現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
譲れない気持ち。
2015-01-08 Thu 20:56

 2週間ぶりだー!!
 でも、また合併号だー!!

 息継ぎが出来ない状態が続いている蔵間マリコです。
 さてと、今年も更新しますよ~。週刊ヤングジャンプで絶賛連載中の岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』の感想のコーナーを。
 いや~、本当に年末年始は漫画読みには辛いですよ。なんせ、2号連続ヤンジャン合併号が続くのですから。いや、年末年始は何処もこんな感じだというのは分かっていますよ。でも、最新号が読めない時期が続くと精神的にきついといいますか……。特にたんの漫画は、栄養源そのもの。それが尽きたら幻聴・幻覚・痺れ・めまい・吐き気に襲われますからね。ホント、年末年始は嫌いだ!!
 ただ、今年の1月はコミックス最新刊12巻が発売されるのが幸運。表紙は寧子・佳奈・カズミ・初菜の4人。佳奈以外はメイド服姿と、今までのたんの漫画ではなかったタイプの表紙にビックリしています。てっきり、高屋か結花ちゃんかと思っていたのだですから。再来週が楽しみっす!!
 とまあ、少し長めの前置きになりました。そろそろ感想へと入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、そして管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 今週の極黒のブリュンヒルデ第129話『あなたの思い出』が掲載されましたが、倫たんらしい作風を炸裂させながらも、ちょっと切なさを感じさせる内容でしたねえ。ヴィンガルフの脅威に曝されていないとはいえ、孵卵というリスクがまだ残されている。それも防ぐ手立ても見つかっていない。だからこそ、カズミは急がないといけないのにねえ……。
 さてまずは、最近頻繁に見かけられる扉絵。何故か寧子が全裸でローブを着ているけど、どうやらこれ、ときめきトゥナイトが元ネタらしい。

  

 11秒あたり。自分はときめきトゥナイトはよく知らないですけど、これの元ネタをよく見つけれたなと思わず感心してしまいます。倫たん、SFネタは随所に入れてくるけど、こういうアニメネタもあるなんて……。まあ、エルフェンリートで既に巫女みこナースとかエロゲーネタをやっていますが。
 さて、本編に戻って、今回はメイドバーでの初菜と高屋のやり取り。色々ワケあって、高屋の彼女となった初菜ちゃんですけど、流石に映画館もダメというのは酷すぎじゃないか?まあ、セックスしろセックスしろと言った高屋に責任があるのですが、それでも別にセックスするわけじゃないんだから映画館ぐらいは許してやれよ。同じ男として、それは少し可哀想な気がする。
 しかし、相変わらずカズミに厳しい高屋。笑顔に何の価値もない腐れビッチとは……。しかも、その返しに「私は処女やぞ!!」って意味の分からないこと言っているし。カズミよ、最近は処女ビッチという言葉があるんだぞ……。
 さて、場所は変わって天文台。良太が一人で天体観測をしながら、寧子から出会ってから今までのことを思い出す。いや~、リアルタイムの身で追っかけている人間ですけど、漫画内のことも漫画外のことも随分変わったような気がします。あんなに可愛かった小鳥ちゃんが死んだり、ノベライズ版が出たり、アニメ化したりと……。今年で三周年ですが、こんなに変わるとは思いませんでしたよ。
 そんな寧子を想いながら天体観測をしている良太の前に、カズミが現れる。何を話に来たかという、寧子の記憶とこれからのこと。いやまあ、カズミはカズミで辛い思いをしているけど、なんていうか肝心の一歩が踏み出せていないというか。良太が寧子のことで頭一杯なのは分かるけどさ、そこを譲るのはマズいよ!!押し倒して、その場でセックスしろとは言わないけどさ、良太に告白しないと。デートに誘っても、良太にその一言が今まで一度も言えていないんだからさ。告白しなくて、後悔しても知らないぞ。

 各々の恋模様が描かれた極黒のブリュンヒルデ
 さて、来週は先でも書いているとおり合併号でお休み。まだ物語が大きく動いているわけじゃないから蛇の生殺しとは言いませんが、やっぱり辛いよなあ……。本当にホント、合併号は嫌いです。

 極黒のブリュンヒルデ129話の評価

 満足度 ☆☆☆☆
 SF度 ☆☆
 恋愛度 ☆☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:0 | トラックバック:0
<<暁の水平線。 | 黒のノエル。 | 妖精たちの物語。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。