現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
暴食の魔獣。
2014-07-31 Thu 20:01

 やっぱり、ヤンジャンは岡本倫が一番!!

 一癖も二癖もある漫画が大好きな蔵間マリコです。
 さ~てと、木曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよ~。週刊ヤングジャンプ連載の岡本倫の大人気純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』の感想を。
 いや~、極黒のブリュンヒルデも楽しみですけど、今週から始まった岡本倫先生のアシスタントをしていた稲葉そーへー先生のギャグ漫画『しらたまくん』も期待大ですねえ。女子高校生と制服を着た喋る猫の掛け合いがなんとも癒し系といいますか。デビュー作の『へ〜せいポリスメン!!』の主人公のウザキャラっぷりも光っていましたが、こういったアプローチもなかなかと。岡本倫先生の同門のふなつかずきも絶賛連載中だし、ますます楽しみが増えてきてハッピーうれピーよろぴくねーな状態ですよ。ヤンジャン万歳万歳万々歳!!
 とまあ、岡本倫先生に深く関係ある漫画家がヤンジャンで連載中であることに喜びを感じていますが、そろそろ感想へと入らせてもらいます。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 今週の極黒のブリュンヒルデ第111話『怪物』が掲載されましたが、ギャグとバイオレンスとシリアスが絶妙というか、凄まじい内容でしたねえ。絶望的な状況なのに、どこか笑いがあり、そして悲しい。このごった煮的作風がいかにもたんらしくて面白い。やっぱ、漫画は面白くないとね!!
 さて、前回のラストで孵卵したるるみですが、やはりと言うべきか強いですねえ。ヤクザ空手は何故か受けているが拳銃を受けてもものともしてないし、鈍重そうな見た目に反して捕食する程度には動きが速い。喰われたらとても再生とかで蘇生出来そうもないですし。
 その孵卵るるみの猛威は佳奈をも襲う。委員長こと、理依を助けるために蹴りを仕掛けたはいいものの、逆に反撃を喰らい、両足を潰されてしまう。その時の佳奈の潰された足を見ると痛々しいと思うと同時に、佳奈の苦悶の表情がたまりませんねえ。たんのキャラは笑っている時とか、怒っている時とか、泣いている時とかの表情もいいですけど、なんといっても痛がっている表情が一番。エルフェンリートで、ナナたんが四肢切断された時の表情もそれと同じ。こういうシーンもちゃんと描くからこそ、たんの漫画は面白いんですよ。男女平等パンチ?何を甘ったれたことを言うの?痛みは等しく存在するものじゃないの。
 で、警官に続いてここからはもうなし崩しに喰われる展開。ジャーナリスト2人組と居合わせた刑事がヤクザ空手を仕掛けてダメージを与えたのはいいものの、結局はパクリで上半身と下半身がオサラバ。やっていることはGANTZに登場するような蛮勇に駆られた一般人と同じだけど、オチのつけ方がいかにも倫たんらしくてシュール。バイオレンスなシーンなのに、それをも感じさせません。
 そして、助けられたはずの理依も孵卵るるみの歯牙の餌食となってしまう。これを見た時は、あまりにも呆気ない最期で、しばらく何も考えることが出来ませんでしたよ。あんなに可愛くて優しい子が。
 しかし、理依にも理依なりの心情があるだけに辛すぎる。ヴィンガルフの連中を怒らせたらどうなるか分かっていたから。そして、るるみに食べられることは罰ではなく、今わの際でも誰かに褒められたいがために行動をしていただけ。理依がその呼ばれ方が好きじゃなかったのも、それが起因しているのは間違いない。
 だけど、佳奈はそんな理依と友達になりたかった。それは理依の心に届いた。理依がほんの少しだけ本心に素直になっていれば、佳奈がもう少しだけ早く言ってくれれば結果は変わっていたかもしれない。しかし、理屈だけで人の心は出来ているわけではない。あまりにも悲しすぎる最期だ。しかも、るるみには伝わっていなかったと考えるとね……。
 で、阿鼻叫喚となった現場にようやく結花が登場。でも、どうするのだろうか?ヤクザ空手でどうにもならないのに、デッキブラシで勝てるわけがない。かといって策があるようにも見えない。これじゃあ、モスキート・ダイビング・トゥ・ベイルファイア、飛んで火にいる夏の虫だよ。

 死が死を呼ぶ状況となった極黒のブリュンヒルデ
 佳奈も動けないし、結花の勝算はないに等しい。良太が駆けつけるにしても、とても間に合いそうにもない。もうどうすんのよ、これ?お願いだから、食べられるのは全裸透明の美咲だけにして!!

 極黒のブリュンヒルデ第111話の評価

 満足度 ☆☆☆☆☆
 SF度 ☆☆☆☆
 バイオレンス度 ☆☆

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:0 | トラックバック:0
<<天の杯。 | 黒のノエル。 | 儚き少女たち。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。