現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
引き返すことの出来ない道。
2015-04-02 Thu 20:52

 いやっほー、2週間ぶりだー!!

 恋もSFもバイオレンスもカルタシスも重要だと思う蔵間マリコです。
 さてと木曜日ですので、いつものコーナーに入りますよ~。週刊ヤングジャンプで絶賛連載中の岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』の感想を。
 いや~、2週間ぶりの極黒のブリュンヒルデはたまらないですねえ。前回はキリのいい所で終わったことと、君は淫らな僕の女王の特別編があったからまだ良かったけど、それでも2週間空くとなるとかなり辛いですからねえ。頭痛、吐き気、悪寒、胃痛とまるで風邪に罹ったかのようになるほどの症状が出ますから。まあ、これは冗談にしても、今週の月曜から水曜まで風邪でダウンしたのは事実ですが。
 まあ、それはともかくとして、そろそろ本題へと入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 今週の極黒のブリュンヒルデ第139話『好きになる意志』が掲載されましたが、これまたややこしい展開になりましたねえ。第9章の恋愛沙汰がこれでようやく終わったと思いきや、更なる波乱が待ち構える。だけど、こういう展開も悪くない!!この拗らせっぷりが、物語の核心にどう響くのやら。
 まず、本編に入る前に語りたいことが2つ。ひとつは単行本発売前の恒例のセンターカラーですけど、カズミちゃん、もしかしてパンツはいていない!?足で見えないから分からないけど、なんかそんな感じだし。ただ前回のカズミのカラーに比べると、そこまで扇情的じゃないけど落ち着いていて嫌いじゃない。前のカラーは、カズミが良太の写真を舐めているからねえ。流石にやりすぎや。まあ、昴はそれがデフォですが。
 そしてもうひとつは、今までのおさらいという名の恋のダービー!!なんだけど、どうして小鳥ちゃんが入ってないんや!!小鳥ちゃん良太にイジェクトされたけど、小鳥ちゃんはきっと終盤になって帰ってくるはずだから!!そして、小鳥ちゃんが良太のハートを射止めるから!!そういってくださいよ!!お願いですよ、倫たん!!
 しかし、こういうおさらいが毎週あったらいいなあと思う所存であります。東京喰種だって、嘘喰いだってやっているんだからさ。極黒のブリュンヒルデも毎週読んでいないとよく分からない部分が多いですし。
 さて、本編以外についてはこれぐらいにして、そろそろ本編の感想を書かせてもらおう。結局、寧子からスパーンスパーンのところだけ聞いてまた妙なことを起こさないかと思いきや、ちゃんと調べたんですね。まあ、良太の迂闊な行動と食い違いから発生した問題だからな。同じ轍は2度も踏まないか。
 だけど、カズミの強がりを見ているとこっちもちょっと辛い。良太にとって、心の中心にいるのはカズミじゃなくて寧子。だから、どんなに積極的にアピールしても勝てるわけがない。それを自ら引いて、良太に見られないように泣くなんて。それでいながらも、良太が追ってくれないかと期待しているあたり諦めきれなさもあって。この微妙な心のバランスが、いかにも恋する乙女という感じがしていいな。
 まあ、その後は前回のラストに繋がる。しかし、良太があそこまでして引きとめた以上は、もう戻ることの出来ないところまで進んでしまったという感じがするな。これで再び寧子の方に靡いたらどうしようもないぞ。
 そして、良太はどうしてカズミの処女を奪わない!!カズミがいう朝チュンは本人が言うものでもないけどさあ、もう戻ることの出来ないところまで進んでしまったのだからさあ、カズミの考えを汲み取ってやろうや。良太のち○こは、三玉潰しでも喰らって不能になったのか!?それとも、お前は女なのか(そっくりさんはいますけど)!?
 で、ここまでで終われば良かったけど、寧子がねえ……。なんでいきなり「あなたを好きになる努力をしてみようと思う」なんて言い始めるんや!?忘れちゃいけないノートを読んで色々とやらかしたのは分かるけどさあ、寧子さん、あなたは自分自身の考えというものはないんでしょうか?流石に鵜呑みにしすぎだし、心変わりしすぎや!!

 一段落ついたと思ったら、新たな波乱が待ち構えていた極黒のブリュンヒルデ
 色恋沙汰もこれから大変になりそうだし、ヴィンガルフもヘクセンヤクトもそろそろ動きそうだし、どうなることやら。まあこれだけは言っておこう。恋愛レースに勝つのは小鳥ちゃんです!!

 極黒のブリュンヒルデ第139話の評価

 満足度 ☆☆☆☆
 SF度 ☆
 恋愛度 ☆☆☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:0 | トラックバック:0
<<思わぬ出費。 | 黒のノエル。 | 重大な発表。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。