現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
心に残る作品。
2014-07-08 Tue 20:09

 いや~、マジで欲しいもんが多すぎる!!

 思い出のアニメは、手元に置いておきたい蔵間マリコです。
 このタイミングで予約開始とはずるいですねえ。買うものが多くて、既に財布の中がいっぱいいっぱいだというのに。えっ、何が欲しいかって。それは、Keyの泣きゲー三部作の二作目であり、京都アニメーションの初期の傑作でもある『AIR』の廉価版Blu-rayが。
 いや、色々とここ数ヶ月は買うものがあるからタイミングが悪いと言えば悪いんですけど、今までに比べると遥かに安いのは誘惑される。特典やら何やらが付いていないにしろ、一万円ちょっとで買えるのは魅力的ですから。AIRの円盤を持っていない人間としては、手元に残しておきたいところ。
 それに、自分にとってはAIRはサブカルの世界へと誘った作品でもあるのですから。HOBBYJAPANで紹介されていたのを見た時(ガンプラとかが趣味だったので、模型雑誌は買っていた)は、美少女ものに興味がなかったから尻込みをしてしまった。でも、数年後にブログを始めてから、Keyの作品が話題になっていたので触れた。そしたら、もう猿のようにはまってはまって。心に深く残る音楽に、独特な世界観とキャラクター、そして涙ボロボロの結末。アニメもゲームも一気にプレイして、見事に鍵っ子になったのは良い思い出だ。
 特に、故・川上とも子さんが演じる神尾観鈴はKeyのキャラの中でもダントツに好き。単純な演技力もそうだけど、物語のクライマックスの「もう、ゴールしてもいいよね…?」は、何度観てもグッと来るものがある。あれは、川上とも子さん以外には出来ない芸当だ。あれを観れたことと、川上とも子さんという素晴らしい声優に出会えたことは今でも深く感謝をしている。それがもう聞くことが出来ないというのは、とても悲しいことだが。

 とまあ、また新たに円盤を買うことになりましたが、アニメの円盤って買って初めて価値が分かるもんですよねえ。
 自分は、アニメの円盤を買う以前は、円盤一枚の値段に唖然とした記憶がある。なんせ、円盤一枚でゲームが一本買える値段ですから。アニメは好きだけど、これだけの価値を見出せるのかどうかとなると怪しい。そんな風に思っていたので、ギャルゲーやフィギュア、同人誌といったものに比べるとかなり動きが鈍かったな。
 それをぶち破ったのが、魔法少女まどか☆マギカ。リアルタイムで観ていたこともあって、あの時の熱量は凄い凄い。完全に思考がまどマギに支配されて、グッズに使うお金は糸目がない。単行本に、フィギュア、ゲーム。その中でも、アニメはもっとも熱量を持っていたものですからね。だから、値段ということを気にせずに買いましたね。
 それをきっかけに、アニメの円盤に対しての価値が相応のものだと理解し、欲しい物が出たら普通に買うようになりましたね。劇場版魔法少女まどか☆マギカ2作に、エルフェンリートSchool DaysのBD-BOX。それに加えて、極黒のブリュンヒルデのBD-BOX(ちょっと乗り気じゃないけどさ)とAIR廉価版。買い始めると感覚がおかしくなるな、アニメの円盤は。フィギュアと同じく、まさに沼ですよ。

 高いけど、手元に残しておきたいアニメの円盤。
 殆ど思考停止でAIRの廉価版Blu-rayを予約したけど、これからどうしようか?食費もそうだけど、突然欲しくなるものだってあるし、ねんどろいども何個か予約しているのに。ちょっと困った。

        Blu-ray.jpg

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 趣味人の日記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<無垢なる悪意。 | 黒のノエル。 | 更なる改善。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。