現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
機械仕掛けの神。
2014-09-12 Fri 20:01
 謎が多い……。

 新展開にワクワクしている蔵間マリコです。
 皆さん、今週の極黒のブリュンヒルデ読みましたかー?今週から第7章に突入しましたが、色々と衝撃的でしたねえ。○○が×××だったり、△△△△が□□□だったり。今までとは全く違った展開にまるで別の漫画を読んでいるかのような感覚になってしまいましたよ。物語もそろそろ後半戦突入だろと思っていたのに、まだまだ引き出しが多いなんて。たんの底知れぬポテンシャルは毎度舌を巻く。
 さてそんな謎が謎を呼ぶ展開の極黒のブリュンヒルデですが、今回はその設定や謎について色々と語らせてもらいます。前回の記事では全部は語りきれませんでしたからねえ。別の記事に分けて語ったほうがやっぱり書きやすいというか。
 というわけで、ここから先は岡本倫先生の独特の作風やネタバレ、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 ・ドレスデン

 第1章で鎮死剤を製造している製薬工場の名前に使われているドイツの地名。
 日本で言うところの五稜郭のようなデザインが特徴的な街であり、かつてフリードリヒ2世が所有していた領地である。味わい深い建造物を始め、オーケストラや絵画といった芸術性の高い街として観光地として発展している。しかし、第二次世界大戦時には空襲で街が壊滅的なダメージを受けたようだ。復旧の際は莫大の資金と技術と人材を持ってして、以前と同じ街並みを復活させている。
 作中では1910年のため、ドレスデン爆撃以前の街並みのようだ。

 ・宇宙人の遺跡

 某大型掲示板の有志によると、元ネタは1967年に公開されたSF映画『火星人地球大襲撃』らしい。よく見つけれたものだと感心してしまう。
 こちらの映画は工場の地下から宇宙人の遺跡を発掘して、そこから得た火星人の最終戦争のデータの影響で人類が大パニックを起こすという映画というもの。
 この作品と極黒のブリュンヒルデの共通点は、地下から宇宙人の遺跡が見つかった点、その遺跡が宇宙船らしきものであるという点、そして周囲に死体(火星人地球大襲撃は類人猿の化石、極黒のブリュンヒルデは地中人の死体らしきもの)が見つかったという点である。岡本倫先生らしく、古典SFを題材にしたネタである。

 ・マキナの名前の由来

 分かっている人も多いかもしれないが、恐らくはデウス・エクス・マキナが元ネタ。ラテン語で機械仕掛けの神という意味であり、マキナで機械を意味する。
 デウス・エクス・マキナは、収拾のつかない状況から一気に〆に入るために登場させる絶対的な力を持つキャラクター、舞台装置的なものを指す。昔から一般的にあまり良い評価はされていないものの、これを逆手に取った名作も存在する。『水戸黄門』の黄門さまや『ブギーポップは笑わない』シリーズのブギーポップがそれにあたる。前者は動いたら悪代官を成敗する、後者は敵を絶対に倒しますからね。
 マキナ=神、これから神殺しを行うということを考えると非常にマッチしたネーミングである。

 ・完全な宇宙人

 宇宙人はデザインからして性別は多分男性であるが、ヴィンガルフの方向性が見えてくる。
 何故、ヴィンガルフが魔女ばかりを作っているのか。これは推測であるが、アダムとイヴのイヴとなる存在を作るためだと思われる。グラーネからソーサリアンを生成し、男性型の宇宙人を繁殖させ、地球を地球人から宇宙人のものとする。宇宙人の受精卵も多分、女性のものであり、ヘクセンヤクトが厳重管理していたのはそういった事態を引き起こさないためと思われる。意見としてはまとまっていないが、要は男の魔法使いが存在しない理由はそこであろう。レンなどはちょっと別の存在なのかもしれない。

 謎が多すぎる極黒のブリュンヒルデ
 さて、これらの謎が明らかになるのはどのくらい先であろうか?少なくとも今回は秋元康似の男がしでかす話になるだろうから、当面回って来そうもないが……。う~ん、早く真相を明らかにしたい!!

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:0 | トラックバック:0
<<悪魔と豚の誘惑。 | 黒のノエル。 | 暗黒の深部。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。