現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
非情な宣告。
2014-11-06 Thu 20:09

 2週間ぶりだー!!

 たんの漫画大好き人間の蔵間マリコです。
 さてと木曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよ~。ドキドキハラハラ展開に、謎が謎を呼ぶ展開が魅力的な週刊ヤングジャンプ連載の岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』を。
 いや~、2週間ぶりに読める極黒のブリュンヒルデって幸せですねえ。まるで水の中に潜った後の深呼吸といいますか、読んでいると体中に力が行き渡るというか。ヤンジャン自体大好きな漫画雑誌ですけど、倫たんの漫画が第一目的だからね。ホント、好きな漫画が読めることほど嬉しいことはありませんよ。
 とまあ、前置きはこれぐらいにして、そろそろ感想へと入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 今週の極黒のブリュンヒルデ第122話『騙しきれぬもの』が掲載されましたが、読んでいて辛さが伝わってきましたねえ。抗う術などない未来に悩み苦しむ良太、そしてその現実を叩きつけられる初菜。ヴィンガルフの魔の手こそはないものの、それとは別の恐怖があってなかなかと。
 さて、のっけに良太に問い質すカズミですけど、やはり女というべきか勘が鋭いですねえ。まあ、前回のラストでなんで佳奈がハングアップしていたことに気づいていなかったのかというツッコミはありますけど、結構な期間、良太とともに苦難を乗り越えてきたからな。良太がそれを隠していても、ばれるのもおかしくない。
 ただ、そんな深刻な状況でありながらもカズミのエロ思考っぷりは相変わらず。涙目で「まだ村上とエッチしてへんのに!!」なんて言いますか?しかも、同情でエッチしてもらうのは嫌だとか高望みしているし。そんなにエッチがしたいんなら、それこそ自分からアタックしろよ。初菜ちゃんが言っているように、面倒な方だ。
 その一方で、寧子は寧子で悩んでいる模様。そりゃあそうだ、元から魔法を使うたびに記憶が欠ける上に、ヴァルキュリアとの死闘で記憶をなくしたのですから。それ以前に、寧子が魔女にされる以前はどんな人間だったかも断片的にしか明らかになっていませんからね。恐らく、それらが全て明らかになる時は物語も最終盤。どんな秘密があるのかが、私気になります!!まあ、高屋が飲まなかったアイスコーヒーを勝手に飲んで吹くあたり、寧子らしいというか。
 だが、現実は非情。誰が死ぬかを伝えに現れた良太と佳奈。勿論、死刑宣告を下されたのは若林初菜。260ページ1コマ目のコマの構成と、初菜ちゃんの目に光が宿らぬ表情がいかにも絶望感を漂わしていて上手い。個人的にはこの回、というよりもここ数話で1番好きなカットですね。
 そして、ショックのあまりに崩れ落ち、泣きじゃくる初菜。体を袈裟斬りされようが、脛から上が粉微塵になろうが再生できる初菜ちゃんにとって、死というものは程遠い概念だった。だから、そういったことに関してかなりずれた言動が多かった。だけど、今回はそういったものですら回避しようのない死。それも魔女にとってイジェクトと同じくらいに惨たらしい死。だからこそ、ここに来て初菜ちゃんが周囲のことを気にしないほどに酷く泣いたのかもしれない。本人も死というものについに直結することになったのだから。
 しかし、他の魔女が同じように宣告されたとしたら、きっと反応は違うかもしれない。カズミなんかは、強がりを言って裏で泣きそうだ。そして、本人が嫌がっている同情してもらってHなんかをしそうな気がする。いや、絶対にしそうだ。

 解決策もなく、ただただ死へと突き進む極黒のブリュンヒルデ
 来週は一体どんな展開を迎えるのだろうか?良太が指をくわえたまま、初菜ちゃんの孵卵を待っているようにも思えない。かといって、ヴィンガルフに乗り込むなんて無謀なことなどできないだろうし。う~ん、解決策が分からん。

 極黒のブリュンヒルデ第122話の評価

 満足度 ☆☆☆☆☆
 SF度 ☆☆
 ピンチ度 ☆☆☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:0 | トラックバック:0
<<炎と肉と。 | 黒のノエル。 | 取り戻した絆。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。