現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
近くて遠い場所。
2015-03-23 Mon 20:41

            三次市観光ポスター 宇河弘樹

 たまには一人で小旅行をしたいものだ。

 ちょっと遠出をしたい蔵間マリコです。
 広島県の交通の中心地ともいえる広島バスセンターにはこんなポスターがある。現在、月刊ヤングキングアワーズGHにて、盲目の居合い使いと復讐を誓う少女を描いた漫画 『猫瞽女(ネコゴゼ)』を連載中、代表作『朝霧の巫女』で有名な宇河弘樹先生の書いた三次観光アピールのポスターというものが。
 三次市を舞台とした朝霧の巫女を描いて以降、三次市の観光アピールに一躍買っている宇河先生。季節ごとに新しく描かれるポスターはどれも魅力的で、数年前の三次市への小旅行を思い出しますよ。炎天下の中、朝霧の巫女で登場した施設をはじめに、三次市の歴史資料館や鵜飼が見れることで有名な真っ赤な巴橋など色々と探索。反省点もありながらも、三次市の素晴らしさを堪能したのはいい思い出。
 残念ながら画像のポスターでオーラスとなるようですが、宇河先生のポスターは仕事の行き帰りの楽しみの一つだった。また機会があったら描いてほしいものだ。

 とまあ、三次への一人旅を思い出しましたが、たまには小旅行をしたい今日この頃だったりして。
 このブログを書いて主だった小旅行といえば、三次市と大人気ブラウザゲーム『艦隊これくしょん』にちなんで行った呉市ぐらい。別に出不精じゃないですけど、単純に機会が無いというか。まあ、一番の理由はお金ですが。
 でも、今年は小旅行ぐらいはしたいものだ。候補としては、広島県竹原市。OVA1作、TVアニメ2作、そして劇場版アニメ4部作が予定されている日常系アニメ『たまゆら』の舞台でもある観光地です。
 竹原市自体は何度か行った事はありますけど、もう記憶に薄いぐらいに昔の話だったり、仕事の関係で行ったという程度で殆ど覚えていないのが現状。そんな状態で竹原市を旅行すれば、何か感動的なあるに違いない。三次市や呉市を観光した時のように。
 特に自分としては、酒飲みの自分としては竹鶴の酒造へ行きたいんですよね。朝のドラマ小説のマッサンで更に知名度を上げた竹鶴酒造ですが、ここのウイスキーは格段に上手いですからねえ。普段は金がないのでハイボールですけど、ロックはそれ以上に美味しい。世界的にも高く評価されているし、竹鶴酒造のウイスキーは広島県の誇り。酒飲みとしては、聖地に1回ぐらいは行ってみたいものだ。

 近くでいながらも、心に深く残る小旅行。
 時間とお金が許せるのなら、竹原市には行ってみたいのだが……。「予定は未定でした」で終わらないことを願いたいものである。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 趣味人の日記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<何も出来ない無力。 | 黒のノエル。 | 月下の魔獣。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。