現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
知らぬ因縁。
2014-10-02 Thu 20:15
 今月かあ……。

 魔女はドロドロに溶けるからこそ可愛くて切ないと思う蔵間マリコです。
 さてと、木曜日ですので、いつものように感想を書きますよ~。週刊ヤングジャンプ大人気連載中の岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』を。
 いや~、今月は極黒のブリュンヒルデコミックス11巻ですかあ……。2日前に11巻の単行本の作業が完成したとたんがツイッターで発言していましたからねえ。いつものことではありますけど、やっぱり楽しみですよねえ。死闘の続いた第5章とは打って変わって、新たな日常が始まる第6章。今までに無かった展開や一癖も二癖もあるキャラクターも登場するし、なによりも加筆修正部分が気になりますからな。ホント、発売日の10月17日が待ち遠しい!!
 とまあ、ワクテカが止まらないここ最近ですが、そろそろ感想へ入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 今週の極黒のブリュンヒルデ第118話『見覚えある顔』が掲載されましたが、順風満帆な展開でありながらも、所々に光る台詞や場面が入っていて読み応えがあったな。こういう何気ない日々の積み重ねが非日常の場面になった時、その落差が物語の面白さを引き立たせてくれますからね。ホント、たんの漫画は面白さのおもちゃ箱だ。
 さて、前回のラストで佳奈の存在にようやく気付いた佳奈姉ですが、相変わらず勘に頼っているところが強いですねえ。まあ、黒服を助けた後の行き当たりばったりはともかく、それが当たっているからこそ凄い。写真に写っている少女にしろ、二人の遭遇した化け物に関しても。感情で動くタイプとはいえ、そこらへんはしっかりしているようだ。
 しかし、佳奈姉が相方の男に裸族認定とはな。自分も全裸でPC使っている場面で裸族裸族とか言っていたけど、本当に裸族と呼ばれるとは。もしかして、倫たんはネットで色々見て、それを取り入れている可能性があるかもしれない。加筆修正も大型掲示板で語られた部分が修正されていることが多いしさ。まあ、これに関しては自意識過剰だと思うが。
 打って変わって、良太サイド。わざわざ高屋を待つ良太も人が良いですけど、その健康優良不良少年の高屋が優等生というのは意外。いや、良太の通う高校は進学校であることは分かっているんですけど、高屋が成績優秀というのもね。となると、最初の台詞が気になる。半年間留学していたにしてもあの台詞はかなり微妙なニュアンスだし、かといってヴィンガルフと繋がりあるとも考えにくいし。う~ん、分からん。
 そんなこんなしている内に初菜ちゃん登場、そして不良5人が登場。えっ、ノノノノでも似たような場面があったって?さて、そんな場面知りませんよ?ガルーダが登場していたなんて知りませんよ?
 それはともかく、高屋が不良5人組に絡まれたが、ここら辺の台詞は結構考えられているな。不良のリーダーの台詞からはいかにも頭の悪そうな感じが出ているし、高屋の台詞からは腕っ節はあるが、坂東や皇帝みたいな人間離れしたほどの強さではない(狂犬具合も先の二人よりは下)ことが窺える。こういった細かいところに力を入れているあたり、やはりプロだなと感じる。
 ちなみに良太が不良4人を追い払う時に使った手は、既視感がある人もいるかもしれないが、ノベライズ版極黒のブリュンヒルデも良太が同じ方法を使って不良を追い払っている。こっちでも使っているということは、普段からこういう方法で喧嘩を回避しているのだろうか?とことん要領の良い奴だ。
 とまあ、形勢逆転はしたが、今度は初菜ちゃんが人質に。だけど、ここで逃げたら男が廃る。高屋は初菜ちゃんを助けるために土下座。果たして、ここから高屋はどうするのだろうか?ブチぎれて、初菜ちゃんの顔をナイフで傷つけられるのだろうか?あるいは、初菜ちゃんが無理矢理不良の腕を振り解こうとして、顔を傷つけられるのだろうか?どちらにしても、来週答えがでるわけだ。

 少しずつ日々を重ねていく極黒のブリュンヒルデ
 さて、今は穏やかな展開が続いているが、いつどのような波乱が巻き起こるのだろうか?そして、良太たちはそれを対処することが出来るのだろうか?う~ん、非日常が楽しみだ。

 極黒のブリュンヒルデ第118話の評価

 満足度 ☆☆☆☆
 SF度 ☆☆
 日常度 ☆☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:0 | トラックバック:0
<<渾然の一体。 | 黒のノエル。 | 更なる受難。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。