現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
酒と鉄板と。
2015-03-28 Sat 23:46

      おこのみ魂 悟空001

 たまには昼から酒が飲みたい!!

 お好み焼きもビールも大好きな蔵間マリコです。
 今日は市内にちょっとワケあって出ていました。まあ、単刀直入に言うと不良品の交換をね。自分が買ったお手軽燻製セットがちょっと説明書が入っていなかったんですよ。たまたま入っていなかったのか、中身を盗まれていたのかは分かりませんけど、中身を開けたらビックリしまして。今日は軍艦の模型を組み立てたかったけど、これに時間を潰されたのは本当に残念でしたよ。ちなみに燻製セットを買った理由は、酒のつまみを作りたいなあと思いまして。まあ、気まぐれですよ。
 と、少し残念なことに時間を潰してしまいましたが、その発奮の意味合いも籠めて、今日はちょっと気になっていたお好み焼屋へ行きました。そのお店は、中区八丁堀にあるお好み焼屋『おこのみ魂 悟空』というお店です。
 自分は地元に好きなお好み焼屋はあるけど、こうやってお気に入り以外の店に行くのも楽しいんですよねえ。一口に言ってもお好み焼も店によって味もこだわりも違う。当たり外れもあるけど、そのあたりの店を見つけた時の喜びはひとしお。今回行ったおこのみ魂 悟空は気になっていたけど、今まで行く機会がなくて気になっていたんですよね。ですから、この機会に行ってみました。

      おこのみ魂 悟空002

 さて、お店に入ってみるとまず目に付くのが内装。見た目からしていかにもお好み焼屋というような雰囲気ではなく、少しお洒落な鉄板焼き屋という印象を受ける。全体的に黒を基調とし、どこか落ち着いた雰囲気。老舗のお好み焼屋とは対照的なデザインである。
 それとお客も結構層が分かりやすい。ファミリー客とかそういった人たちよりもサラリーマンとか、OLといったような人たちが多い。そして、大半の人はお酒を飲んでいる。お店の位置がビジネス街というのもあるけど、本当に居酒屋とかそういったものに近いかもしれない。

           おこのみ魂 悟空003

 さて、自分は周りの客に合わせて、ビールセット(1450円)を注文した。お好み焼と鉄板焼き一品に、ビールがついてくるというものである。まさに晩酌セット。
 ひとまず先にビールを出してもらったけど、やっぱりこれが美味しい。大人だからこそ、ビールの旨味というものが分かるんですよ!!この一杯のために生きている!!

      おこのみ魂 悟空005

 砂ずりの鉄板焼き。千切りキャベツも付いてきます。
 砂ずりは焼き鳥でも大好きですけど、鉄板焼きでもいいですよねえ。あのコリコリ食感と噛み締めれば滲み出る美味しさ。ホルモンというと一般的に癖が強いけど、砂ずりは癖が少ないからこそ鶏のホルモンの中でも光ってくる。
 しかし、それ以上に美味しいのが千切りキャベツ。塩とタレがかかったシンプルなものなんだけど、これが美味いのなんの。新鮮なキャベツの味を、塩と油たっぷりのタレが味を引き立たせてくれる。更にそこの部分は若干火が通っているから、ただの千切りキャベツとは違う美味しいさがある。これは家じゃあ再現できない味だ!!

           おこのみ魂 悟空004

 ビールを飲んでテンションがあがったのか、チンジャ(300円)も頼みました。
 チャンジャは鱈の胃の漬物だけど、ご飯やビールとの相性は最高なんですよねえ。チャンジャ特有の辛さと食感と旨味。好き嫌い分かれるが、自分は好きなおつまみの一つである。

      おこのみ魂 悟空006
           おこのみ魂 悟空007

 そして、メインディッシュのお好み焼。
 一般的な広島風お好み焼に比べると少々時間がかかったが、それは他の広島風お好み焼と差別化された味を出すため。蒸し焼きによって圧縮された野菜の味は他の広島風お好み焼以上だし、かといって野菜が焦げ付いているわけじゃないから嫌な味になっていない。そして、お好み焼きソースが野菜の味を上手く引き立たせている。広島風お好み焼はお好み焼ソース一辺倒の味になりがちだが、ここのお好み焼は絶妙なバランスで成立している。
 それと、ここのお好み焼の面白い点は麺が非常に細いという点。普通は焼きそばの麺を使うのだが、ここの店の麺は素麺かと思わせるほどに細い。焼きそば特有の小麦粉の味はせず、代わりにツルツルののどごしの良さが体験できる。きっとこの麺に辿りつくまでに相当な試行錯誤があったのかもしれない。

 昼からお酒を飲みながらお好み焼を食べるのにはピッタリなおこのみ魂 悟空。
 広島風お好み焼は大好きな食べ物だけど、今回でまたお好み焼の魅力をまた一つ知ったのかもしれない。もし、昼にビールを飲みながらお好み焼を食べたいと思ったら、また行ってみたいものである。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 個食のグルメ | コメント:0 | トラックバック:0
<<長き夜の終わり。 | 黒のノエル。 | 光と煙。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。