現在連載中の『極黒のブリュンヒルデ』をはじめ、デビュー作の『エルフェンリート』、スキージャンプ漫画『ノノノノ』、そして大問題作『君は淫らな僕の女王』(原作)などの岡本倫先生の作品の感想や考察を書いています。他にも、日常の出来事や漫画・アニメ・ゲームの感想、ライトノベルの執筆をしております。どうぞごゆっくり見てください。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
謎の少女たち。
2014-05-07 Wed 20:25


 原作で読んでいても、活躍が楽しみだわ。

 魔女たちが可愛くて可愛くてたまらない蔵間マリコです。
 いや~、ついに公式ツイッターにて明らかになりましたねえ。今期のダークホースといえる、週刊ヤングジャンプ連載、岡本倫原作の純愛ダークファンタジーアニメ『極黒のブリュンヒルデ』の新キャラ3名と、彼女たちを演じる声優が。
 先に登場した寧子たち魔女4人たちも魅力的な声優さんが選出されていましたが、今回もなかなかのチョイス。斗光奈波役に沼倉愛美(ぬまくら まなみ)さん、若林初菜役に内山夕実(うちやま ゆみ)さん、藤崎真子役に能登麻美子(のと まみこ)さん。若手から大人気声優までそろい踏みといったところです。先々に公開せずに、今回みたいに少しじらしただけの甲斐がありますわ。金曜日にある声優お披露目会のニコニコ生放送が楽しみでたまらない!!
 とまあ、ワクテカが止まらない本日ですが、今回は公開された声優さん3人について語りたいと思います。言っておきますが、そこまで声優に詳しいわけでありません。それなりに声優に詳しいという程度で、最近の声優はそこまで知りません!!ですので、あまり期待しないように。
 というわけで、ここからは別ページですが、上記の注意に書き含め、管理人の独断と偏見が入りまくりです。ですので、そういうのが嫌だという人はここまで。別に大丈夫という人はどうぞ。
 ○沼倉 愛美(ぬまくら まなみ)

 今回は作中でも印象深い魔女、斗光奈波役を演じる。
 代表的な役と言えば、なんといってもアイドルマスターシリーズの我那覇響。ポニーテールと八重歯がチャームポイントの沖縄少女を演じたけど、あれはかなり印象的だった。いかにも元気で快活なボイスだから、キャラ作りがしっかり出来ていたし、人気キャラの一人であることも納得がいく。
 他にも、TVアニメ版蒼き鋼のアルペジオのツンデレ重巡のタカオも代表的な役で、艦隊これくしょんのコラボでもお世話になった人もいるかもしれない。今期なんかだと、悪魔のリドルにもシリアルキラー役で登場しており、なかなか見かける機会も多い。それだけに、彼女が演じる冷めたキャラがどのようなものかが非常に気になるところである。

 ○内山 夕実(うちやま ゆみ)

 原作では他の良太一行の魔女とはかなり遅れて参入する若林初菜を今回演じる。
 彼女の演じた役でも有名な役は、沼倉さんも参加した蒼き鋼のアルペジオのキリシマもといキリクマ役。元々はタカオ同様に霧の艦隊と呼ばれる人類に立ちはだかる謎の兵器群の先方として描かれているのだが、まあ色々あって、熊のぬいぐるみのキリクマとなってしまう。それがなかなか可愛らしくて、ちょっと情けなさの出た見事な演技で。どう作品のマスコットキャラクターといっても過言でもない。
 他の有名なキャラだと、ドキドキ!プリキュアの剣崎真琴のパートナー妖精兼マネージャーのダビィ(人間時はDB)、Aチャンネルのナギ、げんしけん二代目の矢島美怜などなど、かなり広いレンジで役を演じることが出来る。内山さんの初菜ちゃん、楽しみです。

 ○能登 麻美子(のと まみこ)

 TVアニメ版極黒のブリュンヒルデのラスボス(暫定)、藤崎真子役を演じる。
 説明不要!と言いたいほどの大人気声優だけど、ちゃんと説明しておく。能登さんは、岡本倫先生のお気に入りの声優であり、自身の作品であるTVアニメ版エルフェンリートでは主人公・コウタの親戚の幼馴染みであるユカを演じ、ノノノノ(VOMIC)においては主人公の男装スキージャンパーの野々宮ノノを演じている。今のところ、岡本倫先生の長期連載作品では必ず重要な役を演じているほどのお気に入りの声優である。勿論、自分も好きな声優の一人だ。
 岡本倫先生の作品以外だと、ケロロ軍曹のアンゴル・モア、地獄少女の閻魔あい、CLANNADの一ノ瀬ことみ、艦隊これくしょんの大鳳および陸軍の艦娘2人、機動戦士ガンダムAGEのウィルナ・ジャニスティ、ウィッチブレイドの天羽雅音、ニンジャスレイヤーの合成マイコ音声、銀魂のパンデモニウムさんなどなど……。メインから端役まであらゆる作品登場するほどの超人気声優である。
 しかし、藤崎真子を演じるとなるとどうなるのかイマイチ想像がつかない。岡本倫先生の作品の中でもアレで屈指の極悪キャラだからなあ……。癒し系ボイスでどうやってラスボスを演じるか腕の見せ所である。

 新キャストも魅力的なTVアニメ版極黒のブリュンヒルデ
 さて明日は、2週間ぶりのヤングジャンプ発売日。物語も最終局面を迎えているが、果たしてどのような結末が待ち構えているのだろうか?あああ、明日が楽しみで楽しみでたまりません!!

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 極黒のブリュンヒルデ(TVアニメ版) | コメント:0 | トラックバック:0
<<永遠の彼方。 | 黒のノエル。 | 次なる脅威。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 黒のノエル。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。