現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
日曜の朝。
2015-02-01 Sun 20:06



 日曜日の朝というと、これ!!

 日曜の朝は、否が応でも早起きする蔵間マリコです。
 いや~、今日から始まりましたねえ。日曜日8時30分のアニメ『プリキュア』シリーズの新作『GO!プリンセスプリキュア』が。
 前作のハピネスチャージプリキュア!もかなり個性的な作品でしたが、今回のプリンセスプリキュアも初回は無難なつくりであると同時に、上手い具合に差別化を図っていますねえ。舞台を学園ものにして独自の世界観を作り出したり、どこかシンデレラなどの西洋の御伽噺を印象付けるようなつくりになっていたりと。主人公の春野はるかをはじめとしたキャラクターたちもファーストインプレッションはなかなかだし、ゼツボーグ相手にパンチを決めるキュアフローラの躍動感は満足。ちょっとEDの曲が浮いていたのが気になったけど、それ以外は完璧だし、EDもいずれは慣れるであろう。
 スタートダッシュにも成功したし、色々と気になる謎も1話目からある。今年のプリキュアも面白いものになること間違いなし。

 とまあ、いい歳こいてプリキュアを見ていますが、意外に面白いから困っちゃうんですよねえ。
 自分が最初に見たプリキュアは、ハートキャッチプリキュア!。大人気声優、水樹奈々さんが主人公の花咲つぼみことキュアブロッサムを演じることで話題を呼んだ作品である。
 ミーハーといえばミーハーなのかもしれないが、自分もプリキュアを見始めた理由が声優なんですよね。それ以前は、スーパー戦隊仮面ライダー見たら、チャンネルを変えるというのがパターンだった。まあそりゃあ、子供向けのアニメを20代の自分が見るというのもどうかと思いますし。
 でも、実際に見るとこれがはまっちゃいまして。子供向けということでしっかりと教訓的なものを抑えながらも、展開が思った以上にハード(大体はあの人が原因)だったり、おしりパンチ・全部パンチをはじめとした名(迷)台詞・名(迷)シーンも多いし、戦闘シーンがしっかり書き込まれていたりと純粋に面白いのなんの。水樹奈々さん目的に見ていたはずなのに、後発の桑島法子さん演じる明堂院いつきことキュアサンシャインのほうにはまっちゃったりと……。「たかが子供向けアニメ」なんて言わせない本気の出来に、プリキュアシリーズのいちファンになりました。
 それからは毎週可能な限りはプリキュアを見たり、アニマックスで過去のシリーズを視聴したりと映画以外は一通り抑えましたね。ただ、最初に見たのが一番面白いという人が多いように、ハートキャッチは個人的にプリキュアシリーズで一番面白い作品だと思っている。本当に最初に見る作品って重要だね。

 子供も大人も楽しめるプリキュアシリーズ。
 さて、今年で11年目のプリキュアシリーズだが、どこまで続くのだろうか?仮面ライダーシリーズやスーパー戦隊シリーズに比肩する長寿作品になるのだろうか?とても気になるところである。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 趣味人の日記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<無気力な日々。 | 黒のノエル。 | 単純な失敗。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。