いや~、ほんの少し前のことだと思いきや、結構な時間が経っていたとは驚きですよ。TVアニメが放送開始された時の興奮は今でも覚えていますから。話の流れは分かっているのに、動いたり喋ったりするところを見ただけでもワクワクしていましたし、原作との差異を楽しんだりと本当に最高でしたよ。まあ、終盤がとても残念なことになったのも記憶に残っていますが、それでもいちファンとしてはアニメが良かったと思っています。まあ、絶対にないとは思うけどアニメ2期も期待したいですね。あと、最新コミックス13巻の表紙は初菜ちゃんなのでお忘れなく。
 とまあ、前置きが少し長くなってしまいました。そろそろ本題へと入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。それが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 今週の極黒のブリュンヒルデ第140話『私が知るすべて』が掲載されましたが、色々とサプライズの多い回でしたねえ。本当に久しぶりなキャラクターから、まさかまさかのあの人の再登場までとビックリの連続。それでいながらも、それだけに力を入れずにラストでそれ以上に強烈な展開をぶっこむ。ホント、極黒のブリュンヒルデって凄い!!
 さて、前回のラストでよく分からないまま告白宣言をした寧子。その結果、言うまでもなく大荒れ。カズミはわなわなと震え、柏木さんは怪訝な顔をし、クラスメイトたちに衝撃が走る。まあ、そりゃあそうだよな。カズミはようやく良太を振り向かせたと思いきや、いきなりこれですから。カズミが裏で胃薬を飲んでいそうだ。それと、そこのクラスメイト。良太は天文学部にいるからモテるんじゃなくて、行動が伴っているからモテるんですよ。少なくともあんたらじゃあ、第1章で匙を投げるかヴィンガルフに拉致られるか殺害されるかの三択ですから。
 ただ、寧子で寧子で全くの考え無しではなかったのは良かった。本人は忘れているとはいえ、忘れちゃいけないノートの好きの部分じゃなくて、『この気持ちだけは絶対に忘れたくない!!』という部分が引っかかっていたわけですから。それにカズミが付き合っていたことをここでようやく知ったのですから、今までのような頓珍漢は減るだろうし。まあ、アプローチの仕方が最悪ですが。
 と、修羅場が始まりそうなところにナイスタイミングで高屋が登場。高屋が良太に話を聞きたいと別の場所に移ろうとした時、意外な人物が現れる。鷹鳥小鳥が好きな下級生の平野が。
 これにはビックリしましたよ。まさか番外編のキャラがこんなところで現れるとは。しかも、今も小鳥ちゃんのことが好きだなんて。良太が上手く誤魔化したから真相を知らぬまま去ったけど、小鳥ちゃんが死んだ、それも良太の手によって殺されたことを知ったらどう思うだろうか?そして、平野とのやり取りを眺めていた奈波は何を思っていたのだろうか?
 しかし、良太も相当苦悩していることが窺える。小鳥ちゃんは世界で一番幸せと言っていたにもかかわらず、良太本人は「バカな!!そんなことを慰めにしなくちゃいけないほど小鳥は不幸だったってことじゃないか」と独白しているし、魔女たちに負担をかけたくないから魔女の存在を公にしたくないけど、かといってヴィンガルフをどうにかしたいわけでもない。良太よ、どこかで均衡を崩さないと絶対に破綻をきたすぞ。
 そして、良太たちとは別のところで小五郎が知人の秋山と話していた。宇宙人の受精卵、それを公表したことによってのもたらされる影響、出自のでっち上げ、偉人としての記述の秒読み。元ネタが某アニメじゃないの眼鏡デブだから腹の立つ顔だけど、言っていることが欲にまみれていて腹が立つ腹が立つ。マジでこんなやつ地獄へ落ちろと。
 しかし、最後のページであまりにも衝撃的な展開が。ここでは敢えて語らないけど、どうするのよ小五郎!?

 サプライズと超展開がたまらない極黒のブリュンヒルデ
 色々と凄い展開になったけど、どうやって話を進めるのだろうか?このまま何事もなく進むワケがないし……。本当に大変なことになってきたぞ……。

 極黒のブリュンヒルデ第140話の評価

 満足度 ☆☆☆☆☆
 SF度 ☆☆
 衝撃度 ☆☆☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:0 | トラックバック:0
<<訪れる睡魔。 | 黒のノエル。 | 死闘の行方。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。