現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
突然の終わり。
2014-10-16 Thu 19:24




 今週はセンターカラーですよー。

 魔女たちと一緒にいちゃいちゃラブラブでバイオレンスな展開を見たい蔵間マリコです。
 さてと木曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよー。先の読めない展開が続く、週刊ヤングジャンプ連載の岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』の感想のコーナーを。
 いや~、看板漫画だけあって全然扱いが違いますねえ。東京を舞台としたダークファンタジー漫画『東京喰種』の続編、『東京喰種:re』が。当然のことながら巻頭カラーで、更に付録としてカレンダーつき、それに加えてTVアニメ2期ですから。色々と騒ぎになりましたが、流石大人気漫画だけあってスケールが全然違います。自分も追っかけている漫画の一つですけど、これから先の展開が気になるところっす。
 ちなみに、たんもこれに関するツイートをしていたりする。原作のことかアニメのことかは分からないけど、こういったジョークがいかにも倫たんというか。まあ、アニメ2期も見てみたいですが。当然ながら、制作会社とスポンサーと脚本家を変えてさ。
 とまあ、前置きはこれぐらいにして、そろそろ感想へと入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の作風、管理人の独断と偏見の内容となっています。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 今週の極黒のブリュンヒルデ第120話』『色道の果て』が掲載されましたが、ほのぼのとした内容と思いきや、ラストで落とすあたりがいかにもたんらしくてワクワクが止まりませんでしたねえ。ここ最近はラブコメ展開が続いていて、こういうのも悪くないけどそろそろ方向転換をして欲しいなあと思っていたところですからね。タイミング的にもGOOD、話の流れもGOOD。yっぱ、リアルタイムで読む甲斐があるわ。
 さて、前回のメイドバーから天文台でのガールズトークが始まりましたが、カズミが相変わらず言いたい放題言ってるのには笑いましたよ。寧子が真面目に現国を勉強していると思ったらカズミが胸を揉んだおかげとか言い出すし、子作りの仕方を保健体育に疎い寧子に教えたら破撃を暴発させるし。ホント、この人は四六時中エッチなことを考えていないと死ぬのか?
 しかし、今までも引っかかっていたことなんだけど、スカジの言っていたカズミが良太の子を作る未来があるっていうのがどうにもおかしい。確かにヴィンガルフの追っ手から逃げ切ったのは間違いないけど、あくまでもそういう未来があるというだけであって、あくまでも可能性の一つしか示していないのでは?最近は寧子を妨害するような工作が多いけど、もしかしたら勝手に恋のレースから転げ落ちるか、ヴィンガルフの魔の手にかかるんじゃあ……。カズミよ、スカジの発言を御座にするんじゃない。良太の恋心を奪いたいのなら、全うなアクションを取れ。
 ちなみに、寧子が朗読しているのは夏目漱石の倫敦塔。夏目漱石がロンドンに訪れた時のことを経験に書いた小説である。ただし、夏目漱石はロンドン塔そのものは訪問していないようで、想像で書いているとのこと。
 そして、天文台に大穴が開いてしまったことに驚愕する良太だけど、この件もなかなかと酷い。子作りのイメージ図が良太とカズミだけど、何故に畳の上で直に!?いや、天文台だから宿直室は畳だけどさ、布団もちゃんとあるし、せめてロマンを考えてベッドとかさ。まあ、たんの趣味を考えると茂みあたりでしそうだが。現に昴は明のアレを木の下で咥えていたし。
 とまあ、ここまではギャグの連発だったけど、ここでついにシリアスへと転換。佳奈の予知、初菜と高屋のデート、初菜の孵卵、孵卵した初菜に喰い殺される高屋。
 ついにこの時が来たかあ……。初菜ちゃんが自分のことを危機管理できているなんて発言があったから、いの一番に孵卵するのは初菜ちゃん(次点で佳奈。結花ちゃんとのやり取りや魔法の再発現など)あたりだと思いましたが、本当にそんな未来が待ち構えているなんて……。小野寺所長が自らにメスを入れたり、孵卵のタイミングを意図的に狙えると思わしきモノローグがある以上は、なんらかの抑制方法があると思うのだが……。アイスを食べていたときに孵卵していたから、やはり甘い物がアウトなのだろうか?あるいは初菜ちゃんに化けている別の魔女とか?

 物語の落差が、ワクワク感を掻き立てる極黒のブリュンヒルデ
 さて、良太たちは初菜ちゃんの孵卵を防ぐことが出来るのだろうか?そして、初菜ちゃんと高屋の恋愛の行方は?いや~、めっちゃ気になりますわ。

 極黒のブリュンヒルデ第120話の評価

 満足度 ☆☆☆☆
 SF度 ☆☆☆
 ピンチ度 ☆☆☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:0 | トラックバック:0
<<絡まる分岐点。 | 黒のノエル。 | 狡猾な罠。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。