現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
恋の代打。
2015-01-22 Thu 20:22

 ひゃっはー、2週間ぶりだぜー!!

 たんの漫画が聖典(バイブル)な蔵間マリコです。
 さてと、2週間ぶりの更新ですよ~。週刊ヤングジャンプ連載の岡本倫先生の大人気純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』の感想のコーナーを。
 いや~、本当にもうヤンジャン極黒のブリュンヒルデが読めるって、どんだけ嬉しいことやら。今月、コミックス最新12巻が発売されたから息継ぎは何とかなりましたが、それでも年末年始は2号連続合併号ですからねえ。倫たんの漫画がヤンジャンで読めないというのは、どれだけ辛いことやら……。まさに、プロメテウスの受けた罰と同じ状態ですよ。
 さて、前置きはこれぐらいにして、そろそろ本題へと入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、そして管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 今週の極黒のブリュンヒルデ第130話『初めての…』が掲載されましたが、終始ギャグの連発で大爆笑でしたよ。しかも、最近は空気気味だった寧子にようやくスポットライトが当てられて、今まで描かれていなかった魅力が存分に発揮されていましたからねえ。カズミ押しもいいけど、やっぱり漫画のヒロインに力を入れないと!!
 さて、カズミは良太とデートすることになったが、タイミング悪く風邪。布団の中でゲホゲホ咳き込んでいますけど、佳奈とのやり取りが面白いのなんの。明らかにしてやったりな顔の佳奈に、自分の判断ミスに酷く動揺するカズミ。ホント、病人なのに静かに出来ないのかな、このビッチ臭のする魔女は。
 その佳奈がデートの代打に送ったのは、寧子。どこでこんな服を買ったのだろうかという突っ込みは野暮。きっと廃村で手に入るんですよ!!電気だって通っていますし、ミキサーだってありますし、制服だってありますし、謎メットだってあるんですから。
 さて、その良太は寧子とデートすることになりましたが、初体験で大騒ぎするのは倫たんの漫画のお約束の一つ。エルフェンリートの幼ルーシーにしろ、ノノノノのノノしろ。まあ、全員色々と事情があるわけなのですが。寧子の場合は魔法を使うたびに記憶がなくなるのと、ヴィンガルフに10年間もいたというのがありますが。ちなみに、初体験といってもアレじゃないですよ。映画を観に行っただけですよ。
 とまあ、B級恋愛映画が終わり、寧子を料理で釣って行った場所がレストラン。良太はオムライス、寧子はペペロンチーノを選びましたが、案の定というか寧子が辛さのあまり理不尽に激怒。鷹の爪を掃除か何か道具扱いするのは酷すぎますよ。ていうか、天文台では金平牛蒡や千枚漬け作らないのだろうか?鷹の爪の入っていないそれらは、気の抜けた味だぞ。
 それにしても良太もあまり辛いのが苦手というあたり、もしかしたら倫たんは基本的に辛いものが苦手な人間なのかもしれない。あくまでも推測だけど、レトルトのカレーを火通さずに食べるとかとんでもない話がありますからねえ。だから、好き嫌いとか偏食がありそうな感じがして。まあ、間違っていたら岡本倫先生ごめんなさい。
 そして、デートのメインディッシュは、何故かラブホテル!!いやまあ、良太が思わずこぼしたのが不味かったけど、実際に行くのはどうかと。実際、「バカかオレは…調子に乗って黒羽をラブホテルに連れに来てしまった 黒羽が何も知らないのをいいことに…」って独白しているし。いくらなんでも浮かれすぎ。
 しかも、寧子がTVのリモコンを押したら、流れていたのがAV。しかも、何故か洋物。しかも、やたらとスパーンスパーンと擬音が強調されている。多分、今週の内容で一番笑ったところ。たんの漫画で、こういったギャグは今まで描かれたことが無いからねえ。欲を言えば、もっと擬音の書き方のバリエーションをほしいところだが。
 で、ラストはラブホテルが何かを寧子に説明したところで終わっているけど、これもかなり酷い(いい意味で)。良太がしたいわけではないが、ラブホテルといったあまりにカズミとセックスをすると勘違い、寧子激怒。怒り方からして、やっぱり姉があのメンヘラだなあと思わせる表情で笑いを誘います。柱文も『村上よ、全て君が悪い!!』もなかなかパンチが効いている。このページ、マジで最高。

 日常も非日常も大変な極黒のブリュンヒルデ
 さて、良太はどうやって寧子の怒りを静めるのだろうか?それとも、寧子の怒りが爆発して、ラブホテル壊滅なのだろうか?あああ、来週が楽しみです~。

 極黒のブリュンヒルデ第130話の評価

 満足度 ☆☆☆☆☆
 SF度 ☆
 ギャグ度 ☆☆☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:1 | トラックバック:0
<<中毒的な美味さ。 | 黒のノエル。 | 人造の神。>>
この記事のコメント
映画だけ見て帰っても良いかも。
2人で映画だけ見て、町に帰りにちょっと寄って帰って来るので良いと思う。

カズミはサカついているとしてもネコさんとラブホに寄らなくても良いと思う。

たしかに読者は修羅場を見て楽しめるとは思うけど。
2015-02-09 Mon 18:04 | URL | 鎮死剤から #O7II69Xo[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。