現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
更なる改善。
2014-07-07 Mon 19:35

 やっぱり、以前のだけだとちょっと納得がいかないので。

 岡本倫の作品が大好きな蔵間マリコです。
 いやまあ、普段なら金曜日あたりにでもネタを書くんですけど、自分の頭の中では一つの意見みたいなものがありまして。春期に放送されたTVアニメ版『極黒のブリュンヒルデ』について。
 以前の記事で、極黒のブリュンヒルデの終盤あたりの個人的リテイク案を書きましたが、今回は序盤である1~4話目の個人的リテイク案を考えてみました。いや、終盤の残念さをどうすれば修正できるのか考えていたら、他の部分も改善できる場面があるんじゃないのかと思いまして。坊主憎けりゃ袈裟までというわけでもありませんが、一度気にしてしまうと気になりまして……。まあ、そんなところが理由です。
 と、原作が好きだからこそこんなことを言っているわけなのですが、正直言って素人考えみたいなものですよ。ですので、滅茶苦茶かもしれませんが、そこのところは許してください。それと、作中のネタバレや岡本倫先生の作風、そして管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 ・第1話の修正案

 基本的な流れは同じ、原作にあるプロローグは尺の関係上無理なのでカット。
 個人的に変更すべき点は、プールのシーン。原作だと、魔法使いの存在を知った後に起きるイベント(原作2話目)なのだが、それの順序を無視して1話目で描かれている。そして、排水溝を鉄山靠と勘違いするシーンをカットしている。個人的には、アニメという媒体上再現できないと判断して、プール自体のシーンをカットするな。代わりに、ソフトボールか何かの授業をしているシーンに変えて、思わぬ方向から飛んできたボールを破撃で破壊するというシーンに変更するね。これなら、プールの授業同様にサービスシーンであるわけだし、破撃の存在も明らかにすることが出来るしね。
 あと、アニメ版だと1話目に佳奈が登場しているが、それもばっさりカット。佳奈の存在は、2話目になるまで秘匿しないと意味がないからな。

 ・2話目の修正案

 中年のおばさんを助けるシーンをばっさりカット。尺を無駄に取るしね。
 あと、2話目の引きを寧子が鼻血が出るシーンから、寧子が血塗れになって倒れているシーン(原作4話目の引き同様のもの)に変更。個人的には修正案を考えるに置いて重要視しているのは、原作の衝撃的な引きと原作では描かれていない部分のサプリメントとしてという部分に力を入れるので。いかに視聴者を次回が見たいと言わせるのが、脚本家の仕事だと思うので。

 ・3話目の修正案

 「私たちの数日で誰かの一生を救えるのなら私たちの命は何倍にでもなる」、アニメ版だとこの台詞がないですからね。これは、極黒のブリュンヒルデにおいて寧子の最も重要な信条だからな。なんで、これをカットしたのかと見ている最中感じたからな。これを外しちゃあダメでしょ。
 あと、沙織との戦闘を原作ままにせず、出来るだけ戦闘をしているという感じにする。逃げながらも、破撃でどうにかして時間を稼ぐ寧子に、それをものともしない沙織。原作だとあっという間に決着が着いてしまったから、ここは少し粘ってもらわないと。

 ・4話目の修正案

 Bパートを鎌倉の合宿旅行をぶち込む。アニメオリジナルの展開で。
 原作でもアニメでも、あっさりと終わっているシーンだけど、アニメだからこそ出来る場面を描かないとね。そして、その鎌倉で困っている人を助けること(2話目のおばさんを事故に遭わせない場面の代用)になるが、そこでエルフェンリートのマユとわん太の投入(可能なら声優も再現)。鎌倉という場面であるわけだし、岡本倫の作品であるのだから、こういうところで既存のファンも楽しめる細かいネタを入れないとね。サービス心は、重要。
 そして、鎌倉旅行が終わった後に寧子が宇宙人の受精卵を託すシーンの挿入。その後に、脱走魔女を尋問する九所長の登場。先でも書いているけど、引きは岡本倫の作品では絶対的に外してはいけない。

 とりあえず、これが個人的なTVアニメ版極黒のブリュンヒルデの修正案かな。
 当然、制限時間というものがあるから無理かもしれないけど、自分が脚本をするのならこういう風にするね。原作再現も重要だけど、アニメ版という媒体に注意しつつ、原作ファンも新規のファンも楽しめる仕様に。
 さて、明日は中盤である5~8話目の修正案を載せる予定。まあ、大したものではありませんが、その時もよろしくということでお願いします。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ(TVアニメ版) | コメント:0 | トラックバック:0
<<心に残る作品。 | 黒のノエル。 | 大自然の脅威。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。