現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
伝説の剣豪。
2014-09-08 Mon 18:53

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当河本です
今日のテーマは「歴史上で好きな人物は誰?」です。
皆さん、歴史は好きですか?
私は授業を聞くのは好きでしたが、テストはかなり苦手でした。笑
とにかく人の名前を覚えるのが苦手で、地理的感覚もなく歴史はもちろん、社会系のテストは残念な結果が多かったです
そんな私がすぐ覚えたのは、源義経です
源義経がチンギス・ハンという説があるというのを授業で教えてもらって、そこだけはしっかり記憶に残っています
FC2トラックバックテーマ 第1882回「歴史上で好きな人物は誰?」


 今回の御題は『歴史上の人物』。
 個人的に好きな歴史上の人物といえばアレですね。平安時代の偉人であり、全国各地に像が建てられているほどの有名な人物。彼にちなんだ双子の刀も存在し、埼玉の偉い人も敬愛している。そう、誰もが知っているあの人物、哲学剣士ミヤモト・マサシが自分の好きな歴史上の人物ですね。
 特に彼が生み出したコトワザである「泥棒がばれたら家に火をつけろ」と「泥棒に入る前にまず火をつけろ」は心に響くものがある。どうしてこんなに素晴らしいコトワザを生み出したのやら。ゴウランガ!

 すまんな、本当にすまんな。ニンジャスレイヤーのネタが分からない人にはサッパリな答え方をして。ミヤモト・マサシは設定上の人物ですけど、実在の人物ではないので。ミヤモト・マサシはいない、いいね?
 でも、本当に宮本武蔵は好きな偉人ですね。若い頃は荒くれ者そのもので向こう見ずな性格であるけど、様々人物との出会いやストイックな経験をするにつれて、自らを自省するようになり、人として丸くなり、自らの器を磨き上げていく。短気な性格は生涯直らなかったものの、それでも勝てない勝負は挑まなかったりと無鉄砲な部分は直っていたようで、引き際を自分で把握できるようになっていたらしい。
 まさに自分にとって足りないものが、宮本武蔵にはある。昔から崖に落ちるまで走り続けることしかできない融通の利かない性格で、反省するのも苦手。その癖、臆病な部分がある。自分でもどうにかこうにかしたいというのはあるんですけど、動けば動くほどに糸が絡まるというか。こうもうちょっとシンプルになりつつも、物事をしっかり考える方法があればいいのだが……。そんな都合のいいことはないか。

 見習うべきところが多い歴史上の偉人。
 皆様は、どんな歴史上の人物が好きでしょうか?そして、その偉人のどこら辺に魅力を見出していますか?もし、そういう人物がいましたらぜひともコメントよろしくお願いします。
 それでは、次回も。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 今週の御題 | コメント:2 | トラックバック:0
<<悪魔の研究。 | 黒のノエル。 | 謎に満ちた出会い。>>
この記事のコメント
初めまして。

コミュティから覗いてみましたが、喰いつける話題だったのでコメントさせて頂きます。

自分は同じ刀技を修める者で、
幕末の新選組、鬼の副長「土方歳三」が好きです。
ま、時代小説の影響が御多分なのですが、
それでも色々なモノを捨てずに誠信した生きざまに惚れます。
副長は色男なのに、可愛げがあるんですよね、実は。

ジョジョとガンスリは自分も好きです、はい。
しかしフェイバリットガンダムは「W」!
いえーっ
2014-09-09 Tue 19:02 | URL | 刀史郎 #-[ 内容変更]
こっちも好き
こっちもガンダムはWが一番好き。
ジョジョは難しくて分からないけど、
遊戯王とブラックキャット好き、
って言ったら、
ジョジョもわかんないヤツが楽しめるマンガなんて、
頭わるいマンガばっか見てんな。?
とか。
それより前だと流浪人剣心とか聖闘士星矢とか。

蒼紫と縁とか追憶編とか
ダークなイメージが好き。
2014-09-13 Sat 22:51 | URL | 鎮死剤から #O7II69Xo[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。