現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
粗暴な男。
2014-09-25 Thu 19:49

 今日は楽しいヤンジャンの日!!

 可愛い魔女たちとハーレムを作りたい蔵間マリコです。
 さてと、木曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよ~。週刊ヤングジャンプで大絶賛連載中の岡本倫の純愛ダークファンジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』の感想のコーナーを。
 いや~、どうしてこうも極黒のブリュンヒルデって楽しいんでしょうかねえ。TVアニメ版でも放送した第5章、第1部ともいえる部分も面白いですけど、第2部ともいえる第6章以降からの展開も面白い面白い。新キャラがどれもこれもが魅力的だし、第1部とは全く違った展開を披露してくれるところもいい。そしてなによりも、更に明らかになる数々の謎が読者としての好奇心を駆り立ててね。ヤンジャンの漫画は全体的に面白いですけど、個人的には極黒のブリュンヒルデが一番ですよ!!
 とまあ、毎週楽しみにしている極黒のブリュンヒルデですが、そろそろ感想へと入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 今週の極黒のブリュンヒルデ第117話『オーバーアクション』が掲載されましたが、今週は先週・先々週とは違って、比較的落ち着いた内容でしたね。いわゆる溜め回というものですが、それでも倫たんのキャラの魅力もたっぷりだし、次回が気になる引きでもある。たまにはこういう回も悪くは無い。
 さて、前回のラストから引き続き、今回は寧子、カズミ、初菜のバイト3人組からスタートですが、のっけからギャグがフルスロットル。初菜に高屋におっぱい揉ませて金儲けすることを提案するカズミに対して、初菜は「自分に揉ませるおっぱいが無い」とあしらう初菜。そのカズミの返しが、「はぁ!?おっぱいくらいふたつもあるわ!!」ですからねえ。初菜ちゃんにそういう話を振ったカズミが悪いですけど、ふたつもあるってどういうことなのだろうか?女の子は一つしかなかったり、複乳だったりするんでしょうか?しかも、カズミが自分の無い乳を両手で触っているし。まあ、複乳も悪くないですけどね!!
 と、そんなおバカな話をしていると斜向かいで高屋が看板を突然蹴るトラブルを。まあ、流石に理由もなしに看板を蹴るわけがないと思ったら、それなりに理由がありました。車椅子で道を通るおばあさんが通れないから蹴って退かしていたようだ。ワルに見えて、ちゃんとそこに理由があるあたりはよくある健康優良不良少年ですね。ちなみに店側の看板の置き方も法に触れるものらしく、喧嘩両成敗でああろうな。
 ただ、この場面はちょっと不服がある。おばあさんがいくらなんでも無反応過ぎて面白くない。流石に一言ありがとうとか一礼を入れておくと印象が良くなるのだが、無関心さがどうも引っかかってね。ここの細かい気配りは、単行本で修正して欲しいな。
 でもって、翌日、高屋が学校に登校したと思ったら初菜ちゃんと同じクラスで高屋ビックリすってんころりん。分かりやすい反応ですねえ。まあ、確かに先日あんなことがあったのに、すぐにまた出会ったとなると。そして、たんのモブキャラの話が小学生っぽいのは相変わらずのこと。ノノノノで、ノノが男子トイレに行った時のクラスメイトの反応もそうだし。こういう学生がいるのかどうかは別にしても、いかにもたんらしい。
 しかし、高屋は本当に暴力事件で停学していたのだろうか?もっと何か別の理由、ヴィンガルフとは繋がっていないだろうが、何か人にはあまり話したくない理由があるのかもしれない。そこが今後のターニングポイント。
 ここまでが寧子たちの魔女一行の話でしたが、ここから先はジャーナリスト2人組。南風荘(いつもの安アパートではない!!)に拉致った黒服を寝かせている佳奈姉ですが、本当に無計画ぶりには驚きましたよ。命かながら黒服を拉致ったはいいものの、意識を戻させる方法一つ考えていなかったし、計画した本人がヴィンガルフなんてどうでもいいとか言い始めるし。与田さんなんかはパトロンなんかも準備して、それなりに勝算を立てていたのに、佳奈姉は完全に感情に身を任しているって。ダメだコイツ、何とかしないと。
 だが、その一方で思わぬ収穫が。あんなもの(作者談)ちゃんもとい、孵卵したるるみの写真の一枚に佳奈の写った写真が。いや数日経っているだろうからすぐに気づけよと言いたいけど、それでも何か色々と起きそうな展開でありますねえ。あまり良い予感がしませんが。
 で、ラストはとあることが起きるのだが……。それはヤンジャン未読の人には、自らの目で確かめて欲しい。

 なにやら色々と起きそうな予感の極黒のブリュンヒルデ
 まだ歯車は大きく動いていないが、果たしてどのような展開を迎えるのだろうか?良太たちの運命は?高屋はどんなアクションを取るのか?そして、ジャーナリスト二人組は?ホント、来週が楽しみ!!

 極黒のブリュンヒルデ第117話の評価

 満足度 ☆☆☆☆
 SF度 ☆☆
 ギャグ度 ☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:0 | トラックバック:0
<<未来か破滅か。 | 黒のノエル。 | 呪われた子。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。