現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
心の亀裂。
2015-01-29 Thu 19:21
 今日で3周年!!

 恋もバトルもSFもギャグも楽しみたい蔵間マリコです。
 さてと木曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよ~。週刊ヤングジャンプ連載の岡本倫の大人気純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』の感想を。
 ついに今週の極黒のブリュンヒルデ第131話で3周年突入。たんの長期連載作品はどれも3年以上続いていますが、勢いも面白さも段違い。こんな面白い漫画を描いている岡本倫先生には感謝が尽きません。
 さて、3周年ではありますけど、今から特別なことを行うとは思いませんよ。今、ツイッターで極黒のブリュンヒルデSS『若林初菜調教計画』(ハッシュタグ#若林初菜調教計画)を連載中ですから。ただ、岡本倫先生の作品のbotを作ってみようかなとは考えています。まあ、忙しいのであくまでも願望ですけどね。可能ならば、作ろうかなあという程度で。
 とりあえず、前置きはこれぐらいにして、そろそろ本題へと入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 今週の極黒のブリュンヒルデ第131話『激怒』が掲載されましたが、待ちに待った展開が来ましたねえ。良太が今まで答えを先延ばしにしていたツケが回ってきたというか、男1人に女2人が関わればどうなるかその回答が。それが嫌だという人もいるかもしれませんが、やはりこういう激しさは必要ですよ。
 さて、前回のラストで軽率な行動を取ってしまった良太でしたが、良太は良太でああ答えるしかなかったでしょうねえ。良太が独白しているようにカズミが言っていただけと誤魔化すのも女々しい。かといって、他に嘘を吐くのも得策じゃない。ましてや、良太を嫌っている今の寧子を押し倒して子作りするなんて言語道断。結局、良太は寧子を傷つける結果になってしまった。良太がさっさとカズミか寧子に対して告白をするか、ラブホテルに入らなかったらこんなことにならなかったのに……。まあ、若さゆえの過ちなのかもしれない。
 その一方でラブホテルから出てきた良太と寧子を目撃した初菜ちゃんと高屋さま。実際のところはセックスしているわけじゃないですけど、2人にやることやったと思われてもおかしくないし、それで責められる義理もないからな。とにかくタイミングが悪かったとしか。まあ、全部良太が悪いのですが。
 しかし、ここでの初菜ちゃんも高屋さまもなかなかの高ポイント。初菜ちゃんは何気にπスラッシュだし、高屋は元気にセックスセックス相変わらず言っている。デートで映画に行った後にラブホに行こうという高屋さまの行動は目に余るものがありますが、こういう肉食系は物語として潤いが出て好きだ。
 そんな気まずい中、天文台へと戻った良太だけど、とても気まずい雰囲気。良太はセックスとかその手のお触りはしていないけど、それでもラブホテルのことはとてもではないが言えるわけがないのですから。仮に良太本人が、どういうことがあったのかを説明してもとても納得しそうもないですし。結局、誰も傷つけたくないゆえの行動が誰かを傷つけてしまっている……。
 「そんなカズミに残念なお知らせがあります」、初菜ちゃんが良太と寧子がラブホテルに行っていたことを隠す理由などなかった。そりゃあそうだ、初菜ちゃんだって良太のことが好きだからねえ。それに加えて、ドSな性格。当然といえば、当然のアクションであろう。
 その一方で号泣するカズミだが、カズミもカズミで自業自得ではあるんですけどねえ。記憶を失った寧子を騙したり、風邪でデートに出れないことを佳奈に言伝を任せたりと。カズミよ、こうなる前に勝負をつければ良かったものを。

 ドロドロ展開へと発展した極黒のブリュンヒルデ
 さて、この負のスパイラルの終着駅は何処なのだろうか?もしかして、良太一行が空中分解する展開にまで悪化するのだろうか?寧子がしでかして?カズミが裏切って?あああ、修羅場展開は見てて面白い。

 極黒のブリュンヒルデ第131話の評価

 満足度 ☆☆☆☆☆
 SF度 ☆
 修羅場度 ☆☆☆☆☆

 
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:1 | トラックバック:0
<<単純な失敗。 | 黒のノエル。 | 神の啓示。>>
この記事のコメント
>誰も傷つけたくないゆえの行動が誰かを傷つけてしまっている……。

人間生きている限り、特に若い頃はその未熟さ故に多かれ少なかれ人を傷つけてしまうもの。誰も傷つけずに生きていけるほど世の中甘くない・・・といったところでしょうか。
2015-01-29 Thu 19:43 | URL | k.j #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。