現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
刺激的な風味。
2014-05-24 Sat 20:09
            ナンディ001

 やっぱり、昼食はカレーを食べないと!!

 カレー大好き蔵間マリコです。
 自分は毎週末、市内の歯医者に通院をしている、いや、通院をしていた。今年の2月初めから慢性的な歯痛があり、地元の病院で治療していたんですけど、経過が芳しくなくて……。だから、4月あたりから市内の歯医者に通院していたんですよね。
 だけど、今週でようやく完治。時間もお金がかかりましたけど、あの苦しみから解放される。いや~、これで気兼ねなく食事も出来るし、イライラせずに済む。ホント、すがっすがしい!!
 というわけで、今日は完治した記念にちょっと豪勢に昼食を取りました。平和大通り沿いから、少し離れた場所にある大人気インドカレー屋『nandi(ナンディ)』で。

 いや~、この店はカレー大好き人間である自分のお気に入りの店なんですよね。インドカレーというと、日本のカレーに比べると一癖も二癖もあるけど、ここの店のインドカレーは日本人好みの味でありながらも、インドカレーの特徴を殺していない。そして、スパイスにもこだわりがある。多分、自分の知っているカレー屋でも一番美味しい店だと思いますね。
 その絶品インドカレーを食べに行きましたが、いつもどおりになかなかの盛況っぷり。待つ必要自体は無いですけど、常に席が8割は埋まっている状態ですからね。まさに知る人知るぞの名店といいますか。

            ナンディ002

 メニュー。
 インドカレーは普通のカレーの比べると高い場合が多いけど、nandiは比較的良心的値段。会社が近くにあったら、毎日行きたいぐらいだ。
 で、今回、俺が注文したのはキーマカレーとビール。普段は、バターチキンカレーとか野菜カレーだけど、今回はちょっと方向性を変えて。ビールは、昼からほろ酔い気分になりたかったので。

            ナンディ003

 まずは、ビールでクイっと一杯。
 注文したのは、インドでは一般流通しているビール『キングフィッシャー』。キングフィッシャーとは、カワセミのことである。
 味については、とにかくクセが少なく飲みやすい。コクとか喉越しとかそこまで飛びぬけたものはないものの、味の水準そのものは比較的高い。スパイシーな料理の多いインド料理と相性がいいのは、容易に想像がつく味である。

       ナンディ004

 体にアルコールが少し入ってきたところに、キーマカレーが到着。
 ここのキーマカレーを食べるのは初めてだけど、これがもうほっぺたが落ちそうなくらいに美味しくて美味しくて……。スパイスが自慢な店だけあって、キーマカレーの中にスパイスに使われた葉が若干ながら形(画像内の黒いもの)が残っており、それがいい風味と食感のハーモニーを生み出している。当然ながら、ひき肉のほうもしっかりと味付けがなされており、ルーと上手く融合している。
 そして、温泉卵がにくい!!比較的辛いキーマカレーに、温泉卵のまろやかさ。これが加わることにより、とがった味が丸くなり、これまた新しい味を開拓してくれる。日本のカレーでも、生卵や温泉卵をアクセントに使うことがあるけど、インドカレーでもそれは通用する。nandiの味付けが、いかに日本人好みのインドカレーかを証明している。

       ナンディ005

 だが、キーマカレーに負けずとライスの方も美味。
 ここの店のライスはサフランライスなんだけど、ビックリするほど美味しい。ご飯の炊き込み具合やご飯の質も当然のことながら、サフランの味付けが素晴らしい。口の中で広がるサフランの風味が、非常に優しく癖が無い。これだけで食べても十分満足できる。それが、お代わり・大盛り自由だからねえ……。添え物の野菜も
 だけど、真価を発揮するのはキーマカレーと一緒に食した時。これがもう、天にも昇りそうで……。刺激的な味と優しい味、それが衝突せずに見事な化学反応を起こしてくれる。流石、インドカレーの名店だけある。

            ナンディ006

 おまけに注文したパパド。インドのおせんべいみたいなものである。
 こちらもなかなか美味しく、パパドに使っている豆の風味が独特的で、塩っ気と油っ気がビールのおつまみとして最適。キーマカレーとの相性も良く、新しいインドの味を発見した気がする。

 名店という名に恥じない見事な味だったインドカレー、nandi
 こんなに美味しいインドカレーの店を紹介しちゃったからなあ、次にカレーの店の話題にどこを選べいいのか悩んじゃう。美味しいカレーの店は結構あるけど、ここに匹敵するという限られるからなあ……。そのくらい、今日食べたキーマカレーに大満足です。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 個食のグルメ | コメント:0 | トラックバック:0
<<山積みの問題。 | 黒のノエル。 | 仮初めの平和。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。