現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
歌う妖精。
2014-05-14 Wed 20:18

 TVアニメ版極黒のブリュンヒルデの感想も書いているから、同時進行は辛い……。

 岡本倫の作品が大好きで大好きでたまらない蔵間マリコです。
 さ~てと、2週間ぶりですけど更新しますよ~。現在、TVアニメ放送中の『極黒のブリュンヒルデ』の作者、岡本倫先生のデビュー作『エルフェンリート』を徹底的に語るコーナーを。
 両立するのは厳しいとは分かっているんですけど、少しでも余裕がある時はこっちのコーナーを更新したいんですよねえ。そりゃまあ、自己満足とはいえ元から始めていたコーナーだし、放っておいたら自然消滅しそうですので。だから、継続は力なりというわけではありませんが、始めたものは完走しないと色々と気持ち悪いからな。TVアニメ版極黒のブリュンヒルデが放送されている間は厳しいかもしれませんが、こっちも何とか進行するつもりですので、安心してください。
 とまあ、誰に安心してくださいと言ったのかは分かりませんが、そろそろ本題へと入らせてもらいます。当然ながら、岡本倫先生の独特の作風や管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 第47話『接触』

 ○あらすじ

 楓荘に遊びに来たユカの後輩のノゾミ。
 色々とトラブルがあったものの、コウタが上手い具合に誤魔化して切り抜ける。そして……。

 ○登場人物

 コウタ、にゅう、ユカ、マユ、ナナ、わん太

 ○ターニングポイント

 ・エルフェンリート

 連載1年かけてようやくタイトル回収。
 元ネタは、作中でも説明されている通り、ドイツの音楽家ヴォルフの妖精の歌(エルフェンリート)。この曲がTVアニメ版で採用されなかったのは、ノゾミちゃんが登場しなかったのもあるのが、それ以上に作中のイメージと合っていないということだろう。TVアニメ版エルフェンリートでは、OPであるLILIUMが採用されており、それがTVアニメ版の特徴のひとつなっている。なんとも変わった話である。
 ちなみに、にゅうの謎の歌はTVアニメ版にもしっかり採用されている。あの時は、自分のイメージしていたものと結構違うなあと感じたのはいい思い出。

 ・いたずら(性的な意味で)

 にゅうがノゾミちゃんに色々と性的ないたずらをするシーン。
 極黒のブリュンヒルデはこの手の場面を控え目(代わりに、君は淫らな僕の女王でフルスロットルですが)にしていますが、ここのシーンはいかにも倫たんらしいこだわりが感じる。特に、にゅうがノゾミちゃんの股間を触って、指がバルトリン液でヌルヌルになるシーンとか。この汁の多さ、青年誌ギリギリで大好きです。

 ・訪問者

 楓荘に訪問したナナ。
 ここに限らずとも、ディクロニウスの気配を感じ取る能力って、どういった具合なのだろうか?ニュータイプの勘的なものなのだろうか?あるいは、ラジオみたいに周波数を合わせるのだろうか?それとも、他のディクロニウスのDNAの声で聞き取るのだろうか?
 そして、ディクロニウスとしてのにゅうの気配を感じないのは何故だろうか?細かいことは気にしたら負けだと思うけど、やっぱり気になるところである。
 それにしても、ナナはどうしてここに来て物珍しそうに見られていると気付いたのだろうか?街中でも既に変な風に見られているのに。やはり、アホの子だからだろうか?

 ・乱闘

 ナナの先制攻撃!!
 ここでナナの一撃が打ち所が悪かったり、ベクターで首チョンパされていたら、どうなっていたのだろうか?なんか酷いことを想像しているけど、何かそれはそれで見てみたい。

 ○まとめ

 ギャグやエロを取り入れながらも、ラストに修羅場を入れた回。
 この塩梅がいかにも倫たんらしく、初期作品でありながらも緩急自在の見事さを感じさせてくれる。

 ギャグもシリアスも面白いエルフェンリート
 さて、明日は極黒のブリュンヒルデの感想の日。物語も一段落着いて、今週から新章が始まりそうだが、さてどうなることやら……。本当に気なることが多すぎて、困ります!!

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | エルフェンリート | コメント:0 | トラックバック:0
<<君たちのいない夏。 | 黒のノエル。 | 絶やさない笑顔。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。