現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
烈火の豪拳。
2014-10-11 Sat 19:37

 今期もヤバイ!!

 アニメが大好きで大好きでたまらない蔵間マリコです。
 皆さん、今期のアニメはどうですかー?多いですかー?それとも少ないですかー?自分は、今期見るアニメが多すぎてちょっと困っているぐらいですねえ。∀ガンダム以来の富野由悠季監督が指揮する完全新作のガンダム『ガンダム Gのレコンギスタ』に、TYPE-MOONの傑作ADV『Fate/staynight』でも人気の高い遠坂凛のルートを描いた『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』、数年ぶりに京都アニメーションのアニメを見る理由となった賀東招二なかじまゆかの『甘城ブリリアントパーク』、Keyの最初期を支えたシナリオライター久弥直樹が脚本する『天体(そら)のメソッド』などなど……。
 仕事やライトノベル執筆といったものに大半の時間を消費しているから、上手い具合に時間を作らないといけませんが、そういったものの発散になって、また明日の仕事に力となる。このサイクルがたまりませんよ。
 中でも、一番面白かったのがアレだ。前作が大人気を博し、めでたく続編が作られたガンプラバトルアニメ『ガンダムビルドファイターズトライ』が一番ですね!!

 (ネタバレにつき、ここから先は別ページで)
 いや~、前作が前作だけにハードルが高いからどうやって超えるのかと思いきや、ちゃんとクリアーしてくれましたよ。前作の魅力だった激しいガンプラバトルは勿論のこと、心躍る熱いBGM、そしてこの手の作品のお約束ともいえる展開。そういったものをしっかりと抑えていますからね。レギュレーションが相変わらず不明だったりと悪い点も引き継いでいますが、それを差し引いても面白い面白い。
 特に、自分が感心したのは、1話目が大好きな大好きな機動武闘伝Gガンダムを踏襲している点。主人公機がビルドバーニングガンダムと外国のゴッドガンダム名(アメリカでは宗教上ゴッドを使えないので、バーニングガンダムという命名になっている。ただし、スタッフはそれを意識していたわけではないこと)である以上はGガンダム路線かと予想していましたが、それがまさにドンピシャ。所々に、Gガンダムネタがふんだんに取り入られているところに感心しましたよ。
 例えば、主人公のカミキ・セカイの初登場シーン。3人の不良を持ち前の次元覇王流拳法でボッコボコにしたシーンで、セカイが姉のカミキ・ミライの写真を見せて、どこにいるのか質問するシーンがある。ガンダムシリーズを網羅している人なら分かるであろう、Gガンダムの第1クール、デビルガンダムとともに行方不明となった兄、キョウジ・カッシュの所在を聞くシーンである。それをセカイが再現したところで、「やっぱり、ドモンポジションだ」と思わず呟きましたね。
 それとか、セカイの初ガンプラバトルの乱入者と現れたコウサカ・ユウマのライトニングガンダムとの対決シーン。ドムライトニングガンダムの射撃で直撃爆発したと思いきや、その中から現れたのがビルドバーニングガンダム。いや~、これはメッチャ燃えましたよ。ドモン・カッシュの師匠、東方不敗マスター・アジアのMF、クーロンガンダムがDG細胞によってマスターガンダムに変貌するシーンのオマージュなんですから。オーバーボディは基本的に敵の役割ですけど、それをセカイの駆るドムが役割を果たすなんて。こんなにカッコイイドム、ガンダム0083スターダストメモリードム・トローペン以来ですよ。
 しかし、主人公がドモンポジションとなると、前作の登場人物であるヤサカ・マオやその師匠(なんとマスターガンダム使い!)が絡んでくるのが間違いないだろうなあ。セカイがスランプに陥っているところにマオと出会って、そこから抜け出すみたいな展開になるかもしれない。いや、ぜひともそうしてください!!

 前作も面白かったけど、今作はそれ以上に面白かったガンダムビルドファイターズトライ
 Gのレコンギスタもなかなか見所のある作品だったし、今期はガンダム祭りになりそうだ。ああ、またガンプラのために財布が薄くなる日々が始まる……。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 趣味人の日記 | コメント:1 | トラックバック:0
<<勝てない眠気。 | 黒のノエル。 | 一つの約束。>>
この記事のコメント
ガンダム史上初の快挙
ガンダム史上初、ということは歴史上初の快挙。
ガンダム最新作が同時に2つ以上。
そう言えば、クロスアンジュ?。
マシンは河森正治のヤツじゃないのだろうか?。
マクロスかサイバーフォーミュラーのように。
2014-10-23 Thu 21:28 | URL | 鎮死剤から #O7II69Xo[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。