現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
目の当たりの非現実。
2014-08-21 Thu 20:26

 2週間ぶりのヤングジャンプだー!!

 影ながら応援している蔵間マリコです。
 さてと、木曜日ですので、いつものコーナーを行いますよ~。週刊ヤングジャンプ連載、可愛い魔女たちとともに悪の組織に立ち向かう岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』の感想のコーナーを。
 いや~、2週間ぶりに極黒のブリュンヒルデを読めるって、どれだけ幸せなことだろうか。萌え死にそうなくらいに可愛い魔女たちに、ギャップ引き立つバイオレンスな展開、先の読めないストーリーに、独特な台詞回し、そして数々の謎。お盆は週刊漫画雑誌がお休みだというのは分かっていますけど、それでも精神的ダメージが大きいですからね。それが久々に読めるとなると、苦しい気持ちから解放されるようで。ホント、たんの漫画があると無いとでは全然違いますよ。
 とまあ、たんジャンキーっぷりを披露しましたが、そろそろ感想に入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 今週の極黒のブリュンヒルデ第113話『むき出しの希望』が掲載されましたが、意外に早く終わったことにちょっとビックリしましたね。ただ、長くしたらグダグダになるかもしれないから確かにこのくらいの長さで良かったかもしれませんし。とにかく今週はたんとしては珍しくあっさりな印象だった。

 さて、前回のラストで美咲のおかげでなんとか助かった結花。その代わりに美咲が捕まることになったが、そこに現れたのが予知どおりの良太とヘクセンヤクト。予知どおりにイニシャライザーがなんらかの魔法で孵卵るるみを消し飛ばしたが、個人的にはもうちょっとここら辺を粘って欲しかったですねえ。深夜とはいえ、病院内で騒いでいる以上は病室から人が出てきて、孵卵るるみにパックンチョされたり、病院の壁をぶち破ったりと。倫たんは、全体的にそういったアクションの面が弱いからなあ。ここら辺が強化されれば、更に面白くなるのだが。
 そして、第72話から登場しているイニシャライザーだけど、ようやく名前がレンと判明。今回のショタ要員は、レン君というのですかあ。ルーシーの弟いい、レン君といい、あと男の娘の鷺坂ちゃんといい、こういうキャラもなかなかと。倫たんはあまりロリキャラが好きじゃないから、こういうのが好きなのだろうか?
 なんとか孵卵るるみを倒した良太一行とヘクセンヤクト。ヴィンガルフの残された刺客は、美咲のみ。全裸だし、ハングアップしているから戦えない、もしかしたら仲間になるのか?と思ったら、問答無用のイジェクト。
 分かっていたことではあるんですけどねえ。抜け忍が許されるわけがないし、沙織の件(キカコはイジェクトされなかったが)からしてもハングアップ=任務失敗ですからねえ。ヴィンガルフもそこまで甘くは無い。エロ奴隷にされるところも見てみたかったですけど。
 しかし、最期だというのに美咲はあっけらかんとしているというか。まあ、他の3人とは違って、アホの子ですからね。あーだこーだ騒いで死ぬよりも、達観したような感じで死ぬのが美咲らしいかもしれない。まあ、ドラシルを回収しているからまた登場(外見は違うけど)するかもしれないが。
 で、一番ショックだったのは間違いなく結花ちゃんだろうなあ。魔法自体、常識の範疇外の存在だというのに、孵卵したドラシルや魔女が溶けるところなんかを見たら。これから先、佳奈と普通に付き合うことはできないだろうし、下手すればPTSDになるかもしれない。
 と、病院内での戦闘が終えて、天文台に戻った良太。結局、良太は寧子たちに孵卵の件を語らなかったが、これがどう響くのだろうか?言わなかったら、孵卵する直前の予兆が他の魔女に伝わっていないから街中で孵卵したら大変なことになるし、言ったら言ったでパニックを起こしそうだし。もしかして、カズミが良太の子を孕んだと思ってつわりだと思ったのが、孵卵の前兆だったりして……。
 ラストは、ジャーナリスト2人組。まあ、何とか黒服を誘拐できたけど、これからどうするんだろうか?下手したら指名手配犯になるだろうし、そもそも黒服が快復する保証はないし。無計画すぎるぞ、この2人。

 色々と大変なことになっている極黒のブリュンヒルデ
 さて、これから先、どのような展開になるのだろうか?今週のラストがラストだけに、どうなるのか分からない。このまま話が続くのだろうか?あるいは新章に入るのだろうか?ああ、来週が楽しみだ!!

 極黒のブリュンヒルデ 第113話の評価

 満足度 ☆☆☆☆
 SF度 ☆☆☆
 不安度 ☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:1 | トラックバック:0
<<有り得たかもしれない未来。 | 黒のノエル。 | 抗えぬ猛威。>>
この記事のコメント
はじめまして
アニメでハマってその後単行本も買ったんですが、色々補完(?)するためにちょっと前からサイトにお世話になってました。ありがとうございました。

> で、一番ショックだったのは間違いなく結花ちゃんだろうなあ。

しかも、次に佳奈が登校してきたら怪物に潰されたはずの足がピンピンしてるわけですからねぇ…

> 結局、良太は寧子たちに孵卵の件を語らなかったが、これがどう響くのだろうか?

ここが一番心配です。既に村上は、カズミと初菜に対して小鳥イジェクトも伝えてませんし…、隠し事が二つになって、それが一気に露呈したら一悶着どころぢゃねーよなぁ…って

2014-08-21 Thu 21:14 | URL | 城みてる #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。