現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
怒りの日。
2014-10-06 Mon 19:34

 解決したので、一応は書いておきます。

 重要なことだからこそ、購入者の気持ちを無碍にしてはいけないと思う蔵間マリコです。
 まず、最初に言っておきます。今回の話題は先々週の金曜日に発生した問題をまとめたもので、かなり暗いものです。ツイッター登録している人でしたら、なんの話題かは分かるかもしれません。ですので、そういうのが嫌だという人は、ここから先は読まないでください。別に大丈夫という人はどうぞ。
 先々週の金曜日、とらのあな広島店の出来事。自分は、予約していたTVアニメ版極黒のブリュンヒルデBD-BOXⅡを受け取りに行った。しかし、ここで問題が発生した。予約特典のタペストリーが付いていないということだ。
 それを店員から聞いた時は、自分は耳を疑った。自分はいつもと変わらず、予約特典を入手するためにⅠ・Ⅱ巻を同時に予約した。予約券もしっかり持っていた。だが、店員が言うにはこの予約券では特典がついてこないらしい。
 この予約特典がついてこないという問題、一見自分に非があるかもしれない。だが、このトラブルは色々と不都合が重なって発生した問題である。まず、自分が使った予約券の入っていたファイルの中にはこの予約券しか、しかも1枚しか入っていなかったから予約特典付きの物かどうかを確認することが出来なかった。次にその予約券には、予約特典付きだの無しだという内容など書いていなかった。そして、そのことを店員がアナウンスすることもなかった。どれか一つでも自分のミスならここまで拗れることはなかったし、こんなに不都合が重なれば分かるわけがない。ねんどろいどの予約をしたはずなのに予約扱いされていなかった問題があったというのに、店の落ち度はこれで2回目である。
 それを自分は指摘して、どうにかならないと店長らしき人物と話したが、その時の店長の判断が火に油を注いだ。新しくⅡ巻を買い直したら予約特典が入るらしく、後日の無償交換というのは基本無しということ。
 ワケが分からなかった。店側のミスだというのに、どうして俺が余計にお金を払う羽目にならないといけないのだろうか?しかも、そこに至るまでの対応が非常に遅い(電話を2回するだけで1時間かかっている)。更に店長と思わしき人物は、のらりくらりの業務的な対応で、全然こちらの心に伝わってこない。一度たりとも店側のミスを謝らない。
 流石に自分もこれには腹が立ち、カッとなってしまった。他のお客様には大変失礼なことをしたと思うし、自分も冷静になった後にみっともないことをしてしまったと後悔している。ただ、そこまでに至るだけの店側が質の低い対応であることは確かだ。とらのあなでの予約特典を楽しみにしていたというのに。
 結局は自分はここでイライラしていてもどうしようもないので、仕方無しにBD-BOXを買い、店を後にし、この件をとらのあな本社にメールを送った。
 次の日、本社から電話がかかってきた。どうやら買った金額の半額で特典付きの物と交換してくれるということ。そして、ちゃんと謝ってくれた。
 翌日のことなので怒りは随分と収まっていたが、なんか釈然といかないものだった。確かに前よりは対応が良くなったが、どうして自分が払わないといけないのかということが引っかかる。無償交換云々はもうどうでもいいが、そういった対応であることが疑問に思う。妥協したら、自分が屈したという気持ちでたまらない。
 自分はその時の返答を「考えておきます」と言って、タイムリミットである本日に返答をした。「もういいです」と簡潔に。特典のことなどもはやどうでも良かったし、とらのあなのこともどうでも良かった。ただ、それだけにとらのあなの対応に冷めたということのも事実だが。

 これが、今回のとらのあな広島店での問題の一連の流れだ。
 怒りこそもうないが、今後何があってもとらのあなを利用することはないし、許すこともまずない。店側の信用に身を委ねる予約で、信用を失う事をしたのだから。
 さようなら、とらのあなさん。たまたま当たったスタッフが外れだったのかもしれませんが、信用することが出来ません。今後は、アニメイトかメロンブックスで買い物をしますので。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 趣味人の日記 | コメント:1 | トラックバック:0
<<忌み嫌われし子。 | 黒のノエル。 | 意外な再会。>>
この記事のコメント
ぼったくり?
その店はやらずぼったくり?
店の落ち度を利用してさらに客から巻き上げる。
限定アイテムの弱みにつけこんで、
店が謝るのは、さらにカネを巻き上げる時だけ。
2014-10-07 Tue 05:08 | URL | 鎮死剤から #O7II69Xo[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。