現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
正義の髑髏。
2015-01-03 Sat 20:56

             HGUCクロスボーンガンダムX1 001

 お前のとるべき道は2つ
 ひとつは何も聞かずに地球へ帰り全てを忘れて貝のように口をつむぐこと…
 そしてもうひとつはわれらとともに…真実に立ち向かうことだ!――キンケドゥ・ナウ

 今年もガンガンガンプラを組み立てる蔵間マリコです。
 さてと、今日は先日の初詣で際に買ったガンプラを組み立てましたー。でもって、2015年最初に組み立てたガンプラは長谷川裕一の大人気ガンダム漫画『機動戦士クロスボーン・ガンダム』より、宇宙海賊クロスボーンのエースパイロット、キンケドゥ・ナウの愛機『クロスボーンガンダムX1』のHGUCです。
 いや~、これは絶対に買っておきたかった商品だったんですよ。機動戦士クロスボーン・ガンダムは現在も続いている長寿シリーズであり、最も人気の高いガンダム漫画ですからねえ。MGスケールも一応ありますけど、MGは値段も場所を取るからな。HGUCハリソン専用ガンダムF91が出た時点でいずれは登場すると思いましたが、それが発表された時は狂喜乱舞でしたよ。
 さて、そんな念願のクロスボーンガンダムX1を組み立てましたが、出来はなかなか素晴らしい。可動範囲がバリバリだし、ビーム系の小道具も充実。コアファイター形態もちゃんとあるし、スラスターもしっかりと原作再現。ABCマントがついてこないことと、腰がちょっと緩いのが残念だけど、それ以外についてはもう満点に近い出来。これは、クロスボーンガンダムファンなら確実に買いですよ!!

             HGUCクロスボーンガンダムX1 002
             HGUCクロスボーンガンダムX1 003

 さて、ガンプラについてはこれぐらいにして、今回はクロスボーンガンダムX1について色々と語りたい。
 クロスボーンガンダムX1は、宇宙世紀133年辺りに確認された宇宙海賊クロスボーンの旗印ともいえるMSだ。しかし、型番はこそはXM-X1であるが、本来の型番はF97であり、コスモバビロニアの英雄的MSであるガンダムF91を開発したサナリィが秘密裏に譲渡したMSというのが真実である。
 クロスボーンガンダムX1の最大の特徴は大きく2つ、背部の4脚のスラスター、そして防御兵装のABCマント。他にも特徴的な点は存在するが、クロスボーンガンダムならではというとこの2つに尽きよう。
 まず、背部の4脚のスラスター。デザインとしては、アルファベットのXを印象付けるものとなっているが、このデザイン性はクロスボーンガンダムに爆発的なスピードを与えることに成功している。更には、スラスターそのものがフレキシブルな可動性を持ち、急旋回などにも一躍買っている。この着想は木星周辺で活動をする宇宙海賊クロスボーンの高重力化に対する回答であり、小型のバーニアを大量取り付けることによっての重量の増加という悩みを最小限に抑えた素晴らしい発想である。
 ただし、このスラスターの特異性が原因により、他のMSとは操縦性が違うピーキーな性能となってしまった。そのため、クロスボーンガンダムの量産機であるフリントは、スラスターを2脚に減らしたことによりマイルドな性能として機体性能を落ち着かせている。
 もう一つの特徴はABCマント。ABC(アンチ・ビーム・コーティング)マントは、その名通りビームに対しての耐性を誇り、実弾に対してもある程度耐えうるマントである。メガ粒子砲や戦艦の主砲などの大出力ビームは防げないものの、量産機のビーム兵器ならば数発無力化させることが可能。他にも、ビームシールドを展開せずに防御が出来るため、エネルギー消耗を最小限にとどめ、それでかつ目立たないまま行動が出来る。と至れり尽くせりの防御兵装だが、マントという特性上、通常のMSには採用することが出来ない。スラスターを折りたたみながら行動できるクロスボーンガンダムならではの装備といえよう。
 この特異的な性能を誇るガンダムは、地球進行を目論む木星帝国(ジュピター・エンパイア)や地球連邦軍に対して、八面六臂ともいえる大活躍を果たし、最終的に木星帝国総統クラックス・ドゥガチが繰る核ミサイル搭載MAディビニダドを沈黙させ、地球滅亡の野望を断つことに成功している。クロスボーンガンダムX1がこのような素晴らしい戦績を誇るのも、機体性能のみならず、パイロットであるキンケドゥ・ナウ、かつてシーブック・アノーという名だった男の卓越した操縦能力の賜物といえよう。

             HGUCクロスボーンガンダムX1 004
             HGUCクロスボーンガンダムX1 005

 宇宙の義賊として戦い続けたクロスボーンガンダムX1
 クロスボーンガンダムX1も発売されたんだから、他のクロスボーンガンダムファントムガンダムコルニグスディキトゥスあたりも発売して欲しいな。まあ、ディキトゥスはデザイン的に無理だろうけどさ。

         HGUCクロスボーンガンダムX1 006
         HGUCクロスボーンガンダムX1 007

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 趣味人の日記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<休みの終わり。 | 黒のノエル。 | 一年の始まり。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。