現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
絶やさない笑顔。
2014-05-13 Tue 19:56

 漫画もアニメも大満足!!

 闇鍋的作風だからこそ面白いと思う蔵間マリコです。
 さ~てと、火曜日ですので、例によってあのコーナーを更新しますよ~。週刊ヤングジャンプ連載の岡本倫の純愛ダークファンタジー漫画『極黒のブリュンヒルデ』のTVアニメ版の感想を。
 原作も面白いですけど、TVアニメ版もそれに負けないくらい盛り上がっていますねえ。原作に負けず劣らずのバイオレンスさに、冴え渡る数々のギャグ、そして視聴後のカルタシス。他の注目作品に比べると、予算が予算だけに結構苦しい面もありますけど、本当に上手くやりくりをしているという感じがして、原作とは違った魅力を楽しめますね。エルフェンリートのようにオカルト的な人気の作品だから、再び岡本倫先生の作品がアニメになる可能性は薄い思っていたのが、アニメ化にこぎつけて、更にはここまで面白くなるんだから、ファンとしては光栄なばかりですよ。
 とまあ、毎週楽しく視聴させてもらっていますが、そろそろ感想へと入ります。当然ながらネタバレアリアリなんですけど、現在までの連載ベースで語るので、アニメでも描かれていない部分やこれから先のネタバレも入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 TVアニメ版極黒のブリュンヒルデ第6話『微笑の理由』が放送されましたが、今回も前回に負けないくらいの面白さでしたねえ。前半のハラハラな場面と感動的な場面から、後半のサービスシーンとギャグの連発という見事なまでもの流れ。この絶妙なバランス具合、まさに極黒のブリュンヒルデです。
 個人的に第6話で一番印象的だったのは、やはり、原作でいうところの第2章ラストの小鳥ちゃんの真相。あの場面は原作でも好きでしたけど、アニメ版も良いですねえ。小鳥ちゃんの心情がしっかりと伝わってきますし、良太がちょろっと酷いことをいうのもいい味出していますし。特に、千絵役のあやねること佐倉綾音さんの演技は涙を誘うものがある。チョイ役だというのに、千絵ちゃんのキャラクター性にはピッタリな声質だし、しっかりとキャラクターとして没入している。もうちょっと聞きたいという名残惜しさもありましたが、本当にいい選出ですわ。
 それと、この回もギャグもなかなかキレていた。肉じゃがミキサーの反応は原作では出来ない強みがあったし、小五郎の父親の形見の万年筆が壊される場面の流れも見事。こういったところがちゃんと汲み取れているあたり、アニメ化という意義は非常に大きく、原作組も十分楽しめましたね。
 その一方で、不満点がいくつかあるのも事実。取捨選択があまり上手くない脚本とか微妙な作画ミスあたりもそうなんだけど、今週から登場した柱谷小五郎がイマイチかな?自分のイメージしている小五郎の声に比べるとふけている感があるし、最後の小五郎のすごんだ顔が原作に比べると迫力に欠ける。声に関しては慣れの問題かもしれないが、顔に関してはもうちょっと原作よりにしてほしかったな。
 それと、規制の光!!これはマジで悔しい、血涙もの!!なんで小鳥ちゃんのおっぱいに、謎の光が!!原作でも見せてくれなかったんだから、せめてTVアニメ版ではB地区ぐらい見せてよ!!というよりも、ノーブラで水がぶっかけられたシーンで光は無慈悲すぎるよ!!まあ、BDBOXは無条件で買いますが。

 極黒なのに、光が悔しい極黒のブリュンヒルデ
 さて、次回は水着回とヤリコでマラムケと秋葉デートの回か。これを1話に収めるというのは、ある意味恐ろしいな。普通の美少女アニメだったら、2話ぐらい使いそうなのに。スタッフの力量が試されるところですね。

 TVアニメ版極黒のブリュンヒルデ第6話の評価

 満足度 ☆☆☆☆
 SF度 ☆☆☆
 ギャグ度 ☆☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ(TVアニメ版) | コメント:0 | トラックバック:0
<<歌う妖精。 | 黒のノエル。 | 心の癒し。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。