現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
普通の幸せ。
2014-07-16 Wed 20:26

 今週の金曜日が楽しみ!!
 広島は、土曜日ですけど。

 掲載時もコミックスも骨の髄まで味わいたい蔵間マリコです。
 さ~てと、水曜日ですので、いつものコーナーを更新しますよ~。現在、週刊ヤングジャンプで大好評連載中の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』の作者、岡本倫のデビュー作『エルフェンリート』を徹底的に語るコーナーを。
 いや~、たんのファンとしては今週の金曜日(広島は、土曜日略)が待ち遠しいですねえ。なんせ、極黒のブリュンヒルデ最新コミックス10巻と岡本倫短編集 FlipFlap新装版が発売されるのですから。
 自分も当然ですけど、TVアニメ版極黒のブリュンヒルデ岡本倫先生の作品に興味を持った人がどのような反応を見るって事は滅多にできません。特に、たんの短編集は今の作風に通じるものがありつつも、今とは違うものが色々と見れますからねえ。デビュー前の作品もあるので作画云々のことはともかく、どういった印象を受けるのかが楽しみなところです。
 とまあ、前座はこれぐらいにして、そろそろ本題へと入ります。当然ながら、岡本倫先生の独特な作風や、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 第54話『砂上の楼閣

 ○あらすじ

 にゅうとひと悶着があったものの、なんとか許してもらい、一晩泊まることになったナナ。
 翌日、ナナは楓荘のもてなしを受けて……。

 ○登場人物

 コウタ、にゅう、ユカ、マユ、ナナ、ノゾミ、坂東、マリコ、磯部

 ○ターニングポイント

 ・「通り雨にて 或いは、少女はいかにしてその心情に至ったか?

 TVアニメ版エルフェンリートの特別編であり、OVAとして付属しているもの。OVAはこの回と単行本10巻のルーシーの回想(週刊ヤングジャンプ増刊号漫革掲載)をベースにしている。
 こちらでは、原作では描かれていないナナたんの炊事洗濯家事が出来ないドジっ子ぷりを披露している。アニメ版の特別編はこういったところを補完しているから、原作ファンとしても非常に嬉しいんですよねえ。しかも、アニメ版で唯一ユカの口調(だわさ)が再現されている回だし。半分はオリジナル要素なのに、そこらへんがちゃんと出来ているところがスタッフの腕前が光る。

 ・悪夢

 ナナの見た悪夢。
 どうして、1万円札の顔が角沢長官なのだろうか?顔芸面白いけどさ。

 ・みんなでご飯、マユとお風呂

 研究所での地獄の日々から一転、ごくごくありふれた日常を体験するナナ。
 今だとあまり見かけないけど、「なにこれ!!すっごいおいしい!!」みたいな美味しい食べ物を食べてのリアクションはいかにもたんらしい。特に、アニメ版のナナ演じる松岡由貴さんの演技が光っている場面の一つではないだろうか。
 そして、お風呂はお風呂でナナたんの喜怒哀楽っぷりが最高。オマケにナナたんの裸だけでなく、ナナたんのパンツも見ることが出来るし。眼福眼福。

 ・新たな居候

 コウタに楓荘に居候をしてもいいことを認められ涙するナナ。
 ナナの居候を認めるのは良いんですけど、どうしてユカに対してだけは鈍感なのだろうか?マユの時は戻ってくることを信じてお誕生日の準備もしていたし、ナナの時だってわざわざ遠まわしな行為をした。しかし、ユカの時はやたらと鈍感だからねえ……。ユカにとって居候させる女の子が増えるのは、あまり快くないことだろうし。Kanonの相沢祐一みたく幼馴染みには鈍感だけど、そんなマイナス能力でも持っているのだろうか?

 ・ナナと坂東

 場面打って変わって、由比ヶ浜。
 あんなにへしゃげた筋電義手が、素人で直せる(それを言うと、ナナの義手義足も時々抉れているし)のだろうかというのはともかく、相変わらず坂東の無自覚のロリコンっぷりが面白い。なんで、今まで普通に話せなかったのかなあ?
 ちなみにアニメ版だと待ちぼうけに遭い、一人で怒っている。やっぱり、この人怖い。

 ○まとめ

 ナナの魅力と、普通であることの幸せを思いっきり描いた回。
 しかし、ナナが平和な日常生活を過ごすにはまだまだ先の話であった……。

 極黒のブリュンヒルデとは違った魅力のある、エルフェンリート
 さて、明日は極黒のブリュンヒルデの感想の日。物語も小刻みに展開していく中、良太一行やヴィンガルフはどのようなアクションを取るのだろうか?そして、その先に待ち構えているものは?ああ、明日が楽しみだ!!

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | エルフェンリート | コメント:0 | トラックバック:0
<<呪いの人形。 | 黒のノエル。 | 再三の改善。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。