現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
君たちのいない夏。
2014-05-15 Thu 20:27



 今週から新章!!

 可愛い魔女たちといちゃいちゃラブラブな生活を送りたい蔵間マリコです。
 さ~てと、木曜日ですので、あのコーナーを更新しますよ~。現在、TVアニメ版が絶賛放送中の週刊ヤングジャンプ連載、岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』の感想のコーナーが。
 長きに渡る壮絶な戦いも終わり、今週から新章の始まる極黒のブリュンヒルデ。色々とありましたが、ここからまたゴールの見えないマラソンを再び走ることに。たんらしいギャグやエロスだけでなく、各所に散りばめられた謎やバトルなどが楽しみなところですね。
 ですが、本格的に新章が始まる前に!!実は、来週20日発売のミラクルジャンプ極黒のブリュンヒルデの番外編が掲載されます!!しかも、主人公は人気ナンバーワンの鷹取小鳥ちゃん!!いや~、アニメ版も可愛いですけど、原作もたまらないですよねえ。授業中におにぎりを食べているところなんて、まさに美味しいもの大好きな小鳥ちゃんらしいですし。きっと本編に負けないほどの魅力を披露し、大活躍をしてくれるはず!!はずですよ、そう言ってくださいよ、たん……。
 とまあ、告知はこれぐらいにして、そろそろ感想に入ります。当然ながら、ネタバレや岡本倫先生の独特の作風、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 今週の極黒のブリュンヒルデ第101話『あの日の出来事』が掲載されましたが、色々と印象的な内容でしたねえ。平穏が戻ったものの、もう戻らぬ日々を過ごす良太一行。その一方で、着々と魔の手を忍び寄らせるヴィンガルフ。新章に入ったというのに、相変わらず休む暇などありません。
 さて、まずは良太サイドから話そう。ヴァルキュリアとの死闘から1ヶ月、天文台で一人佇む良太。この様子だと、魔女たちは鎮死剤が切れて死んでしまったのかと思いきや、やっぱり生きていました。あれからヘクセンヤクトから鎮死剤の成分のデータを入手し、これで鎮死剤切れとの恐怖からオサラバ。鎮死剤の成分が何だったのかとか、せめて美樹さんの顔でも見せてほしいという不満はありますけど、魔女たちのアホなやり取りや都さんの冷静なツッコミが心温まらせます。
 でも、その一方で、喪ったものがあまりにも大きすぎたことを実感させられる。1ヶ月前までは生きていたはずの小鳥ちゃん。食べることが大好きで、みんなと一緒に学校生活を送り、結婚して幸せに生きたかった小鳥ちゃんはもういない。笑うことも、泣くことも、怒ることも、喜ぶことも出来ない。喋ることも動くことすらも出来ない。小鳥ちゃんは、冷たい土の下。もうあの頃の無垢に喜べる日々が戻ってこないと思うと、心にポッカリと開いていた穴を再認識させられます。それが、ミラクルジャンプの特別編があると思うと尚更……。
 そして、寧子も失った記憶が戻らない。佳奈が言っていた通りに、本来の寧子は死んでしまったのだろうか?生きているのに、もう2度と寧子の思い出は帰ってこない。逝って喪った者、生きて失った物。のっけから心に鉛を括り付けられた感覚に襲われてたまらない。
 と、平穏を取り戻したと思いきや、悪は休まない。九怜里という主とヴァルキュリアという強力なカードを失ったヴィンガルフは、頭を挿げ替えて活動中。今度は、小野寺という九前所長と同年代と思わしき女性。ボン、キュッ、ボンの眼鏡女子。まあ、いかにも大人の女性という感じかな?
 だけど、コミュ障や偏屈者が集まる魔女の釜。挨拶がなかっただけで、殺されそうなばかりの鬼の形相。しかも、他の研究員が「殺されずに済んで…」とか言っているし……。ノノノノの皇帝の場合は、噂に尾びれ背びれのついたものですが、ここは閉鎖的な施設ですからねえ。いくらでもどうにでもなる。
 こんな超イラちゃんのサディストがヘッドになったヴィンガルフだが、もう次の矢の準備を。次の魔女の名は、フリスト。ランクSの魔女、ヴァルキュリアの一人。しかも、藤崎真子以上の実力者を。ついさっき倒したばかりなのに、どうしてこうも休ませてくれないのやら。ていうか、ほんの少し前まで日本沈没しそうだったのに、そんな核爆弾をポンポンと放てる?やはり、藤崎真子の件があるからだろうか?
 そして、悪いことに小野寺本人もヴァルキュリア(フリストであるかは不明だが)。科学者が魔女、というよりもヴァルキュリアになるっていうのって相当狂っている。適正が合わない可能性だってあるし、人間を辞めるということは相当な不自由があると思うはずなのだが……。そうまでしたいのは、科学者としての成果を体感したいという性なのだろうか?あるいは、ヴァルキュリアになって何かを成し遂げたいのだろうか?藤崎真子とは違って、別の意味で自制が聞きそうだし、非常に厄介だ。
 それにしても、高千穂の計画があまりにのんびりしすぎているというか、なんというか。100年計画という目の回るような長さなのに、10年後退したことで大したようには感じていない。普通ならば、大失態だというのに。やはり、高千穂の連中は宇宙人そのものなのだろうか?そして、計画の結末そのものはどうでもいいのだろうか?う~ん、分からない……。

 盤面新たに駒が動き出す極黒のブリュンヒルデ
 さて、失意の良太たちはどのようなアクションを起こすのだろうか?そして、新たなるヴァルキュリアの実力とは?あああ、先が気になってたまらない!!

 極黒のブリュンヒルデ 第101話の評価

 満足度 ☆☆☆☆
 SF度 ☆☆☆☆
 憂鬱度 ☆☆☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ | コメント:2 | トラックバック:0
<<悲劇的な損失。 | 黒のノエル。 | 歌う妖精。>>
この記事のコメント
金魚とラード
プールの藻を食べると言えば、金魚を思い出す。
しかもエサをあげる時間になると口をパクパクパクパクと、
食べる前からエサに寄って来る。

作者も小鳥ちゃんは脂身ばかりで、食べるとこが無いとか、
ランプの油にしかなら無いとかヒドイことをいう。
ひんぬーカズミが巨ニューの小鳥ちゃんをねたんで、
豚肉、非常食、食糧と言うのはまだ許せるが、
ラードは猫科の動物の主要なエネルギー源と知らないのだろうか。
2014-06-03 Tue 01:07 | URL | 鎮死剤から #-[ 内容変更]
フリスト
お久しぶりです
ヴァルキュリアって覚醒前と後ではまた扱いが違うのでしょうか?
フリストちゃんは今回覚醒していますよね?
真子ちゃんは覚醒していたのでしょうかね?
しかも、真子ちゃんを上回るそうですし・・・・・・

寧子ちゃんはもう二度と一番上のボタンは押せないのでしょうかね?まぁ、佳奈ちゃんがその証拠ですかね?

明日発売のYJ楽しみですね☆
2014-06-04 Wed 23:12 | URL | ミケイラ・レイス #4f9nv8HM[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。